2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008022901.jpg 2008022902.jpg 2008022903.jpg2008022904.jpg 2008022905.jpg
2008022906.jpg

『エンブリヲ』の最終巻が出てたのでそれを手に取りつつ漫画コーナーを立ち読みしつつうろうろしていたら、メイドさんの表紙が目にとまって「なんだこの漫画」と思いながら読んでみたら将棋漫画だったのに驚いて、よく表紙を見ればそういえば将棋盤が描いてあるなあとか思いつつ結局全巻まとめ買い。将棋の技術的な部分はあまりクドクドと説明せず、ルールなど分からなくてもその勝負の熱さがしっかり伝わってくるのがすごく面白くて、最初の1巻で一気に話に引き込まれました。これは上手い。
スポンサーサイト

| 買い物 | 17:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の買い物

[VC]ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島
2008022506.jpg
スマブラX』にこのゲームのタイトル曲が収録され、GHMの高田雅史さんによる素晴らしいアレンジに感銘を受けて、そういえばファミコンミニでも出てたなあと思いつつバーチャルコンソールで購入。テキスト総当たりとかは別に苦じゃないのですが、コマンドやテキスト表示のレスポンスの遅さが一番苦労するところです。そのあたりはなにぶん昔のゲームなものですからしかたないのですが、最近のテキストアドベンチャーに慣れているとどうしても気になってしまうものです。それでも内容はすごく面白くて、日本の昔話の登場人物が総出演という感じで話の続きが気になる作品です。テキストの早送りができないことにイライラしつつものんびり進めていこうと思います。

[VC] カスタムロボV2
2008022507.jpg
これはほんとに神ゲー。面白すぎて困ります。初代は昔だいぶ遊んだのでサクっとシナリオ本編をクリアしてやろうと思ったらCPUにボッコボコにされました。

[漫画] ソムリエール (5) / 城アラキ・松井勝法
[漫画] ナチュン (3) / 都留泰作
[漫画] バーテンダー (10) / 城アラキ・長友健篩
[漫画] バイオメガ (4) / 弐瓶勉
[漫画] もやしもん (6) / 石川雅之
2008022501.jpg 2008022502.jpg 2008022504.jpg
2008022505.jpg 2008022503.jpg
『バイオメガ』は最近絵に編集者のテコ入れが見え隠れするような気がして何だかなあと思うんですよねえ。「全長48億キロメートルの建造物とか脳集波でアレするアレとかそんなものばかりじゃなくてもっと可愛い女の子出してくださいよ」って編集者に言われてるんだろうなあ。しかしキャラクターはだいぶ可愛らしくなりましたけれども内容は相変わらずゴリゴリの弐瓶味なのでこういう販売戦略もありかもしれません。人気がなくて打ち切られるよりはよほどマシですよね。1、2巻あたりで何だか今作は分かりやすい話だなあとか迂闊にも思っていたら、次第に変態的なほどハードな話になってきたので歓喜。

| 買い物 | 01:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日観てきた映画

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
2008021903.jpg

モリーって言う名前を聞くとどうしても黒髪ベリーショートで埋め込み式ミラーグラスをかけた黒レザースーツのお姉さんを想像するんですけれども、やっぱりモリィを実写にするならキャリー=アン・モスかなあとかそんなことを考えてしまいます。まあそんなニューロマンサートークは置いといて本題の『マゴリアムおじさん』ですが、素材はいいのに色々と残念な感じの映画でした。最初の予告編でダニー・エルフマンの曲が流れたときに「おおっ!」と思ってティム・バートン的なファンタジー映画を期待してしまったので、大きく期待外れとなってしまいました。言っちゃ悪いですけれど陳腐というか、子供だましのファンタジーという印象が拭えなかったです。ナタリー・ポートマンのファンとしての義務感にかられて観に行きましたが、ペタっとしたショートカットがすごく可愛らしかったのは唯一の救い。

| TV・映画・音楽 | 01:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『NO MORE HEROES』北米版と日本・欧州版

EU版発売を控えて全世界出荷40万本に迫ろうかというなかなか好調な売れ行きを見せている『NO MORE HEROES』です。北米ではすでに発売され、プレイ動画も上がり始めてきて日本版との演出の違いが見られて面白いですね。ぼくは全難易度で一回ずつ、合計3周プレイしました。Wiiリモコンをうまくアクションに取り入れていて、変な使い方はさせずに無理なく振って楽しめるという部分はさすがだと思います。

