2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛しのキルステン・ダンスト

Brinkman (MySpace)
Kirsten Dunst/Harlesden (Amazon.co.jp)

面白いミュージシャンを見つけたのでちょっと紹介。ロンドンの3人組インディーズバンド“Brinkman”ですが、10月に1stシングル『Kirsten Dunst/Harlesden』が発売されます。その名の通りあのキルステン・ダンストの歌で、キルステンの大ファンだというボーカリストのポール・クックはこんなことを言っています。日本語訳はぼくが適当にやりましたけどだいたいこんな感じ。

「そう、僕たちはキルステン・ダンストとデートするのがどれだけ難しいか話していたんだ。そのときある友人が僕にこう言った。『君が2,3週間キルステンと一緒に過ごしたとして、そしたら実はそんなに彼女に夢中じゃなかったと気づくかもしれないだろ?それでもし君にふられた彼女がアメリカに戻ってから“ファッキンBrinkman、最低のやつらよ”とかハリウッドの友達に言いふらしたらどうするんだよ』ってね」

(※via http://www.stereogum.com/archives/003256.html)


すべて“if”なところがまた何とも悲しい妄想でアホらしくていいですね。聴いてみると意外といい曲だった“Kirsten Dunst”はBrinkmanのMySpaceで試聴できます。これは買い。日本では『スパイダーマン』以来あまり可愛くないハリウッド女優という不名誉なレッテルが貼られたキルステンですが、ものすごく美人ではないけれど一度好きになると気になって仕方がないタイプの素敵な人です。『エリザベスタウン』での可愛さは異常。
スポンサーサイト

| TV・映画・音楽 | 22:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『S-Fマガジン 11月号』
・『ギャラクシー・クエスト』
2006092701.jpg

【レンタル】
・『12モンキーズ
・『オープン・ユア・アイズ
・『ドーン・オブ・ザ・デッド

今回はリン・ジャクスンとエディス・フォス大尉、2人の女性に焦点が当てられた『戦闘妖精雪風』第3部。4月号以来連載2回目です。このペースだと単行本化はいつになることやら。『ギャラクシー・クエスト』は格安で投売りされていたところを救出。

それからサラ・ポーリーがショットガンを持った写真なんかをパッケージ裏に載せられたせいで、よりにもよってホラー嫌いなのにゾンビものなんかを借りてしまいました。ショットガンは反則ですよね。

| 買い物 | 20:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新発見その2

ケイト・ハドソンさんアフリカツメガエルさん。いい意味で。

| TV・映画・音楽 | 22:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Xacti DMX-CG6

http://japanese.engadget.com/2006/09/25/xacti-cg6/
http://c-kom.homeip.net/review/blog/archives/2006/09/xacti_cg6.html

やっと静止画での手ぶれ補正搭載きたー!しかもさらに高感度になってISO1600。とりあえずC6でこれだけは何とかしてくれと言いたかった部分が改良されたのは嬉しい点。しかしデザインを見るとC6にあったスタイリッシュさは消え、ちょっと野暮ったい感じでカラーバリエーションもいまいちぱっとしません。静止画撮影の手ぶれ補正はものすごく気になるのですが、既にC6を持っているのなら買い換えようと思わせてくれるだけの魅力が正直言って無いのも事実。というか最近C6を買ったばかりだからこんな新モデルが出たという事実を簡単に認めたくないという理由も大きいですが…。ただ、今から買うんだったら動画も静止画も気軽にガツガツ撮れるCG6はとてもいい選択かもしれません。手ぶれ補正なんてなくても撮影技術でカバーすりゃいいやという人ならばだいぶ安くなったC6がかなりお買い得だと思います。

| note | 01:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新発見

シャニン・ソサモンさんとナタリー・ポートマンさん。一瞬だけ似すぎ。

| TV・映画・音楽 | 00:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

須田!和田!櫻井!

