| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『バトル&ゲット ポケモンタイピングDS』のBluetoothキーボードをMacで使う

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS
2011042502.jpeg

ニンテンドーDS用ソフトとしてつい先日発売されたばかりのポケモンタイピング。このソフトにはDSに繋げられるBluetoothキーボードがセットになっていて、実はこれがPCやiPhone、iPadなどで普通に外付けBluetoothキーボードとして使うことができます。ということで早速買ってきてゲームそっちのけで繋いでみました。

2011042501.jpg

繋げたい機器側でBluetoothをオンにして、それからキーボードのFnキーを押しながら電源を入れると認識されます。あとは表示に従って設定するだけ。簡単です。大きさはちょうどMacBookのキーボードとほぼ同じ、ほんの少しだけ小さいかなという程度です。キーの打ち心地は思ったより悪くなく、慣れてくると快適に使うことができました。Macに繋げた場合キーボードのホームボタンがコマンドキーに相当します。ホーム+スペースで入力言語切り替えやFn+Ctrl or Altで音量増減などができるみたいです。 あとはFn+1~0がF1~F10に当たるのかな?分からないことがあったら画面上にソフトウェアキーボードを表示させてキーボードを押してみて、どのキーがどのキーに当たるのかいろいろ調べてみるといいかもしれません。

最初は本格的に使うつもりはなく遊びのつもりで買ったのですが、実際使い始めてみるとまったく不自由なく使えるのでこのままMacの外付けキーボードとして使っていこうと思います。それから付属品でもう一つ素晴らしかったのがDSスタンド。これは別にDS専用というわけではなくてなんでも立てかけて使うことができるので例えばiPhoneとかその他のスマートフォン、小さめのタブレット端末なんかのスタンドとして便利に使えると思います。小さく折りたためる機能や底面の滑り止めなど細かいところまで非常に使いやすくよくできたさすが任天堂製らしいスタンドでした。

PC専用に作られたキーボードではないのでさすがにPC用キーボードと比べたら使いにくさは残りますが、6,000円弱という価格帯でそれなりにしっかり使えて便利なBluetoothキーボードとスタンド、ついでに(失礼!)ゲームソフトまでついてくるのでとてもお得な買い物じゃないでしょうか。外付けキーボードをお探しの方、おすすめです。
スポンサーサイト

| Computer / Internet | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Macbookの修理にApple Store銀座へ

2010100301.jpg

今現在使用しているMacがlate 2006モデルのユニボディじゃない白ポリカMacBookなのですが、パームレストの割れとバッテリーが膨張するという現象にみまわれたので、その修理の相談をするために銀座のApple Storeへ行ってきました。そのときのことをレポートしようかと思います。同じモデルのMacBookを持っていて同じ不具合が出た人をネットで検索してみるとゴロゴロ出てきたので、みなさんこれには困ったみたいですね。人によっては有償修理だったり無料交換だったり、電話でのカスタマーサポートでの対応と直営店のGenius Barへ持ち込んだ場合の対応が違っていたり、いろんな情報がごちゃ混ぜになっていますが、調べてみておおよそ間違いなさそうなのは「Genius Barへ持ち込めばただで修理になる可能性が高い」ということでした。バッテリーの膨張に関してはただになるか有償交換になるか五分五分といった印象ではあるものの、パームレスト割れに関してはほぼ間違いなく無料修理になるようです。とまあそんな話をいろいろ調べて、せっかくだから直接Genius Barへ持って行って相談してこようと思ったわけです。

まずはApple StoreのGenius BarにWebサイトから予約を入れます。日付と時間の指定ができて、予約状況を見てみると土日はもう予約で一杯だったので空いている平日にしました。何日も前に予約が埋まってしまうので早めにとっておいたほうが良さそうです。そして予約した9月某日、田舎ものにはつらい不思議のダンジョン東京へ。地下鉄の銀座駅から雨の中を少し歩いて、予約時間の数分前にApple Store銀座へ到着。

