2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

更新が途絶えたRocketboom日本語版、そして現在のアマンダは…

ロケットブームジャパン ROCKETBOOM.JP
2006122801.jpg

1年ほど前に立ち上げられて本家から数日遅れで日本語字幕版を配信していたROCKETBOOM.JPですが、12月に入ってから更新が完全に途絶えました。本家Rocketboomはいつも通りウィークデイは毎日配信されているので日本の字幕版製作側のほうに何か続けられない事情があるのでしょう。正直言って字幕版がないと内容を把握しきれないので日本語版の存在は非常に助かっていたのですが、しかしあまり言葉が分からなくても映像を見ているだけで面白いというのはあるので、それはビデオブログの利点ですね。新司会者Joanne Colanさんも最初は違和感がありましたけれども今やすっかりRocketboomの顔となり、新たなファンを獲得しています。ブリティッシュなアクセントが素敵です。

今年ビデオブログ界にちょっとした衝撃をもたらしたニュースがRocketboomの司会者降板でした。多くのファンに惜しまれつつも番組プロデューサーとの意見の相違から今年の6月にRocketboomの司会者のポジションを去ったAmanda Congdonさんは、その後9月にAmanda Across Americaというアメリカ横断ブログプロジェクトを立ち上げ、そして現在ABC Newsのポッドキャストにその姿をあらわしています。ABC NewsのほうはRocketboomでやっていたことをそのまま場所を移しただけのような気もするので、今後Rocketboomや他のポッドキャストとの差別化に期待したいところです。

Amanda Congdon on ABCNews.com
2006122802.jpg
スポンサーサイト

| Computer / Internet | 18:40 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また散りました

今年は更新めんどくさかったのでもういいやと思っていたら、結局書かずにいられない風来のブロガーですこんにちは。読んでる側にとってはどうでもいい自己満足コーナー。

最終問題ばかりやっていて、いい加減飽きてきたので放置していた食神のほこらへ挑みました。復活草代わりの鬼面武者の肉もいくつか確保してけっこう順調に進んでいたところ、26階まであと少しのところで階段がある部屋にモンスターハウスが。しかし我がシレンには最終兵器パコレプキンの肉があります。野菜のどこに肉があるんだという疑問が頭をよぎりつつ「壁の中にパコレプキンを攻撃表示!ずっとおれのターン!」を発動して一方的に殴りまくっていたところ、モンハウにはオヤジ戦車が。壁の中に大砲を撃ってくるオヤジ。まわりを巻き込んで一気にイッテツ戦車にレベルアップ。そのままではどう動こうとも事態は改善できないので、しかたなく変身を解いた瞬間に倍速で撃ち込まれる大砲。オワタ\(^o^)/

| Game | 14:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Happy Holidays & Happy New Year

「キッス・イン・ザ・ダーク」
2006122601.jpg

・ドライジン (2/4)
・ドライベルモット (1/4)
・チェリーブランデー (1/4)

以上の材料をシェイクしてカクテルグラスに注ぐ。


本来は3つのお酒を等量使うカクテルですが、それでは甘くなりすぎるのでジンを多めにしてちょっと辛口にしました。今年出会ったすべての人に感謝を込めて。

| Bar | 23:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トニックウォーターが好き

2006125102.jpg

炭酸飲料はドクターペッパーに始まりトニックウォーターに終わりました。単品だとペッパー博士が最強。トニックウォーターはそのままいくとちょっと苦味があって口の中がやけにシュワシュワしてあんまりアレなんですけれど、カクテルに使ってジン・トニックにするとこれが最強。ぼくの場合50:50に近いくらいジンの割合をかなり多めにして作るので、飲みやすくて何杯もいってしまっていつの間にかものすごく酔っているという状態になりやすいです。というか今がそうです。決してシレンのせいでヤケになっているわけではありません。

| Bar | 03:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入る前にもっと厳重に警告してよ

見知らぬ風来人の方に救助いただき無事に倉庫未使用クリアを達成し、白紙に「ぜんめつ」を書き込めるようになりました。さらに装備を鍛えようとこばみ谷序盤の往復をしていたら食神のほこらが出現。何だろうと思って近づいてAボタンをうかつに連打。持ち物有り金全部なくなって食神1Fに真っ裸で放り出される我がシレン。持ち込み可ダンジョンもうオワタ\(^o^)/

| Game | 01:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絶賛救助依頼中

2006125101.jpg

おにぎり・鈍足・封印。オワタ\(^o^)/

| Game | 22:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜のカクテル

「アレン」
2006124102.jpg

・ドライジン (2/3)
・マラスキーノ (1/3)
・レモンジュース (1tsp)