HEROes in TGS2006レポート
マーベラス×スパイク×グラスホッパーの超クールアクション『HEROES』(2)

グラスホッパー・マニファクチュアの新作『HEROES』、3人の社長がここまで入れ込むとは、すごく楽しみになってきます。須田さんの任天堂LOVEといい和田さんの任天堂愛といい、何だこの人たち。

| Game | 20:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『キスキス バンバン -L.A.的殺人事件
2006092402.jpg

今月発売したばかりのくせに1,250円というあり得ない価格で帯付きのほぼ新品が中古に流れていたので即入手。ジャンク品かと思ったらそうでもないみたいで、不思議です。レンタルしてから買うかどうか決めようと思っていたら、どうやら我が目に狂いはなかったようでそんなことするまでもなく買ってよかったと思える作品でした。

元泥棒でなぜか俳優のオーディションに受かってしまったハリー、ハリーの役作りのためコンビを組むことになったゲイの探偵ペリー、ハリーの幼馴染で34歳にして売れない女優ハーモニー、この3人が繰り広げるミステリー小説を読んでいるかのようなストーリー展開と笑いにあふれる会話のやり取りが最高に面白い。何気ないところに散りばめた序盤の伏線の張り方なんかも見事で、スタイリッシュな映像のオープニングクレジットから最後までふざけきったエンディングまでノンストップに楽しめる快作ですこれは。あと良かったのが吹き替えがあまりにも素晴らしい出来だと言うことと、ミシェル・モナハンが『M:i:III』なんかよりもこちらのほうがはまり役だということでしょうか。総員見るべし。

| 買い物 | 19:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピペッツ

We Are the Pipettes / The Pipettes
2006092401.jpg

"Pull Shapes" PV (YouTube)

前にちょっとこのグループについて書きましたけれど、これは本気で今年キテルぞと思ったので再びレコメンド。キャッチーなポップサウンド全開の捨て曲一切なし14曲33分間。気が付くとヘビーローテーションしています。全体としてこれくらいのボリュームがアルバムとして一番聴きやすくていい時間なんですよ。1曲1曲がせいぜい2~3分程度というところもなかなか上手くできていて、瞬間的にぐっと引き付けられるキャッチーな曲を聴いていて飽きないちょうどいいバランスを保って並べてあると思います。ちょっと早いけど今年の個人的ベストアルバム最有力候補。見た目でうわっと思わずに是非聴いてみることをお薦めします。何であれ1stアルバム(あるいは1作目、あるいは初期作品)を褒めちぎる病のぼくが言うのもなんですが、スタートからいきなり全力疾走したからこそ生まれたであろうこの完成度の高さは異常。2nd以降駄作だと言われつつも1stだけは名盤的なあれになりますよきっと。あれって言われてもね。

| TV・映画・音楽 | 04:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

検索ワードで見る我がブログ

このブログに検索サイト経由で来た人たちの検索ワードの解析なんかをしていると結構面白い傾向が見つかるもので、ぼくのブログの場合圧倒的に多いのが「肺魚」を除けば「AKG」のヘッドホン関係。K271sやK701、601など機種名も含めて結構来てます。ヘッドホンの話題を扱っているブログは少ないので引っかかりやすいのでしょうか。といっても大したことは書いていないので購入時の参考にレビューを探している人には申し訳ない。K701欲しいです。それから多いのはデジカメ「Xacti」シリーズ、ゲームソフト「リズム天国」、漫画「クイーン&アマレット」などが目立ちます。どれもブログ内ではそれほど多く記事を書いたわけではないのですが頻繁に目にする検索ワードですね。どうやら需要はなかなか大きいらしいので今後機会があればもうちょっと何か書いておくことにしましょうか。とりあえず「Q&A」は第1話の途中で現在絶賛休載中です。早っ!

最後に、「キーラ・ナイトレイ 貧乳」で検索して来た人は恥を知りなさい。けっこうGoogleでも上位に来るんですよまたこれが。2回しか書いてないのに(2回“も”?)。

| Computer / Internet | 00:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる新作2本

■『Paris, je t'aime

ぼくの一番好きな俳優トップ2、ナタリー・ポートマンとスティーブ・ブシェミが2人とも出演しているということで観ない訳にはいかないと思いつつこのまま公開されずに終わるかと思って心配していたら、どうやら日本では来年公開のようで一安心。パリを舞台にした5分間の作品が20本も集まった短編集です。参加している監督で知っているのはコーエン兄弟とガス・ヴァン・サントくらいだなあと思っていたら、ナタリー・ポートマンが主演の一編“Faubourg Saint-Denis”の監督は『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァだということで結構期待してしまいます。諏訪敦彦さんという日本人監督も参加しているようですけれども、よく知りません。指輪物語以来変な役ばかりやっているイライジャ・ウッドが相変わらず変な役で出演しています。