2008021901.jpg

前にも書きましたけれども国内版をプレイしていて一番気になったのが流血や身体破損描写の規制で、腕とか首が落ちないのはおかしいだろうと思ってしまいます。北米版の血がどばどば出るアレはやり過ぎだと思いますが、きちんと腕を斬られたら腕が落ちる、首を斬られたら首が飛ぶ、それをしっかりやってくれているという点では北米版をぼくは評価したいわけです。ただここで誤解しないでもらいたいのが単に首が飛べばいいってことではなくて、日本(あるいは欧州)で発売するにあたって北米版のあの描写がNGなのであれば、より違和感のない形に差し替えることができないのかということです。シノブやジーン戦で明らかに腕を斬られているのに何事もなかったかのように腕がそのまま付いている、あるいはホリー戦で手榴弾くわえて爆発したのに頭がコントみたいに黒くなるだけ、みたいなしかたなく表現を規制しただけというシーンがあまりにも浮いてしまっているので、そういう部分をなんなら別のシーンに差し替えるとかそういう配慮があってもいいんじゃないでしょうか。

2008021902.jpg

しかし日本版北米版どちらのほうが演出的によかったというと、実際のところどちらもいい部分があって甲乙付け難く、必ずしも北米バージョンのほうがよかったというわけではありませんでした。ホリーの場合は「私の顔を忘れないでね」という直前のセリフが生きてくるわけですからこれはもちろん首が吹っ飛ぶ北米版のほうがよかったです。とは言っても"私の顔を"になっているのは日本語字幕だけで英語のセリフでは単に"Never forget me."としか言ってないので、日本語字幕で北米版の映像だったらベストでした。それから北米版のほうがよかったランカーは2位のバッドガールで、トラヴィスに重なるように倒れた後の何とも言えない余韻が素晴らしかったです。逆に日本版のほうがよかったのは何と言ってもスピードバスターの死に方で、サングラスが飛ぶシーンとかその後シルヴィアが帽子を拾い上げるシーンとか、これは日本版でよかった!って感じました。その他はなんというかどちらでもいいかなという感じですが、無駄に飛び過ぎな血を除けば北米版のほうがいいんじゃないかと思います。

ということで今回は売上げ好調・評判も上々でトラヴィス3部作、次の作品に期待です。

| Game | 02:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008021701.jpg 2008021702.jpg

Wiiのバーチャルコンソールでスーパーファミコンのソフトを2本。「原曲は神、それ以外は認めないよ派」と「なるけアレンジは別曲と思えばこれはこれでいいよ派」が激しい争いを繰り広げている名曲"とげとげタルめいろ"の原曲が聴いてみたかったので『SDK2』を、それから『メトロイドプライム3』の日本発売が待ちきれなかったのでシリーズ最高傑作と名高い『スーパーメトロイド』を購入しました。2DメトロイドはGBAの『フュージョン』と『ゼロミッション』の2作しかプレイしたことがないので久しぶりです。

| 買い物 | 03:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウディ・アレンの『タロットカード殺人事件 ("Scoop")』を観てきたよ

http://www.wisepolicy.com/scoop/

2008021401.jpg

ウディ・アレンが最近ロンドンを舞台にスカーレット・ヨハンソン主演で立て続けに2本も撮って、なんでいつものニューヨークじゃないんだと思っていたら、すべてはこの映画のラストのための前ふりだったのかもしれません、たぶん。殺人事件と邦題には付いていますけれど、ミステリーとしてはまったくたいしたことがないので、そのへんには期待せずにいつも通り挙動不審な監督とひねくれたジョークを楽しむ映画です。今回はアメリカじゃなくてイギリスが舞台というところが最後のオチにじわじわ効いてきます。唖然ですよもう。車線の左右には気をつけましょうね。

正直スカーレット・ヨハンソンは全然好きなタイプじゃなくて、なんでアメリカ人はああいうのが好きなのかしらねと不思議に思っていたんですけれどもこの映画で化けました。メガネとかそういう問題じゃなくて、なんかもう、全体的にいい。ちょっとひねくれたウディ・アレンだからこそ彼女をああいう風に撮れたのかもしれません。アレンが撮ったスカーレット・ヨハンソンはすごく好きになりました。

| TV・映画・音楽 | 23:17 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の買い物

2008020801.jpg
64版GC版と比べて一番嬉しかったのが、Wi-Fi対戦できるっていうことです。CPU戦とはまったく質が異なる対人戦がいつでも誰とでもできるというのは最高ですよやっぱり。オンライン対戦ばかりやっていてさっぱり隠しキャラクターが出ていないので、ぼくがまだ出していないスネークとかソニックとかを対戦相手が使ってくると悔しいです。