以上の材料をシェイクする。


こうしてみると今までジンベースの無色なカクテルばかり作っていたので絵的にいまいち面白みがないことに気が付きました。来年は他のスピリッツにも手を出してみることにしましょう。

| Bar | 21:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

もやしもん 4巻 / 石川雅之
2006124101.jpg

| 買い物 | 16:34 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不慮の(略)

合成用のどうたぬきの入った壷を狙ったかのように握ってくるにぎり変化。オワタ\(^o^)/

| Game | 00:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不慮の事故

アイテム売ろうと思ったら間違って投げてしまい、店主に当たりました。そのまま店主に襲われて死亡。村の中の店だったので救助不可。鍛えまくった剣と盾オワタ\(^o^)/

| Game | 22:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画で振り返る2006年 (ランキング編)

DVDで観た回数でもたぶんこの3作がトップだと思います。絶対に観て損はないと言い切れるのが1と2で、3はちょっとぼくの趣味に走りすぎているので積極的にお薦めしかねますが、機会があればどうぞ。

1. ジャケット “The Jacket”
2. キスキス、バンバン - L.A.的殺人事件 “Kiss Kiss Bang Bang”
3. 終わりで始まりの4日間 “Garden State”

選んでから気づいたのですがこの3本には実は大きな共通点があって、監督が3人ともまったくの新人、あるいはアメリカでのデビュー作であるということです。ジャケットのジョン・メイバリー監督はこれまでイギリスでショートフィルムやミュージックビデオなどで活躍していた人で、今回の『ジャケット』でスティーヴン・ソダーバーグをプロデューサーに迎え、というかソダーバーグに雇われる形でハリウッドデビューを果たしました。そして『キスキスバンバン』のシェーン・ブラック監督と『終わりで始まりの4日間』のザック・ブラフ監督の2人はこれが初監督作となり、どちらも非常にいい評価を得て今後の活躍が期待されます。

個別にちょっと紹介しておくと、まず『ジャケット』は非常によくできたサイコ・スリラーです。こういうタイプの作品は映画に限らず謎を残したまま終わるのはいいんですけれどその謎の残り具合が問題で、最後に2割くらいは謎が残ったまま終わるのはちょうどいいと思います。しかしこの作品では5割くらい伏線を消化し切れていないところが良いところであり悪いところでした。これを投げっぱなしの駄作と取るか謎だらけなところを後で自分で考えるのが楽しいと取るかは人それぞれで、後者のタイプならばはまれる作品だと思います。

『キスキス、バンバン』は同じタイトルでまったく別の映画があるのでお気をつけください。ゲイとコソ泥と売れない女優が繰り広げるハードボイルドなのにコメディなミステリーです。キャストやシナリオなどぱっと見まったく統一感のないちぐはぐな全ての要素が最終的にはひとつの結末へとハーモニーを奏でて収束していくこの構成は見事としか言いようがありません。このキャストでぜひシリーズ化して欲しいですね。

『終わりで始まりの4日間』はもう何度も言ってますけれども、脚本・音楽・キャスティング全てにおいてザック・ブラフのセンスが光る良作です。オフビートな笑いとぼくの心を絶妙にくすぐるこだわられた選曲、そして監督は始めからナタリー・ポートマン主演を想定していたというだけあって彼女の出演作の中ではこれが最も魅力的に撮れている映画だと思いました。脚本の一部はザック・ブラフ自身の体験を元にして書かれたもので、自ら主演、そしてこれをまだ20代という若さで撮っていることもあり、非常にパーソナルな作品になっています。

| TV・映画・音楽 | 22:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画で振り返る2006年 (リスト編)

今年もそろそろまとめに入りましょうか。リバイバル上映を除いて今年日本で上映(劇場公開されていないものはレンタル開始が今年)されたものが対象です。関東なんかでは去年とっくに公開されているものもありますが、地方都市は来るのが遅いので今年にずれ込んだものもあります。星印はDVD購入済みのもの。