ストアに入ったらスタッフの人を捕まえて「○○時にGenius Barを予約している○○ですが」と話しかけると「Genius Barはエレベーターで2階へどうぞ」と奥にあるガラス張りのハコを教えてくれました。またこの無駄にオシャレなエレベーターがくせ者で、呼ぶボタンとか階数のボタンとかが何もなく自動で全フロアに各階停止するタイプだったんですけれども、どうやったらエレベーターが来るのか分からなくてしばらく乗り口前でうろうろするはめになりました…。なんとか2階へ上がると真ん中が1階から吹き抜けになった四角いドーナツ状のフロアに出ました。入り口側を除いた3方向にコの字型にカウンターと椅子が並んでいて、まさにBarという感じ。また入り口付近にいたスタッフさんに予約時刻と名前を告げると、「順番が来たらお呼びいたしますのでここでお待ちください」とのこと。真ん中の吹き抜けから下の階でiPadをいじるお客さんの頭を眺めて待つこと十数分、壁に掛けてある大きなモニタに表示された自分の名前が一番上にきて、名前を呼ばれてカウンター席へ。

さっそくMacBookを取り出して、モニタを閉じることでパームレストにぶつかる部分が割れてきてしまうことと、バッテリーが膨張して外れそうになったりトラックパッドが圧迫されて誤動作が頻繁に起こることを説明しました。すると、まずこのモデルのMacBookのパームレスト割れに関しては無償修理をしてくれるということで、あっさり決定。キーボードやトラックパッドが全部一体型になっているので丸ごと新しいパーツと交換になりました。次にバッテリーの膨張ですが、見た目で明らかに膨らんでいて、裏から本体が圧迫されトラックパッドの誤動作もあり通常使用に問題があることはすぐに確認してもらえました。それからバッテリー自体の機能に問題があるかどうかチェックするためにスタッフの人が何か特別なアプリケーションが入っているらしいiPodを取り出して本体に繋げ、検査プログラムのようなものを起動して少し待つことに。画面を見る限りではOSXのシステムプロファイラでバッテリーの項目を調べた時と同じような感じでした。バッテリーの型番や充放電回数、電圧などか表示されているのが見えます。その結果、バッテリー自体の機能には問題ないことが分かりました。どう見ても問題がない見た目じゃないのですがAppleとしてはバッテリーの膨らみに関しては「爆発したり煙を噴いたりしないかぎりは問題ありません」で済ませるつもりのようです。それにはちょっと納得いかず文句を言いたいところではあったのですが、これに関してもトラックパッドの誤動作等も併発して通常使用に問題があるということで無料で新品に交換してくれることになりました。ただし「初めての交換なので特別ですが」との前置き付き。

結果、パームレストもバッテリーも両方ただで新しいものに交換してくれることになったのですが、一番気になることが何も解決していなかったので一応聞いてみました。「新しいものに交換していただけるのはいいんですが、これでは構造的な問題はまったく解決されていないわけですよね。これだとまた同じところが壊れてしまうと思うんですが、そうなったらまた交換して頂けるんでしょうか」そうすると、対応してくれたスタッフの方は「パームレスト割れに関しては、また割れてしまった場合無償交換させて頂きます。ただ、交換用のパーツがいつまであるか分かりませんし、古い機種はいつかはサポートを打ち切ることになってしまうことをご了承下さい」とのこと。基本的にAppleとしてはこのMacBookに関しては『壊れにくいパーツに変更したりはしないけど、壊れたときは在庫パーツがある限り修理するよ』という対応らしいです。それからバッテリーについては「今回は特別に無料で新品と交換いたしますが、次からは新しいバッテリーを購入していただく形になります」ということらしいです。確か普通に購入した場合は一万円程度だったと思います。

ということでそれから修理の依頼に入って、ちょうどキーボードのパーツの在庫があったらしく1時間ほどで終わるとのこと。その場ですぐ交換してくれることになりました。下手したら預けて数日後、ってことになりかねないと思っていたのでラッキー。その際、修理中の事故でHDDのデータが消えてしまうかもしれないことに関する了承のサインを書きました。バックアップはすべてとってあるので万が一全部消えても問題ありません。それから1階へ降り、しばらくストア内をうろついて展示してあるiPhoneやMacをいじりながら待って再びGenius Barへ。最初に受付をしてくれたお兄さんに引き取り用紙を渡して、内装が新品になったMacBookを受け取りました。起動してHDDが無事なことを確認。

今回初めてApple Storeへ直接修理の相談に行ったのですが対応もすごく良く、何よりお店の人がとても詳しく突っ込んだ話ができるのでとても楽でした。Appleは電話のカスタマーサポートが最悪で、実店舗のほうはすごくいいとよく聞きますが、本当にいいお店とスタッフの方々でした。ついでに、いい加減アップデートしようと思っていたSnow Leopardのディスクも買って帰宅。見た目も中身も新しくなった我がMacBookはまだまだ活躍できそうです。

| Computer / Internet | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhone/iPod touch向け辞書アプリレビュー

