| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『神林長平トリビュート』読書感想文

2010072307.jpg

神林長平の作品からタイトルだけ持ってきて、各作家がそれぞれに選ばれたタイトルで短編を書くという神林長平トリビュート。失礼な話、こういうものはトリビュート元の作家が亡くなってからやるような企画だと思っていたので、「なんで今この企画が」と不思議がったりもしていました。しかし実際読み始めてみて、「ああ、これはいい企画だ」と思い直しました。ただの話題作りの本じゃない、神林長平を読んできた世代の作家たちによる神林SFへのラブレターみたいなものだなと感じながら読んでいました。

神林氏による序文に続いてトップを飾る一遍はデビュー作『狐と踊れ』をカバーした桜坂洋。「まあ最初はこれだろうな」とかしこまって読み始めたら「おいおいおい…」と失笑。『狐と踊れ』だけにとどまらず他の作品から持ってきた"神林ワード"を散りばめた良い意味でバカなことをやり尽くしたSFコメディがそこにはありました。タイトルだけ持ってきてお利口さんにまとめただけの本じゃねぇぞとでも言いたげなその作風は、初っ端から読むほうの気を緩めてくれた短編でした。ここから先はそれぞれの作家が趣向を凝らし、オリジナル版の要素をシチュエーションや見方を変え再構成した『七胴落とし』、『死して咲く花、実のある夢』、『魂の駆動体』、『我語りて世界あり』。元の作品のサイドストーリーを神林風に書き加えた『完璧な涙』や『敵は海賊』。そしてラストを飾るにはこのタイトルしかないであろう『言葉使い師』。全体として元ネタのチョイスがとても良かったなというのが最後に思った感想で、例えば『敵海』や『完璧な涙』など神林SFの中でもキャラクター自体の主張が強い作品は原作のキャラを壊さず外伝に仕立て上げ、それ以外の世界観重視の作品は元のテーマを残しつつ各作家が好きにぶち壊して作り直しているという、オリジナル版のおいしいとこ取りがうまく行ったんじゃないかと。

すべて3~40ページ程度の短編になっているので読みやすく、元ネタを忘れていても充分楽しめるいいアンソロジーだったと思います。物量的にも内容的にも多少物足りない感は否めませんが、こういった企画でこれほどの作品が集まってきたというのは神林ファンとしては嬉しいですね。これをまた刺激に神林氏本人の筆も進むことを祈りつつ…
スポンサーサイト

| | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

短い良作『ストロボライト』

久しぶりに「これは!」と思う漫画に出会ったのでちょっと紹介。青山景の『ストロボライト』という作品で、『CONTINUE』で連載されていたものです。全1巻の短い漫画なのですが、短篇映画のようでなかなか読み応えがあります。

おおまかに内容を書くと、小説家の主人公が夜行列車の中で学生時代の自伝小説を書いているパート、そしてその小説の中の学生時代のエピソードのパートの2つが交互に展開されて行きます。それだけじゃなんら変わったことのない普通の漫画なのですが、これの面白いところが主人公が書いてる過去のエピソードというものが真実かどうか判断できないっていうところなんですね。現在の主人公が小説として書くことによって過去が確定し今の自分をつくり出しているのか、あるいは実際にその過去があったからこそ現在の主人公は存在しているのか。この「現在→過去」あるいは「過去→現在」という2つの時間の流れが存在し、普通に考えれば過去が未来の原因になるわけですが、本文中の言葉を借りれば「林真理子が清少納言に影響を与えるような事態」がこの漫画の世界では存在し得るんじゃないかという気がしてきてしまうのです。とまあそんなことを間テクスト性がどうのとかメタフィクションがどうのとか専門用語をあれこれ用いて解説してみたいところではありますが、残念なことに何一つぼくはそれらの用語の意味が分からないので、そのあたりの考察はネット上で色々とレビューを書いていらっしゃる他の文学畑の人たちにまかせるとして、とにかくこの漫画の面白さっていうのはそんなところにあるわけです。

2010022701.jpg

そんな作者のテクニカルな一面は置いといて、ストーリー自体はなんてことない恋愛ものなのですが、ひとつこれは分かるわと思ったのが、主人公はとある映画が大好きでその映画のヒロイン・加藤ユキ役の女の子・桐島すみれのことがずっと好きだったんですね。それであるときそのヒロインと瓜二つの女の子・町田ミカと知り合い、その子がその映画に出演していた本人だということを知ります。それで主人公ははたして自分が町田ミカを好きなのか桐島すみれ、あるいは加藤ユキが好きなのか分からなくなってくるっていう部分がぼくにとってもリアルな話で、これは確かにあるよなとちょっと考えてしまいました。