01月10日 ディック&ジェーン 復讐は最高!
01月14日 プライドと偏見
01月21日 ノエル
01月28日 ランド・オブ・プレンティ
01月29日 スクラップ・ヘブン
02月14日 ジャーヘッド
02月22日 アワーミュージック
03月25日 ブロークバック・マウンテン
04月11日 プロデューサーズ
04月17日 僕のニューヨークライフ
04月22日 Vフォー・ヴェンデッタ
04月29日 ブロークン・フラワーズ
05月13日 アンジェラ
05月20日 立喰師列伝
05月22日 ジャケット
05月26日 プロデューサーズ(2回目)
06月01日 アンジェラ(2回目)
06月09日 リトル・イタリーの恋
06月15日 アメリカ、家族のいる風景
06月27日 プリティ・ヘレン
07月03日 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
07月12日 M:i:III
08月03日 ローズ・イン・タイドランドとサイレントヒル
08月22日 レント
08月24日 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
09月16日 プルートで朝食を
10月07日 サムサッカー
10月12日 マッチポイント
10月22日 太陽
10月29日 カポーティ
10月19日 トランスアメリカ
11月17日 ブラック・ダリア
11月20日 サンキュー・スモーキング
11月23日 サンキュー・スモーキング(2回目)
11月29日 プラダを着た悪魔
12月01日 ハード・キャンディ
12月14日 キンキーブーツ
12月21日 007/カジノロワイヤル

[DVDで観た今年公開作]
キスキス、バンバン - L.A.的殺人事件
終わりで始まりの4日間


何でこんなに詳しい日付まで覚えているかというと、チケットの半券を全て持っているからです。まとめていて気が付きましたが何本かブログで言及していなかった作品もありましたけれど、これは別に面白くなかったから書かなかったわけじゃないのでご了承を。今年は新作だけで40本くらい観ていたみたいで、月3~4回、つまり週1くらいのペースで観に行っていたことになります。たぶん今年はあと『シャーロットのおくりもの』で最後になるかな。長くなるので今回はリストだけにして、今夜中にでも2006年ランキングをアップします。

| TV・映画・音楽 | 18:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物 (iTS)

・『Another Day, Another Night』 / Spiral Life
・『Dream All Day』 / Spiral Life
2006123102.jpg

iTunes Storeでいつの間にかスパイラルライフのCDが大量入荷していたので買い損ねていたシングルを購入。懐かしい8cmシングルです。

| 買い物 | 17:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新発見その6

ジェニファー・ジェイソン・リーさんとキルステン・ダンストさん。若いときはお互い似てませんけれども最近の笑った口元がそっくり。監督デビュー前のキャメロン・クロウによる小説を原作にした映画『初体験/リッジモントハイ』ではジェニファー・ジェイソン・リーが主演、そして昨年公開されたクロウ監督の最新作『エリザベスタウン』の主演がキルステン。意外なところに接点が。

過去ログ:
その1
その2
その3
その4
その5

| TV・映画・音楽 | 04:51 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テーブルマウンテンで心底学んだこと

其の一、ギタンは投げるためにある
其の二、敵の特殊能力は使われる前に杖と矢を惜しまず全力で倒せ
其の三、2ターン以上先を読め
其の四、投げたアイテムは外れる確率のほうが高いと思え
其の五、一歩一歩が後の餓死に繋がると思え
其の六、勝つことよりも死なない確率を高める行動をしろ
其の七、シレンよりも自分自身に溜まった経験値を信じろ

| Game | 17:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜のカクテル

「ヴェスパー (ジェームズ・ボンド・マティーニ)」
2006122102.jpg

<本来のレシピ>

Three measures of Gordon's; one of vodka; half a measure of Kina Lillet. Shake it over ice, and add a thin slice of lemon peel.

ゴードン・ジン3、ウォッカ1、キナ・リレ1/2、シェイクしてレモンピールを入れる


カクテル好きなら『007』は外せません。これはジェームズ・ボンドがカジノでバーテンダーに作らせたマティーニのアレンジ版で、今回のボンドガールの名前がつけられています。ジンの銘柄はゴードンがなかったのでビーフィータで代用、それからキナ・リレもないのでドライベルモットで代用しました。『カジノロワイヤル』を観たらこれを飲まないわけにはいきません。でもやっぱりこれより普通のマティーニが好き。

| Bar | 00:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『007/カジノロワイヤル (Casino Royale)』

2006122103.jpg

『ジャケット』に出演しているときにダニエル・クレイグさんを知ったんですが、あの時はアメリカ人かと思っていたらイギリス人だったんですね。とりあえず最初の「オープニング~超人鬼ごっこ」をカットしてカジノのシーンを2倍に増やしていたらもっといい映画になったのにと思いました。場に出ているカードをもっと映して、さらにポーカーの理論面での解説キャラがいたら完璧だったと思いますが、そこまですると別の映画になってしまうので007シリーズとしてはこれでよかったのかもしれません。個人的には全部ポーカーでいいよって感じです。

| TV・映画・音楽 | 23:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『グローイング・ペインズ 1stシーズン コレクターズボックス』
2006122101.jpg