最近は紙の辞書を使うことがまったくなくなって電子辞書あるいはPC等でオンライン辞書をフル活用するようになったという人はかなり多いと思います。そんな中注目したいのがiPhone/iPod touch用の辞書アプリで、機能的に非常に使い勝手がよく内容も紙の辞書と同等のものが色々と発売されてきています。ただ、無料の体験版等がないので買ってみないとどんな使い心地だか分からない上に他のアプリと比べると非常に高価なので手を出しづらいという問題もあります。そこでぼくが実際使用しているiPhoneアプリの辞書でおすすめをいくつか紹介しておこうかなと思います。とりあえずこれカット毛ば安心だよ!アプリ名をクリックするとiTunes Storeへリンクします。記載した価格は定価ですがセール等で変動することがあります。

大辞林 (\2,500)
2010082701.jpg
日本語の辞書ならとりあえずこれ買っておけば間違いないっていうくらいの定番アプリ。とにかく見やすく使いやすいのが特徴。美しい書体や画面をタップしたときの感覚など「触って楽しい」を追求した辞書だと思います。タッチパネルを使った電子辞書という面で見ると、検索時や単語をなぞって次々と別のページへ飛んで行く時の他を圧倒する軽さと素早さは魅力的。

大辞泉 (\2,000)
2010082702.jpg
大辞林と大辞泉、似たような辞書でも書いてあることは案外違うもので、どちらが辞書として優れているかと言われるとよく分からないのですが、この大辞泉の特徴はカラーで写真が多いということでしょうか。白黒でシンプルな大辞林と比べるとだいぶ華やかです。辞書の内容に関してはどちらを買うかは好みでしょうね。ただ、引いた単語の説明文からさらに選択して飛ぶ時の動作などがiOSのコピペの動作と同じなので大辞林と比べるとそこは非常に面倒くさいです。さっとなぞるだけでジャンプできる大辞林のほうがその辺りはよくできています。ちなみに大辞泉の機能のひとつとして大辞林へのリンク機能があります。大辞泉で調べた単語からそのまま大辞林へ飛んで検索できます。大辞林から大辞泉へのリンクはないので逆はできないんですけれども両方持っていると微妙な連携が楽しめます。あまり役に立ちませんけれども…

ウィズダム英和・和英辞典 (\2,800)
2010082703.jpg
大辞林を作ったところと同じ物書堂が制作した英和・和英辞書アプリです。つまり使い勝手は最高。ただ収録語数は英和が90,000語、和英が88,000語と多少物足りない感じはあるのですが、専門書や論文とかじゃない普通の読み物に使うぶんには問題ないかなという印象です。分かりやすい例文も多く入っていて、発音記号と音声も完備。単語だけではなくて例文やイディオムからも検索できるのも便利です。

ロングマン現代英英辞典【5訂版】 (\3,500)
2010082704.jpg
これは学習者向けの英英辞典です。学習者向け(learner's)というのはどういうことかと言うと、英語を母語としない人向けの辞書ということです。この辞書の場合、単語の説明に使われる語句が日本の高校レベルの単語2,000語のみで構成されているので非常に分かりやすいです。英英辞書なんて分かりにくいと思う人も、おそらくこの辞書ならば案外楽に単語の意味を理解できると思います。文中の単語をタップすればその単語の説明へジャンプできるので、説明文の単語の意味が分からなくてもさらにその説明を簡単に見られるので安心です。英米両方の発音音声が収録されているのも◎。

アメリカンヘリテージ デラックス (\4,000)※英英のみバージョンは\3,500
2010082705.jpg
これは英英辞典に類語辞典がセットになったもので、英英辞典のみの通常版もあります。こちらはロングマンと違って学習者向けでない普通の英英辞書なので収録語数は多いのですが説明文が多少難しいです。自分の場合は他の辞書で見つからなかった単語を調べたいときや、ロングマンでは説明が簡単すぎた単語を調べ直すときなどに使用しています。これを書いている現在デラックス版は500円引き、通常版は600円引きのセール中です。いつ終わるかは分からないので気になる方はお早めに。英英辞書としてはもうひとつOxford Deluxeがあってそちらと迷ったのですが6,000円もしたのでこっちにしちゃいました…。

| Computer / Internet | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tumblrも始めました

http://lmansmith.tumblr.com/

Web上で気になったものをちょこちょこ集めて試験運用中。個人的なスクラップ帳みたいになりそうです。

| Computer / Internet | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPodを修理に出したらHD容量が増えて帰って来た

先日バッテリー交換に出したiPodがまたもや新品になって帰って来たのですが、取り出してみるとどこかおかしい。ちょっとまえより分厚くなってました。あれ?と思って裏返してみると驚きの事実が。

2009121801.jpg

40GBになってる!!!