まあそれはいいとして、ちょっと全体として気になったのが、やっぱりボリュームが少ないことなんですよね。それはいいところでもあって読みやすい量とペースなのですが、欲を言えばもうちょっとこの作品のテーマを書ききるには長さが必要だったかなとも思います。これ以上付け加えても蛇足にしかならないのかもしれませんけれども、ちょっとあっさり終わりすぎて綺麗にまとめすぎじゃないのって思ってしまいました。過去パートはこれでもいいですけど個人的には現在の列車パートでもっとグダグダと議論を展開してくれてもよかったかなあと。せっかくなので美和子がもうちょっとシナリオに絡んできて欲しかったかなとは思います。

--------------------------

ストロボライト / 青山景
2010022602.jpg

| | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

膚の下

Nagato Yuki Uniform Ver. with glasses (4)

現物が届いてから気付いたんですけどこれ持ってる本『膚(はだえ)の下』じゃないですか!これは嬉しい。

2009040101.jpg

アニメ版第7話「ミステリックサイン」のラストシーンで長門が読んでいた小説なんですけれども、このシーンがきっかけでそもそもぼくがこのアニメを知ったので一番思い入れが深いシーンです。たぶんこのシーンがなかったら『涼宮ハルヒの憂鬱』を観ることはなかっただろうなと思います。

『あなたの魂に安らぎあれ』『帝王の殻』に続く神林長平の火星三部作ラストを飾る長編SF、「人間」と「機械人」とその間の存在である「アートルーパー」、それぞれの理想とアイデンティティ、地球の未来をめぐる三つ巴の長い戦いを描いた大作です。これ一作だけでもものすごく長い小説なんですけれども、三部作を通して読み終えた時の感動もまたひとしお。この小説でのアートルーパーという存在が長門有希ともかぶる部分があって、『膚の下』を読んでいるとアニメのこのシーンもより理解が深まると思います。

------------------------------------------

膚の下 / 神林長平 (早川書房)
2009040102.jpg

膚の下 <上・下> / 神林長平 (ハヤカワ文庫JA)
2009040103.jpg 2009040104.jpg

| | 11:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いもよらないプレゼント

2009031501.jpg

この春研究室から出て行く人と入ってくる人の歓送迎会をやったわけですが、残る人たちから卒業生ひとりずつにプレゼントをもらいました。で、ぼくがもらったのがこの本。こんな研究室のみんなが大好きです。

| | 01:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別に表紙買いじゃないんだからねっ

■明日泥棒 / 外薗昌也(原作)・別天荒人(作画)
2008062301.jpg

主人公・宮迫享一の願望が生み出した天堂明日のコピーと既に存在している本物の天堂明日がいて、コピーのほうは自分が本物の天堂明日でないと自覚したときにその存在は消えてしまうという完全にアイデンティティそれだけによって存在が成り立っている状態なんですが、この設定だけ聞くとすごく面白そうに思えてけっこうワクワクして読み始めたんですが・・・。正直、おもいっきり期待が外れました。うけがよさそうな題材だけいろいろひっぱってきて世界系SFっぽくやってみましたっていう印象しか受けないんですけれども。作者がSF畑の人じゃないのかと思って調べてみたらむしろSFには造詣が深そうな人でしたし、だったらなんでこんな作品になっちゃったのかと不思議です。まだ1巻なのでとりあえずぶっ飛んだ設定だけ出しておいてこれからもっとSFしてくれればいいんですけれども、どうやらそうも行きそうにない雰囲気でこれから先を読む気はあんまり今のところないんですよね。セリフなんかもこんな言い方普通しないよっていうちょっと読んでいて突っかかる部分がけっこうありますし、なんかこう中途半端にラノベ的なノリの軽さというか読者置いてきぼりで作品中だけで盛り上がっちゃっているような雰囲気もあって、ぼくはどうも馴染めませんでした。

この作品でSFをやるんだったら、自我や現実というものをどう認識するのか、「自分は天堂明日である」という意識・言葉のみによって定義され存在できる天堂明日が既にいる現実の天堂明日の存在を認めた上で例えば別の人格を形成して確固たる存在として存続し得るのか、意識から現実は生まれるのか、自我そして現実とは何かをどう定義するのかetc...etc...。こういう展開を期待していたんですよぼくは。だからちょっと現時点では不満のほうが多い漫画です。