■『サムサッカー

ティルダ・スウィントン、ヴィンセント・ドノフリオ、キアヌ・リーヴスという地味に濃い脇役3人が気になって仕方ない作品。これこそ悪い邦題の見本みたいなもので、こうしてそのままカタカナで書かれたせいで、サムという男の子が主人公のサッカー青春映画かと勘違いしていました。Samじゃなくてthumbだしsoccerじゃなくてsuckerなんですね。付け方の悪い邦題には3種類あって、これみたいにカタカナに直してわけが分からなくなるパターンと、日本語に直しているのにセンスが悪いパターン(『Napoleon Dynamite』→『バス男』)、そして邦題のくせに英語に直すという最も意味の分からないパターン(『X-MEN: The Last Stand』→『X-MEN:ファイナル ディシジョン』)の3つに分類できます。どうでもいいですけど。さらにティルダ・スウィントンとぼくは誕生日が1日違いということに気が付きました。さらにどうでもいいです。

| TV・映画・音楽 | 22:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全長3cm

Fried scorpion 02
なんかこうもうちょっと大きいやつが出てきて「うわーさそりだー」と驚きたかったのに予想を遥かに下回るミニマムなスケールに何と言ったらよいか分かりません。ごちそうさまでした。

| note | 00:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上手い見本とちょっとの練習

罪と罰 ~地球(ほし)の継承者~
2006091901.jpg

http://www.super-play.co.uk/?superplay=77 (avi : 447.9 MB)

今まで上手い人のプレイ動画をまったく見ずに自己流でやっていたら難易度イージーが限界だったのに、これを見ながらやったら今頃になってあっさり難易度ノーマルをクリアできたという奇跡が起こりました。スコアアタックの動画なのでクリアするだけなら無駄な行動が多いのですが、照準の合わせ方や避け方などはものすごく参考になります。

結局のところ何かを極めようと思ったら上手い見本があるとないとでは学んでいくスピードに大きな違いがでるのでしょうね。今回付焼き刃の知識とはいえ、たったそれだけでも明らかに上達していましたから心にも余裕が生まれます。これほどの努力を普段からゲーム以外に回せたら…なんてことを考えてはいけません。

| Game | 02:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度の「ゼルダ」について思うこと

リンクは左利きじゃないと嫌だとかそういったくだらないあれではなくて、Wii版(あるいはGC版かどちらか)がどうしても仕方なく作ったみたいに見えるのが嫌だっていう話です。そもそもGCで開発していたところにWiiの牽引剤としてプラットフォームを移行させたという意図が見え隠れするのが嫌だなあということで、それは何故かっていうと両バージョンとも本気で作ろうと思ったのならGC版はミラーバージョンなんかにしないだろうと思うんですよ。どうせやるんだったらGCのほうも右利きリンクにしてしまえばいいんですけれど、そこであえてミラーにすることで「GCでは本来の左利きですよ」「左右反転しているのでWiiとはちょっと違った気分で遊べますよ」といったゲーム性とはまったく関係ない違いを無理やり作って、一部のユーザーがGC版に流れてしまってWii版の売り上げに響かないようにとかそんな意図が感じられるところがちょっとがっかりだなという気持ちなわけです。

個人的な意見ですけれど、はたして「ゼルダ」シリーズにWiiのコントローラで遊ぶことの楽しさが見出せるかということについていまだ懐疑的なところがあって、弓矢が撃てますよ、剣が振れますよ、釣りのミニゲームがリアルですよ、でもそれは「ゼルダ」シリーズでやるべき進化なの?という気分が拭えないわけです。Wiiの操作系に関してはその面白さはまったく未知数であって、実際発売されたら「この操作以外ありえない」ということになるかもしれませんが、今現在見る限りではDS初期の「とりあえず操作にタッチペンを使ってみました」的なソフトと大差ないように思えてしまいます。加えて、GC版というWiiリモコンでの操作を完全に切り捨てたバージョンが存在していることがその思いをさらに強くするのも問題で、Wiiリモコンでの操作というものが本来「ゼルダ」でやりたかったことなのだとすればそれがないGC版は開発者にとって一体何なのだということになりますし、逆に予定通りGCで作っているほうが本来の方向性なのだとしたらWii版はただのハード牽引ロンチとして作ったのかという疑問がわいてくるのです。