2009121802.jpg

今まで持っていたものは15GB。送られて来たのは購入当時それより1つ上のグレードだった40GB。修理の連絡のメールや送られて来た箱に入っている書類には特にHD容量増加について何も書かれていません。こんな古い機種を大事に使ってくれてありがとうというアップルからのクリスマスプレゼントなのでしょうか。

| Computer / Internet | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2度目の交換

2009121401.jpg

前回バッテリー交換を申し込んで新品になって帰ってきたのが昨年の5月だったのでまだ1年も経ってませんが、フル充電したばかりの状態で30分ほど徒歩で買い物に行った帰り道にバッテリーが切れるというくらいまったく電池が持たなくなってしまったので交換に出すことにしました。一度地面に落としてしまい、フレームが歪んでしまったものの普通に使えていたので大丈夫かと思っていましたが、半年以上前とはいえやっぱりアレがまずかったのかなあと。写真じゃ分かりませんが明らかに見た目がボロボロなのを見逃してもらえれば一応電池交換で済むと思うんですけれども…。電池交換と言っても名ばかりで、実際のところは新品に交換されるという非常にテキトウというか大雑把というかそんなAppleの修理対応には定評があるのでそこは何とかしてもらいたい。お願いジョブズ。ちなみに1代目iPodの名前はペニーレイン、2代目はウィリアム、両方とも同じ映画つながりですが、さあ次は何にしようか。

---------------------------

その後
14日午後9時:オンラインで修理の依頼
15日午後7時:ヤマト運輸がiPodを引き取りに
16日午後1時:リペアセンター到着
同日午後5時:不具合確認。交換確定
17日午後3時:交換品の発送完了

早すぎワロタ

| Computer / Internet | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iTunesのGenius Mixが面白い

最近音楽聴いてないなあと思って久しぶりにiTunesを立ち上げて、バージョン9が出ていたのでアップデートしたらGenius Mixという機能が追加されていました。これは自分のライブラリからある程度似通った曲をまとめてコンピレーションを作ってくれるようで、以下の12個のミックスが作成されていました。これが意外と機械任せのわりにはいいところを突いてきて、ミュージシャン名とかアルバム名なんかをユーザーからのフィードバックを元に揃えてくれてるのかなと思いました。

2009092801.jpg

ぱっとジャケットを見るだけでもかなり綺麗に揃えられていることが一目瞭然で、上段右がColdplay、Travis、RadioheadとUKロック勢が揃い、その左隣がThe Killers、The Shins、Death Cab For CutieとUSのロックバンドがばっちり入ってます。Franzが混じってますが・・・。中段右端がゲームサントラのコンピレーション、下段右端がCornelius、Björk、Stereolab、The Postal Serviceとエレクトロニカ系統、中段左が映画のサントラそれもミュージカルばかりのコンピレーションになっているなど、ほんとにおおざっぱな分け方ですけれども連続して聴いてみて違和感のないミックスが多く、なかなか使えるんじゃないかと思いました。普段ほとんど聴かない曲なんかもこれで聴く機会が増えて楽しくなります。

| Computer / Internet | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Safari 4

2009061001.png

最近OS XのアップデートがあったりiPhone新機種の発表があったりMacBookもまたスペックが変わったり、Apple製品は移り変わりが早すぎていつ買ってもすぐ古くなるのはあせりますね。そんなわけで先日正式版がようやくリリースされたSafariを使ってみました。出来によってはFxから乗り換える気もあるので、どんなものだろうかと興味がありました。結論としては、自分用にがっちがちにカスタマイズしたFxに慣れきっていると、Safariでは細かいところで気になる部分が多すぎるのでまだ常用するには至らないかなという感じです。それでも仕様に慣れてしまえば使いやすいところも多いので、FxもSafariも一長一短かなとも思いました。