全然関係ないんですけれども、単行本の表紙の部分的ツルテカ加工が非常にさわり心地がよくて感動しました。それは認める。

| | 20:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲しかったこと

2008040701.jpg

最近愕然としたのが、本屋に行ったときに漫画コーナーのマガジンZコミックスの棚からとうとう『KING OF BANDIT JING』が全巻撤去されてしまったことに気づいたときでした。ここ数年まったく売れていた様子はなかったので今さらまとめ買いした人がいるとは思えないですし、ついに店頭からも消えたかと思うと一番好きな漫画なだけに寂しいものがあります。『JING』は7巻まで出して無期限休載中(実質7巻が最終巻)、その後始まった新作『Q&A』も現時点で単行本1巻すら出る前に絶賛休載中という終わらない夏休みが続いている状態です。JINGはJINGであれで完結している感はあるのでQ&Aだけでも何とか続いて欲しいんですけれども…。

| | 23:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完全版資料集の発売を熱望します

トランスフォーマー ムービーガイド

2007082601.jpg

「唯一のオフィシャル資料集 」と銘打っている割には内容の薄い資料集でした。ムービーガイドと言うよりはキャラクター設定集と言ったほうがいいかもしれません。各トランスフォーマーたちのロボットモード、ビークルモードのCG全身像と共に細かい設定がいろいろ書いてあります。それはいいんですけれど、問題なのは載っているキャラクターの数。

スタースクリームが載ってないってどういうことだよ!

アイアンハイドもボーンクラッシャーもデバステーターも載ってないし、これで唯一のオフィシャル資料集とか言ってるのはどうかと。

| | 02:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

"V for Vendetta" 原作vs映画

“V”の原作者アラン・ムーアは映画化にあたって一切彼の名前を出さないようにさせましたが、それはこの原作コミックの日本語版にもあらわれています。帯の宣伝文句にも映画化とかそんなことは一切触れられていません。ウォシャウスキー兄弟(姉弟)のことは書いてありますが、彼ら(彼女ら)がこれを「マトリックス」の参考にしたとかそんなことが書いてあり、この漫画自体が映画化されたことについてはノーコメント。映画版“V”のことに触れないようにギリギリのところを突こうという出版社の苦しみがよく分かります。アランはそれほど大嫌いだったんですね、映画化が。内容に関してはもうちょっと読み込んで映画と比べてみないと何とも言えませんが、少なくとも絵(映像)に関しては映画版もなかなかいいんじゃないでしょうか。というかむしろイヴィーなんかは原作の絵よりもナタリーのほうがよほどいいじゃないですか。
2006061404.jpg
例のロリコン主教のシーンとかはさすがにナタリーでも無理があるだろうと思って見ていたら、原作を読んでみるとこちらの絵のほうが映画を遥かに凌いで無理があります。誰このゴリラ。作画担当のデヴィッドさんは鼻の穴とおでこのしわをやけに頑張って書いているようですが、イギリス人の書く漫画のセンスがよく分かりません。

| | 01:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「雪風」を読むと食べたくなる料理

・バーガディs…もとい、チキンブロス
2006032901.jpg

突然料理ブログ的なことをやり始めてどうしたんだと思われるかたもいるかもしれませんが、SFなんですよこれも。

神林長平の小説にはいろいろとおいしそうな食べ物飲み物が出てきます。そのなかでも、おそらく神林SFを読んだ誰もに強烈な印象を残す食べ物といえば「戦闘妖精・雪風 <改>」に出てきたチキンブロスでしょう。いわゆるバーガディシュ少尉です。本作品中で深井中尉が食べさせられたチキンブロスは彼の同僚バーガディシュ少尉の肉を使ったものでレクター博士ありがとうといった感じですが、本来はその名の通りチキンで作ります。

作り方はいたって簡単。水にチキンキューブと適当に切った鶏むね肉を入れてとりあえず沸騰するまで待って、それからお好みの野菜と米を入れて弱火で2、30分あくを取りながら煮込みつつ塩とコショウで味を調えて出来上がり。今回はニンジン、タマネギ、カボチャ、キャベツ、そしてキノコはシメジを使いました。やけに黄色く見えるのはカボチャがほとんどバラバラになって溶けてしまったせいです。