日本では『フルハウス』よりも後に放送していた記憶があるのですが、実際アメリカでの放送は『シーバー家』のほうが先だったようです。『シレン』の発送が遅れたのはこれと一緒に注文したせいでした。結局分割されてどちらも遅れるということになりましたが。

| 買い物 | 22:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず…

2006122001.jpg

持ち込みなし、鍛冶屋なし、合成なし(メッキの巻物のみ)、逆走なし、救助1回。天と地の恵みの巻物が大量に出たのと、しあわせの腕輪が出たのが勝因でした。たぶん今までの不思議のダンジョンで一番頑張った。

| Game | 02:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなところでエルフマン

■『シャーロットのおくりもの (Charlotte's Web)』

この映画のスコア担当があのダニー・エルフマンさんなんですけれど、予告編・TVCMで使われている音楽が“Ice Dance”という曲で、実はこれ彼が音楽を担当したティム・バートン監督の『シザーハンズ』の曲です。そのおかげで、『シャーロット』のCMを見るたびに『シザーハンズ』かと思って一瞬びっくりしますから、これでエルフマンファンに向けた宣伝効果はばっちりですね。ぼくはそもそもエルフマンさん以前にスティーヴ・ブシェミが声優として参加しているので観に行きますけれど。ダニー・エルフマンはティム・バートン監督の他にはサム・ライミ監督と組むことが多く、これまでに『スパイダーマン1・2』のスコアを担当してきたことでも有名です。しかし今回『シャーロットのおくりもの』のために『スパイダーマン3』の作曲担当を降りたそうで、残念というか、なんと言うか、どっちもやってよ。

| TV・映画・音楽 | 02:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』
2006121901.jpg

なんですかこの「ハマゲー」シールは。つい先日までアスカをプレイしていた身としてはこれはマゾいです。マゾゲーです。まず装備を鍛えるのがめんどくさい。持ち帰りの巻物系が無しなので、一気に最後までクリアするか倉庫の壷で最初の村に武器を送ってわざと死ぬしかないというマゾ仕様。今回は階段を逆走して預けに戻るという荒業もできますが、何だかそれは風来人の心意気に反するようでやる気が起きません。これはなかなか手ごわいものになりそうです。

風来のlngmnのお友達コード:5455-4766-6957

rupan君、登録しておきました。

| 買い物 | 02:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今夜のカクテル

「セブンス・ヘブン (No.2)」
2006121701.jpg

・ドライジン (4/5)
・マラスキーノ (1/4)
・グレープフルーツジュース (1tsp)

以上の材料をシェイクしてカクテルグラスに注ぐ。本当はミントチェリーを飾るんですけれど、ないので省略。ジンとデュボネをベースに使ったもうひとつのレシピもあります。


天国というのは7階建てになっているそうで、その中でも最上位の天使の住むところが第7天国、セブンス・ヘブンです。アルコール度数はけっこう高いので、確かに第7階層くらいまでは飛んでいけそうな心地がします。

| Bar | 22:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

任天堂、DSのACアダプタをリコール

http://www.nintendo.co.jp/n10/news/061215_2.html

うちのはモスバーガー製でした。

| Game | 00:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

konozama発動

どうやらAmazonはぼくのシレンを倉庫の壺に入れてしまったみたいです。

| Game | 20:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『キンキー・ブーツ』

2006121402.jpg
『ショーン・オブ・ザ・デッド』のニック・フロストが出演していたのが意外な発見でした。主役のチャーリーがイギリス人のくせにオーストラリア訛りだったのでおかしいなと思っていたら、後で調べたらジョエル・エドガートンだけオーストラリア出身の俳優なんですね。他のみんなはイギリス人俳優なのになぜこのキャスティングにしたのかよく分かりません。実在するシューズメーカーということで、観終わってから気になったので探してみたらありました。

http://www.divine.co.uk/

映画と同じく社長自らモデルになるという素晴らしい職人魂なのかただのアホなのかよく分からないところはひとまず置いといて、普段履けるようなものを探してみましたけれど…ねーよ。

| TV・映画・音楽 | 05:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・Twentythree / Tristan Prettyman
2006121401.jpg