【3rdパーティ製プラグイン等を入れていない素のSafariで使いにくかったところ】
・タブをホイールクリックで閉じられない
・タブを閉じるボタンがマウスオーバーしないと表示されない
・マウスジェスチャがない
新規ウィンドウを開かせるリンクを常に新規タブで開けない解決
・検索バーからの検索結果を常に新規タブで開けない
・リロードボタンが小さい上に場所が悪くて押しにくい
・β版のときみたいにタブは上にあったほうがよかった

【自分用Fxに比べて良かったところ】
・レンダリングが速くて快適
・Top Sitesページと履歴のカバーフローはとても見やすい
・D&Dでタブを別ウィンドウへ分離・結合が便利すぎる

特にタブの分離・結合関連の機能はこれだけのためにブラウザを乗り換えてもいいと思えるくらいぼくにとって便利な機能だったのですが、Fxでも次バージョンで実装されるようなのでそれがリリースされればSafariに乗り換えるメリットもあまりなくなるというのが事実。さらにそれならChromeという選択肢もありますし。ただ、Safariの場合アプリケーション自体のいろいろな挙動が非常にApple的というか、動かしていて気持ちのいいものが多いので、これで色々自分の使いかたに合わせたカスタマイズができるようになれば圧倒的にSafariに軍配があがるんですけれどね。

| Computer / Internet | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タッチセンサー式マウスを買ったよ

Targus Bluetooth レーザーマウス
2009051801.jpg

Mighty Mouseのスクロールボールはとにかく内部に細かいゴミがたまったりボール自体が汚れたりしてすぐにスクロールが効かなくなるのが困りもので、頻繁にメンテしながら騙し騙し使うのもめんどくさくなったので別のマウスに買い替えました。それがこのTargusのマウスなんですが、一番の特徴はスクロールボールの代わりにタッチセンサーが付いているんです。ここを指でなでるだけでOK。内部にゴミも入りません。押し込めば普通のマウスボタンにもなります。左右方向のスクロールにも対応し、さらにフリック(さっと素早くマッチを擦るようになでる)も認識して、フリック動作でオートスクロール、もう一度センサーを触ればストップします。一番の問題のマウスの感度なんですが、スクロールホイールやスクロールボールほどの微妙な操作は難しいと思います。ただ、普通にWebサイトやFinderをスクロールするにはまったく問題なし。オプションでスクロール速度を最低にしておくと他のマウスと同じくらいの感覚で使えます。センサーをなでる感覚は非常に面白くて、しかも思っていたほど使いづらくないので驚きました。これはかなり便利。

ボタンの設定ですが、左右と中央ボタンはMighty Mouseの設定と同じになるようです。Mighty Mouseを接続しないとボタンの設定画面が出ないので、Mighty Mouseを持っていない人はデフォルトの状態から変更できないんでしょうか、その辺りはよく分かりません。それからサイドにも2つボタンがあって、これはTargusマウス用のドライバを入れることでカスタマイズできます、が、実はSystem PreferencesのExposé & Spacesから設定ができるので、SpacesやExposéを割り当てたいだけならばドライバは入れる必要がありません。左ボタンがMouse Button 1、右がMouse Button 2、中央がMouse Button 3、サイドボタンの奥がMouse Button 4、手前がMouse Button 5に対応します。

2009051802.jpg

大きさはMighty Mouseよりも下方向にちょうどキーボードのキー1つ分くらい長いです。でも実際使ってみるとそれほど大きさは気にならない印象。ここでデザインを気にする方にひとつ注意。メーカーサイトやAmazonの写真ではAppleらしく白っぽい色に見えますが、現物は完全に灰色です。白さのかけらもありません。それに加えてプラスチックの安っぽさも目立つのでMighty Mouseほどのオシャレさはありません。Appleがタッチセンサー式のマウスを出してくれればいいんですけれどね。

| Computer / Internet | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MacBookのパームレストが割れた