ちなみに写真のカクテルはギブソン。ドライジン(5/6)、ドライベルモット(1/6)でステアします。本当はパールオニオンを飾るのですが、なかったのでこれだけです。

| | 19:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クルマと自動車

魂の駆動体」 / 神林長平

2006030402.jpg

何度も書きますけれど全人類必読ですよ。クルマの使い方を間違えている昨今の人間たちにぜひ読ませてみたい傑作。そしてSF、神林入門としてもおすすめできる作品です。モノがたくさん積めればいいのか、音が静かならいいのか、車内空間が広ければいいのか、それでいてクルマ自体はコンパクトならいいのか、そもそもクルマの実用性ってそこじゃないでしょう。燃費のよさとかエコロジーな燃料へとシフトしていくのは悪くないですけれど、外見とかそういうことだけでなく技術・精神面も含めてあらゆる意味でのクルマ周辺のデザインがいつの頃からだかよく分かりませんが本当に面白くないものになりました。特に国産のコンパクトカーがのさばるこの時代。別にまたスーパーカーブームが来なくてもいいですけれど、そういった方向から離れていくのが寂しい気がします。クルマは手段ではなく目的であるべきです。この本で言うところの“自動車”が本当に実現する未来もそう遠くはないのではないでしょうか。

珍しく今日はバルケッタが走っているのを見かけたのでそんなことを思ってみたり。

| | 20:02 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「マイノリティ・リポート」読了

読み終わりました。さすがに短編だったので1時間もかからずに一気に読めます。ぼくとしてはこれは原作のほうが圧倒的に面白い。今原作を読んだ上で映画のほうを考えてみると、まったく別物です。両方のエンディングを比較してみれば分かりますが、まったく正反対、というか読者・視聴者に伝えたいことが別物です。スピルバーグはこの小説を読んでディックの何を理解したのでしょうか。面白くないとは言いませんが、原作をここまで変えるのであればタイトルを「ブレードランナー」くらい違うものにしてあくまでもディックの小説は“原案”くらいにしておくべきだったのではないでしょうか。

どちらかというと映画では、殺人をするという自分の未来を知ってしまったアンダートンがそれを阻止しようと、あるいは真犯人を見つけようとするサスペンス的な要素が前面に出すぎていて、タイトルにもなっているくらい肝心な未来のマイノリティとマジョリティについてはちょっと脚本の背後に隠れすぎたと感じました。

トム・クルーズ主演、スピルバーグ監督ということでどうしてもSFX、アクションメインのそれなりの娯楽大作になってしまうのは仕方がないと思いますが、もっとコアなSF、ディックファンも満足できるものにして欲しかったというのが正直なところです。変にギャグシーンを入れすぎだとも感じました。ああいうものはディック作品には似合わない。

ただ、いいところもたくさんあって、やっぱり未来都市の描写はなかなか面白かったです。手をあれこれ動かして操作するコンピュータとか、変なクルマとか、リアルなホログラムみたいなものを映し出すスクリーンとか。それから「ブレードランナー」でも思いましたけれど、どれだけ科学技術が進歩したところで雨が降れば人はけっきょく傘をさすんですよ。2054年になっても雨には傘しか対抗手段がないというアナクロさがまた何ともワクワクするじゃありませんか。

| | 01:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっとギブスンの読み方が分かってきたよ

「カウント・ゼロ」まだ途中ですが、いやあこれは楽しい。黒丸尚のクセのありすぎる翻訳に慣れてくると、俄然面白くなってきます。過剰とも言えるほどルビを多用した文体がとてもスタイリッシュ。“冬寂(ウィンターミュート)”、“凝り性(アーティスト)”などは大好きな単語です。“?”は一切使わず“……”にするなど、初めて「ニューロマンサー」を読んだときにはストーリーとか設定とかそんなことよりもまず書いてある日本語(らしきもの)自体がさっぱり分からず混乱しましたが、もう慣れました。オリジナルの文章がどうなっているのかは知りませんけれど、ある意味滅茶苦茶な翻訳なのに、それでも、いや、だからこそ「ニューロマンサー」シリーズの世界をうまく表現しているのだなと思います。

「ニューロマンサー」から始まる3部作の第2作目となるのが「カウント・ゼロ」です。ターナー、マルリイ、ボビイという3人の主人公、それぞれのストーリーが何度も入れ替わり、それがまったく平行な3つの直線を延々と追いかけていくような感覚で、一体これらの物語はどこで、そしていつ収束するのだろうかとわくわくしながら読んでいます。ギブスン流に言えば、本の内部のマトリックスに没入(ジャックイン)するような読み心地がクセになります。これだからSFはやめられない。

| | 22:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。