2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008042601.jpg 2008042602.jpg 2008042603.jpg 2008042604.jpg
2008042605.jpg
スポンサーサイト

| 買い物 | 00:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

災難

バイトが終わって30分かけて大学に帰る
  ↓
大学に着く
  ↓
バイト先に大学の鍵を忘れてきたことに気づく
  ↓
研究室の誰かに電話して鍵を開けてもらおうと考える
  ↓
携帯電話を家に忘れてきたことに気づく
  ↓
家に帰ろうとする
  ↓
家の鍵もバイト先にあることに気づく
  ↓
誰かが偶然下に降りてきてドアを開けてくれるのを待つ
  ↓
誰も降りてこない
  ↓
バイト先まで30分歩いて戻る
  ↓
もうどうでもよくなったのでそのままカウンターで閉店までお酒を飲む
  ↓
大学に帰る
  ↓
今日のバイト代を全てそのまま店に返してきた事実に気づく ←いまここ

| Bar | 00:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008042401.jpg 2008042402.jpg 2008042403.jpg 2008042404.jpg

いつか一気に読もうと思っていた『ブラック・ラグーン』をとりあえず3巻までまとめ買い。最近ガンアクションものをよく読むような気がします。

| 買い物 | 17:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

VCでスペランカー先生を買いました

2008042001.jpg

下り坂でジャンプすると着地で死ぬとかコウモリのフンで死ぬとかいろいろ言われてますけれども全然クソゲーじゃないよ。むしろすごい面白いよ。500円で一生遊べるよ。ロックマンだってトゲ床に触れたらティウンティウンですし、そういうルールのゲームなんですってば。あまりにも理不尽であり得ない即死判定がこのゲームを有名にしたわけですが、アクションゲームとして見ればしっかり作り込まれてるいいゲームだと思いますよ。ジャンプする時は床の高さに気をつける、エネルギーが尽きないようにしっかりアイテムを回収してまわる、敵やトラップの配置と対処をしっかり覚える、それさえ気をつけていれば何度も何度もゲームオーバーの音楽を聞くたびにほんのちょっとずつ先に進めるようになっていることに気づくはずです。

| Game | 18:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008041601.jpg 2008041602.jpg

DS版バイオ1も終わらせたことだし次に何をやろうかと思っていたらAmazonでゲームキューブのソフトがすごく安くなっていたのでバイオ2のGC移植版を買いました。すっかりバイオ脳。それにしてもレオンが若いですね。4を先にやってしまっているのでちょっと違和感がありました。2ではハンクとエイダも出てくるので楽しみです。4を除いてバイオは基本的に探索ゲーだと思っているんで、戦闘はめんどくさいからいきなり隠しコマンドで弾数無限にして遊んでます。なので弾が切れる恐怖はないんですけれども、敵配置やカメラアングル、ムービーの演出などはすごいですね。けっこう恐いです。ここぞという所でびっくりさせてきますから。カプコン見直した。

タイドランドに関しては以前レビューDVDへの苦情を書いたのでそちらをごらんください。あれだけDVDの内容に関して文句を言っておきながら結局買ってしまいました。正直言って販売元には一銭も渡したくなかったんですが、中古に流れにくい作品ですしそのうち廃盤になられても困るのでしかたなく新品で購入。映画自体の出来は素晴らしいのにDVDがこんなものだと残念で仕方がありません。

| 買い物 | 14:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2回目

2008041401.jpg

攻略チャートでも見ながらじゃないと普通にやって3時間は無理\(^o^)/

| Game | 03:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖の館再び

バイオハザード Deadly Silence
2008041201.jpg

『バイオハザード』のDS版です。本作では初代PS版をそのまま移植したクラシックモード、敵やアイテムの再配置とDSオリジナルの謎解きを追加したリバースモードが収録されています。

GCのリメイク版は一度だけクリアした経験がありますがPSのオリジナル版はまったくの未プレイの自分がガチでプレイした結果、ジル編クラシックモードのクリアタイム4時間50分。加山雄三にはなれませんでした。中盤で弾が切れかけて本気でこれは詰んだかと心配したり、セーブをケチってたらゲームオーバーしてだいぶ前からやり直したり、研究所に入ってから敵は全力でスルーしたので存在が空気だったキメラ涙目とか思ってちょっと可哀想になったり、温存したマグナムでタイラントをフルボッコにした挙げ句ロケランでだめ押しの追い討ちをかける爽快感に酔いしれたり、久々に「ゲームらしいゲームをやったな!」って思いました。

バイオハザードシリーズの中で最もサバイバルホラーとしての恐怖感を強調した作りになっているバイオ1ですが、初代プレステ版から何度も移植・リメイクがされてきてその度に新たな遊びが詰め込まれてきた本作のDS版ならではの良さというのは何かと考えてみましょう。まず何と言ってもソフトがディスク媒体ではなくなったことによる圧倒的なロード時間の短さです。扉のデモをすべて飛ばせるというのは非常に快適です。読み込み時間を利用した恐怖の演出というあのロード画面こそがバイオハザードの醍醐味と言えますが、結局最後まで扉の画面は飛ばしてプレイしてしまいました。「ロード時間の短縮>>扉デモの存在意義」ですよ。ロードは絶対に短いに越したことはありません。それから、ナイフが常に装備されていていつでも使えたり、アイテム画面を開かずに銃のリロードが可能というバイオ4のシステムが組み込まれたことでさらに遊びやすくなっています。正直あんまり使いませんでしたけれどね。さらに実写のOP/EDムービーやゲーム中のキャラクターボイスなども携帯機で完全再現されているのは見所です。