2009051601.jpg

ちょうどフタを閉じたときに当たる部分の突起のせいで割れたみたい。ググったら同じ症状がわんさか出てきました。保証期間を過ぎていても無償交換してくれるようなのでそのうちAppleに持ち込もうと思いますが、なんてこったい。

| Computer / Internet | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンプルなTwitterクライアント『pocket*』用テーマを作ってみた

pocket*

非常にシンプルなTwitterクライアント『pocket*』がバージョンアップして背景画像の差し替えが可能になったので自分で使う用にテーマを作ってみました。あまり邪魔にならないように透過させたPNG画像を使っています。pocket*の作者さんがFlickrにテーマ共有用のグループを作ってくださったので、そちらに公開しておきます。使いかたは、アプリケーションの中身を開いて元の画像と同じファイル名で差し替えるだけ。

pocket*はメニューバー下に常駐して自分のTwitterタイムライン上の発言を1つずつ表示してくれるアプリケーションです。左右クリックやマウスホイールで発言の遡り、先送りが可能です。仕様上フレンド内の会話の流れを追うような使いかたはほぼ無理なので、適当に目についた発言を適当に拾って読んでいくというような使いかたが一番適しています。Twitter本来の「What Are You Doing?をつぶやいた集合」という使いかたに最もいいアプリケーションだと思います。

| Computer / Internet | 19:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おおきくなったね

2009040601.jpg

モニタの解像度が1280*800から1920*1080になったわけですが、これは広くて使いやすいですね。ウィンドウが重ならずに4つ5つ並べられるので同時に複数のことをやりやすくなりました。最近はパンヤをやっているのと、Ustream視聴関係のアプリケーションが揃ってるので、MacじゃなくてWindowsで起動していることも多くなりました。

| Computer / Internet | 21:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

USBでくれ

2008080602.jpg

何かデータをやり取りしたいときに「USB持ってる?」と聞かれることが往々にしてあって、それにものすごい違和感を覚えるわけですが、「いや、うん、まあ、USB端子で接続できる機器は何かしら持ってますけどあなたはフラッシュメモリでもHDDでもなくUSBコネクタそれ自体が欲しいんですか」と尋ねてやりたい気持ちを抑えつつUSBメモリを差し出します。USBって言うのがそもそも記憶媒体の固有名詞かなんかだと思い込んでいるんでしょう。“ブラウザ”とか“OS”とかいう概念すら理解していないレベルの人にごちゃごちゃ言っても余計わけが分からなくなるだけなので、PC関連の会話はこちらで相手の意図を汲み取って応答するくらいしか今のところ対処のしようがありません。“ディスクトップ”とかもね、もう指摘する気すら起こりません。

| Computer / Internet | 18:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iTunes8

2008091704.png

iTunesを8にしたらGenius sidebarとかいうものが加わってアプリケーションのウィンドウが3カラムになってしまって横幅が足らなくなりました。横方向のスクロールバーが出るのは気持ちが悪いのでちょうどぴったり表示される幅に調整していたのに、さらに右側にサイドバーが増えたものですから非常に困り者。Geniusはこれはこれで面白いのでせっかくの新機能だから表示しておきたいのですが…。最近よくあるFlashを多用したWebサイトなんかもそうですけれども、大きなディスプレイを使っていることを前提にデザインされると小さい画面の場合見づらいことが多いですよね。ぼくのMacは1280*800なのでそれほど小さいというわけでもありませんが、やっぱりもっと大きい画面が欲しいと思うときがしばしばあります。iTunesもバージョンアップにしたがって1画面に表示される情報量が多くなってきて、小さなモニタでは足らなくなってきてしまいました。

| Computer / Internet | 01:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Time Machine用のHDDを買った

HDCN-U500 (I-O DATA)

今までは余っていた80GBのポータブルHDDにホームフォルダだけバックアップしていたのですが、それが壊れたので新しく500GBの外付けを買いました。Amazonでちょうど10,000円。安くなりましたね。記憶媒体の大容量化にしたがってそれが失われたときのリスクは絶大なものになりますから、大事なデータはきちんとバックアップしておきたいものです。

Mac OS X LeopardにはTime Machineというバックアップ用のアプリケーションがあるので、これにバックアップ先ディスクを指定しておけば1時間ごとに変更のあったファイルを容量の限りすべて保存しておいてくれるのでとても簡単です。これがあれば時間、日にち、週、月単位で好きな時点に特定のファイルだけを戻すことができたりするので、削除してしまってから「そういえば前にこのフォルダにあのファイルをしばらく入れておいたはずだ」っていうのを検索してすぐに持ってこられるということもできて非常に便利。

2008072101.jpg

MacBookの内蔵HDD120GBと外付けのデータ用HDD320GBをまるごとバックアップ。初回のバックアップ以降は変更のあった差分ファイルのみ更新するので、全容量+ちょっとあれば結構古い状態まで保存しておけます。

| Computer / Internet | 20:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。