けっきょく考えれば考えるほどネガティブになっていくのであまり悪い方向には考えて行きたくないですが、だいたいこれからどんな形になっていくのか分かり始めた現在、そんなことをちょっと思ってがっかりしたり期待したり複雑な気持ちになっているのが正直なところです。とりあえず発売したらどちらのバージョンだろうとそんなことはどうでもよくなるくらいクリアするまでのめり込むのは間違いないので、今のうちに悩めるところは悩んでおくことにしましょうか。反省会はまだまだ先です。

| Game | 19:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『プルートで朝食を』

http://www.elephant-picture.jp/pluto/
2006091603.jpg
IRAのテロなどドロドロした話になりがちなテーマにも関わらず最後まで明るい気持ちでいられたのは主人公キトゥンのおかげでしょう。これで主人公が幼少の頃から女装癖のあるめちゃくちゃポジティブな性格の変なオカマの兄ちゃんじゃなかったら観ていられませんよ。しかしその底抜けの明るさもつらさに耐えながら必死になって生きているキトゥンの内面を隠すための殻であって、そのつらさが見え隠れする中盤から後半にかけてはキトゥンのその2面性の微妙なバランスが見ていてつらい部分ではあります。それでも爽快すぎる結末はやっぱり面白かったという結論に落ち着かせてくれる佳作だと思いました。

| TV・映画・音楽 | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・グラス類&バー用品をいくつか買い足し
2006091601.jpg

『コーヒーミルク・クレイジー』タンブラー
2006091602.jpg
面白かったのでつい買ってしまった「フリッパーズギター」の曲名が入ったタンブラー。某団体に配慮したのか元の歌とは微妙に異なる歌詞らしきものが書いてあったりなかったり。見なかったことにしましょう。

| 買い物 | 18:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のまとめ

Wii版のリンクが右手で剣を持っているのでGC版を買う確率が急上昇いたしました。

| Game | 22:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レフトポジションで握りたい

「Wii」+「ゼルダ」+「レッドスティール」+「クラシックコン」

=¥40,400

妥当…かなぁ。HORIさんあたりがN64コンの変換機を出してくれれば嬉しいです。N64は実機があるし中古ソフトを探せばバーチャルコンソールの1,000円なんかよりもずっと安く手に入るのでいらないと言えばいらないんですけれど、どれだけ信憑性があるか分かりませんが「オウガバトル64」や「罪と罰」などマイナーな名作もVCリストにあがっているので、それらがカートリッジの電池切れを気にすることなくWiiで遊べるというのは非常に嬉しいことだと思います。しかしN64ソフトの場合オリジナルのコントローラが使えるかどうかという点はぼくにとって最重要項目なので、今のところバーチャルコンソールがそれほど魅力的に見えないのも事実です。「トワイライトプリンセス」もGC版が出るならばそっちでいいし、Wiiを買うかどうかは「レッドスティール」の出来次第でしょうか。

| Game | 18:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「iTunes 7」リリース

日本時間昨夜のジョブズのお話をリアルタイムにE3のときのようにワクワクしながら眠い目をこすりつつ聞いたところによると、第五世代iPodはちょっとマイナーモデルチェンジ、iPod nanoはメタルボディになっていろんな色で登場(iPod miniのデザインが復活)、iPod shuffleがさらに半分の大きさのクリップ型に、ということで残念ながら噂になっていた大画面タッチパネル式のiPodは発表されませんでした。他にもゲームや映画のダウンロードなどいろいろとあったんですけれど、そのときに発表され昨夜からダウンロード可能となった「iTunes 7」について実際に使ってみて良かった点を軽く紹介していきたいと思います。インターフェースがだいぶ変わって「ブラウズ」ボタンが下にあったり「ビジュアライザ」ボタンがなくなったり最初はちょっと戸惑います。

2006091301.jpg

・Cover Flow
CDをずらっと並べたように一覧表示できる機能が追加されました。下のバーを動かすか、直接アートワークをクリックしていくことでCDをパラパラめくるように曲を探せます。重いかと思ったら意外なことにかなりサクサク動いてくれるので素晴らしい。CDのカバーアートワークを入れていないと何の意味もない機能なので、ほぼすべての曲にアートワークを入れていた努力がやっと報われました。もちろん今まで通りの表示も可能なので、アートワークなんて入れてないよという人もご安心を。

・「シャッフル時にスキップ」に複数の曲でまとめてチェックできる
今までこれは一曲一曲チェックを入れていくしかなかったのでたくさんの曲を変更したいときにはものすごく重労働だったのですが、そんな大変な作業とはこれでお別れです。

・動画の再生が軽くなった
PC環境によるかもしれませんがぼくの場合異様に軽くなりました。シークバーでグリグリ動かせます。個人的にこれが一番iTunes 7で嬉しい改善点。

| Computer / Internet | 15:16 | comments(-) | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