逆に残念だというところもいくつかあって、まずはおまけの貧弱さ。これだけ何度も移植・リメイクされているんですからクリア特典が無限ロケランとコスチェンジだけでは物足りないと思ってしまいます。せっかくDSならではのワイヤレス対戦・協力プレイがあるのに、同じソフトを持っている人が周りにいないと全然できないので、そのワイヤレスモードのキャラクターが増えたってなあ…。せめてジルのコスチュームをもっと増やせと、こう言いたいわけです。それからエンディングの名曲「夢で終わらせない」もカットされているのが残念です。PS版の初代を移植ということで、きっとこのDS版でもあの曲が聴けるはずだと思ってワクワクしていた期待は夢で終わりました。

| Game | 03:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GCコントローラ新色で再販!

http://www.nintendo.co.jp/wii/controllers/index.html

64コンレプリカ販売フラグきたー

| Game | 13:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲しかったこと

2008040701.jpg

最近愕然としたのが、本屋に行ったときに漫画コーナーのマガジンZコミックスの棚からとうとう『KING OF BANDIT JING』が全巻撤去されてしまったことに気づいたときでした。ここ数年まったく売れていた様子はなかったので今さらまとめ買いした人がいるとは思えないですし、ついに店頭からも消えたかと思うと一番好きな漫画なだけに寂しいものがあります。『JING』は7巻まで出して無期限休載中(実質7巻が最終巻)、その後始まった新作『Q&A』も現時点で単行本1巻すら出る前に絶賛休載中という終わらない夏休みが続いている状態です。JINGはJINGであれで完結している感はあるのでQ&Aだけでも何とか続いて欲しいんですけれども…。

| | 23:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008040901.jpg 2008040902.jpg
2008040903.jpg 2008040904.jpg

| 買い物 | 23:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物


2008040601.jpg 2008040602.jpg

2008040603.jpg 2008040604.jpg

| 買い物 | 23:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴキゴキ動画(SP1)

『メトロイドプライム3』の最高難易度があまりにぼくにとってマゾゲーすぎて絶望したのでまた『バイオハザード4』ばっかりやってます。プライム3もあと難易度ハイパーでクリアすれば全部隠し要素が出せるのでなんとかクリアしたいんですが、いかんせんエネタンが足らなすぎる。ハイパーモードでゴリ押しできないのが辛いですね。これまでとプレイスタイルを切り替えないとクリアまではほど遠い感じです。ということで再びWiiのディスクスロットを占領したバイオ4ですが、今まであまりやっていなかったおまけモードを中心に遊び始めました。

2008040501.jpg

ウェスカーとハンクはほんとにバイオシリーズで絶大な人気を誇る2人ですが、なぜハンクなのかさっぱり分からなかったんですよ。出番はほとんどないし顔は見えないしほとんど喋らないし、そんなにハンクってすげーの?って疑問に思ってました正直。でも今までスルーしていたスコアアタックモード「The Mercenaries」をようやくまともにプレイしはじめてみたら分かりました分かりました。ハンク最高。これはハンクは俺の嫁と言わずにいられない。チェーンソー姉妹ですら即死させる「処刑」でゴキゴキと首を折りまくるわいちいち動きがカッコいいわでうん、これはいい死神ですね。

| Game | 05:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらためて見る『銀狼怪奇ファイル』

2008040101.jpg

昔セーターを脱ぐときこのドラマを思い出して恐くなったことがあるみなさんこんばんは。

突然見たくなって全話見直してしまったんですが、やっぱり今見ても面白いドラマですねえ。何がいいかってリアリティと非リアリティの混在で、劇中で使われたトリックは理論的には可能なもので実際に環境条件さえ整えてしまえば現実的にあり得ない話ではないような気がするわけです。例えば人体発火にしても、銀狼が推理したように高酸素濃度であったりリン(P)であったり静電気といった条件が整えば実際できなくもないような感じもします。そこから屋外ではこのトリックが使えないと考えた銀狼ですが、その後なぜか不可能であるはずの屋外で人体発火が起きてしまいます。犯人がそこで何を使ったかというと、ここからメチャクチャな話になっていくわけですが、特定の標的をピンポイントで発火させるようなマイクロ波を照射する銃なんてものの登場です。毎回登場するびっくりどっきりメカや「ねーよwww」ってう突っ込みどころ満載のトリック、そんな無茶な展開を楽しめるかどうかは人それぞれですが、そういったぶっ飛んだ設定が混ざっていることで面白さがグッと増しているんですよ。中途半端に現実的にするよりはこれくらいやってくれるとある意味すがすがしいです。

今のテレビでは絶対に自主規制してしまって出来ないような殺人描写がたくさん出てくるのも見所で、首は飛ぶわ発火するわミイラになるわ、今思えばよくやったなあって感じです。ヒロインが主人公の姉っていうのも珍しいですね。この『銀狼』といい、その前にやっていた堂本版『金田一』といい、あの頃は面白いドラマが多かったなあと懐かしくなってしまいました。これはDVDが出てたら欲しいくらいなんですけれども大人の事情で今のところビデオをレンタルするくらいしかないので残念です。

| TV・映画・音楽 | 02:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物



ノーコメント

| 買い物 | 01:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。