ぼくはキャメロン・クロウみたいな音楽雑誌のライターでもないので、本当に伝えるのが難しいのが好きな音楽です。聴いてみてとしか言いようがないわけです。そんなときにYouTubeは非常に便利な場所ですね。日本のテレビ局が大量に動画の削除要請をしたなんて事件もありましたが、こういった場で勝手にアップロードされているファイルの数々は確実に元々の製作者・ミュージシャンのプロモーションになっているはずです。YouTubeで見てそれだけで満足する人たちはそもそもCDとか買いませんから。むしろこういうところで知ってCDやDVDを買う人がいたり、知名度が上がったりというメリットのほうが大きいような気もします。確かに放っておけば著作権とかそんなシステムは崩壊するわけですから削除させる理由も理解できなくはありませんけれどね。そんなわけでTristan Prettymanのデビューアルバムから1曲、“Love, Love, Love”。

http://youtube.com/watch?v=IVXPk70iv4M

これは昨日偶然iTunes Storeで試聴して、「あ、これは買おう」と即決したものでした。いわゆるサーフ・ミュージックというジャンルで、Jack Johnsonの女性版とも言われるのがTristan Prettymanです。Jack Johnsonはかなりハワイアンですけれども彼女は西海岸風(?)な雰囲気があります。ほんわかし過ぎない感じがいですね。ロックです。他に似たタイプのミュージシャンとしては、フォーク・ロックよりですけれどKT Tunstallとか、さらにジャズも加わったNorah Jonesなどこういったタイプの女性シンガーソングライターは大好きです。

| 買い物 | 03:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラクエ本編が携帯機に来る時代になったんですね

よりによってPSPの誕生日に『ドラゴンクエストIX』のニンテンドーDSでの発売が決まるという家庭用ゲーム業界にちょっとした衝撃が走った一日でした。これまで一番売れているハードで出すという姿勢を貫いてきたドラクエですけれども、まさか据え置き機から携帯機へ移行するとは思っていなかったので、なんだか世代交代の風を感じてしまいます。

≫ Read More

| Game | 22:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

・『HARPER'S BAZAAR (日本版) 2007年01月号』
・『ピルグリム・イェーガー 6巻』 / 冲方丁・伊藤真美
2006121101.jpg

やっぱり北米版と同じ表紙でした。表紙でナタリーが着ているオードリー・ヘップバーンのドレスは先日チャリティーオークションで売れたらしいですね。およそ1億円だそうですが一体誰が手に入れたんでしょう。

| 買い物 | 15:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況

無線LANにしてPCまわりがすっきりしたかと思いきや、一番邪魔だったのは電源のコードだという事実が明らかになっただけでした。誰か作ってくださいよコードレス電源。いやむしろ電源レスPC。

それはそうと、こんな時期にシレンDSを予約してしまいました。また眠れ(ら)ない日々が続くのかと思うと辛くもあり楽しくもあり。なんだかあまりWi-Fiコネクションは意味がないソフトのような気もしますが…。ついでに待っていた甲斐があって『シーバー家』のDVDボックスが半額セール中なので一緒にAmazonで購入。

| note | 01:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マウスにとって一番重要なこと

今使っているのがロジクールのレーザーマウスなんですけれどやっぱりどうしても手になじまないところがあって、それがボタン部分の傾斜です。大抵のマウスって横から見ると下の写真のようにカマボコ型というか中央部が盛り上がっていて先に行くほど低くなっているものが多いですよね。

2006120902.jpg

ぼくとしては指先を曲げずに人差し指と中指を真っ直ぐ伸ばした形で押さえたいので、理想形は先端部分も設置面とほぼ水平な角度を保ったマウスです。そして左右対称ではなくて完全に右利き用の、親指と小指が完全にフィットする形状のものをできれば使いたいのです。今までに使ったマウスでこの条件を完璧にクリアしたものが、漫画家・士郎正宗氏がデザインしたマウス『M-MAPP1SM』でした。

http://www.elecom.co.jp/news/20021015/mapp/
2006120903.jpg

以前持っていたものはセンターホイールが効かなくなって残念ながらもう使えなくなってしまい、さらに現在生産終了品なのでなかなか手に入らない上に値段が高いのがネックで困りものです。見た目は変な形ですけれど一度使うともう手放せないくらい最高に手になじみます。先端部を垂直にばっさり切り落として真っ直ぐに伸ばした左右のボタン、そして左右非対称で絶妙にカーブしたグリップ部分が完璧です。かなり特殊な形状なので人を選ぶとは思いますが、もし手に取る機会があればぜひ握ってみてください。

著名漫画家がデザインしたマウスということで単にファンアイテムとしてしか扱われていなくて値段がちょっと高いのが残念なことであって、実際に使った人の評価は非常に高いこのようないい製品はもっとガンガン流通させるべきです。無線とか、ボタンが多いとか、そんなことは二の次にしてそもそもインターフェースとして最も重要なグリップ感というものにこだわったマウスをぜひ各メーカーさんには力を入れてもらいたいと切に願います。

| Computer / Internet | 00:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。