秋の気配

2006091201.jpg

一晩で29℃から25℃まで水温が下がっていたので慌ててヒーターを入れたのはいいものの、さすがにショックは大きかったのか明らかに餌食いが悪くなってしまった模様。

| Aqua Life | 20:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あの頃アンフィビウスと

元ネタ

GIMPを初めて使ってみたので使い方に手こずってしまい、納得のいくパクリ具合仕上がりにならなかったのがちょっとくやしい。

| note | 23:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のヤケ買い

・『2001年宇宙の旅』
・『バニラ・スカイ』スペシャル・コレクターズ・エディション
2006091001.jpg

大学に行く普段の平日さえ午前中に起きたことのないこのぼくが珍しく朝早く起きて出かけたら発売開始10分でもう売り切れという最悪な事態が起こってしまったので、チケットを買うはずだったお金でヤケ食いならぬヤケ買い。札幌はまだ買えるのになんで仙台は即売り切れなんですか「アンジェラ・アキ Zeppツアー2006」。ここまでチケット争奪戦が激しいとは思っていなかったというのが最大の不覚。

| 買い物 | 11:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランスのニューマリTV Spot

http://www.youtube.com/watch?v=N5VucEhfoAc
 (via)
2006090902.jpg

『Wii』は“Oui”と似たような発音なのでフランスでは違和感のなさそうな響きですね。それにしても日本のCMとまったく同じパターンというのは珍しい気がします。あの有名な某大乱闘CMをはじめとして海外版CMははっちゃけたやつが多いですから。

(おまけ。海外CM集)
リアル森
極悪マリオ
Touch it

| Game | 17:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『Led Zeppelin IV』 (Untitled)/ Led Zeppelin
2006090901.jpg

キャメロン・クロウが映画『Almost Famous』のタイトルをこれと同じく無題(Untitled)にしようとしたらドリームワークスから反対されたという面白いエピソードがあります。このアルバムは『無題』というタイトルなのではなくて本当に無題なわけですが、『Almost Famous』ディレクターズカット版はめでたく『Untitled』というタイトルになりました。

| 買い物 | 16:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よく考え付きますねこんな台詞

Voila!
さて!

In view, a humble vaudevillian veteran cast vicariously as both victim and villain by the vicissitudes of fate.
一見運命に翻弄され、時に弱き者を、時に悪しき者を演じさせられる芸人ではあるが、

This visage, no mere veneer of vanity is a vestige of the vox populi, now vacant, vanished.
この扮装は伊達ではなく、そこに名残をとどめる民の声は既に虚しく消え去った。

However, this valorous visitation of a bygone vexation stands vivified and has vowed to vanquish these venal and virulent vermin vanguarding vice and vouchsafing the violently vicious and voracious violation of volition.
しかれど、この厄介者が再び果敢にも姿を現したのは世の悪を正さんがため。人々の意思を圧殺し不正と暴虐を繰り返す腹黒い貪欲なるダニ共め!

The only verdict is vengeance, a vendetta held as a votive not in vain, for the value and veracity of such shall one day vindicate the vigilant and the virtuous.
唯一然るべき道は固く心に復讐を誓い真実と徳を持ってみごと恨みを晴らし、いつの日か正しき人々を救うこと。

Verily, this vichyssoise of verbiage veers most verbose.
長々ととりとめもなく話したが最後に一言、

So let me simply add that it's my very good honor to meet you and you may call me V.
どうぞお見知りおきを。私のことは“V”と呼んでくれ。


映画版『V for Vendetta』で“V”がイヴィーに自己紹介をしたときの超長台詞がこれ。映画館で観たときには全然気づかなかったんですけれど、ほとんどの単語がVから始まっています。これ以外にもVを使った言葉遊びが数多く散りばめられていたり、「Remember, remember the 5th of November」など韻を踏んだ言い回しが吹き替えだとうまく再現されていなかったり、吹き替えと日本語字幕ではパトリシアの名前も出てこないので(これ重要)、音声か字幕のどちらかは英語にしておいたほうがより楽しめる作品だと思います。

| TV・映画・音楽 | 23:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『Vフォー・ヴェンデッタ 特別版』
・『フルハウス サード・シーズン コレクターズ・ボックス』
2006090802.jpg

| 買い物 | 17:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「Joanneアメリカ英語を習う」の巻