2008020802.jpg 2008020803.jpg
生物學(バイオロジカル)ホラーという帯の文句につられて買ってみました。なんだか絵柄が古いなと思ったらけっこう昔の作品で、アフタヌーンで連載していた作品らしいんですけれどエンターブレインが復刊したようです。人気があったんでしょうか。さっそく読んでみるとホラー寄りの『寄生獣』って感じでした。イモムシみたいな寄生虫らしきものがでてくるんですけど、それが基本節足動物で子供を脊椎動物に産みつけてそこから脊椎を獲得して成体になるっていうものすごい胚発生のしかたをするんですよ。さらにアリみたいな社会構造をもっていて、女王が生んだ幼虫をワーカーが宿主に寄生させて、幼虫を宿した人間はいろいろすごい能力を使えるようになったり、なんか完全に虫に体中を乗っ取られて化け物みたいになったりっていうそんな漫画でした。めちゃくちゃグロいです。

2008020804.jpg 2008020804.jpg
読み始めてから何かがおかしいと感じて一体この妙な感覚は何だろうとよくよく考えてみたら、12巻は既に買ってました!やっちゃった。ダブっちゃった。11巻までしか持っていないと勘違いしてました。ジーンさんが死んでしまった11巻がぼくのなかでは最終巻だった模様。ジーンさんのいない12巻以降はもはや消化試合です。

| 買い物 | 04:04 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Apple製キーボードでWindowsの操作を快適に

最近MacBookにWindows XPをインストールして研究用のソフトなんかはもっぱらそちらを使っているんですが、キーボードがMac用なのでどれがどのキーに対応しているのかさっぱり分からなくて困りました。DeleteがBackspaceになってるから本当のDeleteキーどこだよ、とか、ひらがなにしたいんだけど「かな」キーどこだよっていうかXPもUSキーボードでインストールしたからそもそもねえよ、とか、そんなよく分からない状態だったわけです。そこで、なにかいいソフトないかなあと思って探したら「KbdApple」というものがありました。これはApple製キーボードでWindowsを操作するときに、Appleキーボードには存在しないキーを他のキーに割り当てたり、Mac OSで使っていたキーボードショートカットをそのままWindowsで使えるようにしてくれます。

2008020601.png

Comand+SpaceでIMEのトグルができたり、Command+Shift+3でスクリーンショットが撮れたり、Command+Deleteでゴミ箱にファイルを入れられたりするので便利です。普段Windowsも使っていますけれども、MacBookで使うときはしょっちゅうOS Xと切り替えながら使うので、こういうときはむしろWindowsでもそのままMac用のキーボードショートカットが使えた方が混乱せずに使えるので楽です。

| Computer / Internet | 02:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トーラウーマセーンター てーごわいアクショーン かーってくーるぞといーさましく

2008020101.jpg

表向きは「スマブラXが売り切れてたから仕方なく買っただけなんだからねっ」っていうアレですけれど、本当のところ一番の購入動機は「声優買い」だったんですよ。小山力也さんに関しては『ER』や『24』は観ていないのでそれほど気にしてなかったのですが、このゲームのプレイ動画を見ていたときに大塚芳忠さんの声が聞こえてきて「うわっ、なんか海外ドラマの吹き替えっぽい」って思ったのがきっかけでした。それからメインキャストの冬馬由美さんと柚木涼香さんも大好きな女性声優だったんですが、それは買ってから気付いて嬉しかったところ。意外とキャラクターボイスには力が入れられていていい感じですね。

まあそんなマニアックな理由は置いといて、現在チャプター6の中盤あたりまで進めまして、もちろん難易度はイージーですけど腕がつりました、リアルに。こんなに手が忙しいアクションゲームは『応援団』以来です。頭では分かっていても実際の手元の処理速度が追いつかないという、自分の反応速度の限界を試される感じで手ごわかったです。最初のうちはSランク目指して丁寧にやってたんですがもうそれどころじゃなくなってきて、ランクはとりあえずあきらめて駆け足で攻略中。

| Game | 18:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008013101.jpg

1月31日といえば誰もがスマブラXを買う日ですが、もちろんぼくのそのつもりでいたら不思議なことに手にしていたのはソフトでした。スマブラ売り切れかよ!発売日の夜に予約もせずに買えるだろうとあまく見すぎていたとは何という不覚。そのかわりと言うわけではありませんがこれをつい買ってしまいました。Zでもよかったんですけれど中古の割には高かったので、せっかくだから新作のほうにしておきました。フルボイスですし。

| 買い物 | 00:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。