2006090801.jpg

http://www.rocketboom.com/vlog/archives/2006/08/rb_06_aug_18.html

1ヶ月分くらいDLだけしておいて見ていなかったものをまとめて見ていたらちょっと気になることを先月やっていたので紹介。同じ英語でも発音のしかたが全然違うのは面白いなあと思うと同時に今までのしゃべり方がよかったのに直すなんてやめてくれと思っていたら、コメント欄ではほとんどのコメントがアメリカ英語反対という意見で、さらに何人かの方々はルーク・スカイウォーカーになってしまうという状況だったので、みんな思っていることは同じなんだなと妙な連帯感を感じました。英語の聞き取りがあまりうまくない外国人のぼくから言わせてもらえば英国風のアクセントのほうが絶対に聞きやすいし、コメント欄で皆も散々British accentのほうがsexyだと言ってますけれど本当にその通りです。

http://www.rocketboom.com/vlog/archives/2006/08/rb_06_aug_21.html

結局次の日にはいつもの発音に戻っているので一安心。

| Computer / Internet | 00:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Paint it WHITE !

http://www.phileweb.com/news/d-av/200609/04/16474.html

真っ黒だったPS2に白モデルが出たりDSLも白をメインの色にしてきたりWiiも360も白かったり、最近みんなセシルみたいにパラディンにジョブチェンジですね。みんなして白い色を発売して世の中の意見を「何でも白くすればいいってもんじゃないよね」というものに変えて最近調子に乗ってきたジョブズを潰そうという壮大な企みでしょうか。あるいはみんなすでにジョブズに洗脳されてしまったのでしょうか。

そんな中、ヘッドホン業界でも最近「iPodに似合う白いヘッドホンを!」という流れになってきたらしく白いものが色々なメーカーから発売されるようになり、AKGもオープンエア型ヘッドホンの最上位機種『K701』に続きエントリーモデル『K530』を白く塗っちゃいました。ただでさえ海外メーカーのヘッドホンって値段が高い割には安っぽい見た目なのに、こんな色を塗られたら余計おもちゃです。ジョブズの世界制覇はもうそこまで来ているのかもしれません。

| note | 18:31 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

正しくは「※マジで(つい体が)動きます!」

Firefoxのマスコットがどう見てもキツネだったりクロコダイル・ハンターさんがエイに刺されて亡くなったり『LocoRoco』のTVCMにだまされたりと不条理な出来事が多い今日この頃ですが、PS2が安くなりました。DSLより安いですね。ちょっと遅れるPS3の前にこれでWiiに牽制しておこうという魂胆でしょうか。まず購入最優先はWiiですけれど、もっと下がったらPS2も買おうと思います。何だかんだ言ってあれだけソフトが多いと中にはやっておきたいものもけっこうありますし。

| Game | 18:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐がりな人が『バイオハザード』をプレイするムービー

http://www.youtube.com/watch?v=-G7h626wJwM
http://www.youtube.com/watch?v=CfSJt9LVAb0

あまりYouTubeの動画ばかり貼るのも悪いブログの見本みたいで嫌ですけれど、これは「恐いゲームは他の人がプレイするのを眺めているのが一番楽しい」ということがよく分かるムービーです。ぼくの場合『biohazard』は「弾無限バグ+攻略本」というバイオハザードの面白さをすべて排除したチキンプレイで無理やりクリア、『biohazard 4』は途中であまりのストレスに耐え切れなくなりこれ以上プレイしたら精神に支障をきたすと判断してあきらめたという過去がありますが、他人がプレイしているのを見るのは大好きです。これはぼくがFPS嫌いなところも突き詰めていけば同じ理由なのでしょうけれど、要は一歩離れた視点で客観的に眺めるのが好きだということなんでしょうかね。それでも3人称視点の『バイオ』は無理ですけれど。

| Game | 19:48 | comments(-) | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の復活

2006090101.jpg
一昨年の冬あたりに葉も全て落ちて、それ以来何もせずに放置していたパキラの鉢植えがなぜか今頃になって復活しました。もちろん水など1年近くやっていないし真冬だろうと真夏だろうと常に窓際に放置していて、土はカラカラに乾燥、あきらかに全体的に萎んできていて、あとは腐るか朽ち果てるのも時間の問題なのでいつ捨てようかと思っていたらこんな状態から新芽が生えてきたという驚き。プラスティックのニセモノみたいに怪しく輝く緑色が畏れ多い感じです。

| note | 22:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。