2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しつこいようですが『BIOSHOCK』レビュー再び

世の中にはお使いゲーと呼ばれてしまうものがあります。それはゲーム中でどこどこへ行け、何々をしろ、何かを取ってこい、そんなお使いの繰り返しがあまりに目立つと貼られてしまうレッテルですが、言ってしまえばゲームなんてすべてお使いですよ。クリアまでの目的があってそのためにしなくてはいけないことをせっせとこなしていくわけですから。そこに疑問を持ったらすべておしまいです。お使いゲーとは逆に箱庭ゲーというのもありまして、何をしたら終わりということもなく与えられたフィールド上で好きに遊べる、あるいはきちんと目的はあるにしろ手段の自由度が非常に高いというゲームです。『どうぶつの森』とか『GTA』なんかがそれにあたると思います。ただ、どんな形のゲームにしろまず最初に与えられるのは主人公(=プレイヤー)の設定といくつかのゲーム上のルールであって、それを了解した上で得られる自由があるという点はだいたいどんなゲームでも変わりはありません。

2008092901.jpg

とまあ、まずそんな前置きを話したところでまた『バイオショック』のレビューを始めます。この作品に関しては、恐縮ですが、一度は一切攻略情報を見ずにプレイすることを激しく推奨したいというのもあって、クリア後の人たち向けのシナリオ考察とかはあまり書きたくないのでなんとなく靄に包んだような言い方ばかりになってしまいますが、そこはご了承ください。

2008092902.jpg

まずラプチャーという世界の構築があまりにリアルで細部まで行き届いているために、プレイヤーにとってプラスミドやジーントニック(ジントニックじゃないよ)、ヴィタチャンバーといった設定への無条件の信頼感が生まれていることが制作者によって仕掛けられた罠のひとつだったと今になって思いました。オープニングでストーリーを長々と語るナレーションもなく主人公がたった一言二言しゃべるだけでムービーがくるかと思いきや突然のゲーム開始、どうやら信頼していいらしいアトラスと名乗る人物の無線だけを頼りにグロテスクなクリーチャーが彷徨う海中都市ラプチャーを探索していく主人公、プラスミドと呼ばれる特殊能力がありそれを駆使して戦っていくことの学習、何が何だか分からないうちに必死に操作や戦い方を覚えながら物語が同時に頭に入ってきた結果として完全にプレイヤーが主人公ジャックと同化してしまいます。なぜこんなことになったのか知りたい、ここで生きている人々の間で何が起こっているのかを知りたい、ラプチャーのことをもっと知りたい、だからゲームを進める。自分の中でこのゲームをプレイするはっきりとした目的が生まれた瞬間でした。そして物語終盤までにはすっかりこの世界で生き延びる方法、戦い方を覚え、アトラスやライアンといったラプチャーの住人たちの人間関係も徐々に明らかになり、じゃあそこで紛れ込んできた自分はこれからどうしたらいいのだろうかと思い始めた矢先に衝撃のどんでん返しですよ。その種明かしは別にこのゲームが最初っていうわけじゃなくてこれまで小説や映画でも使い古されてきたであろう手法であるにもかかわらず、非常に大きな驚きがありました。それはこれがゲームだったから、FPSだったからです。このシナリオを直接体験したのが映画の中で客観的に見られる主人公でもなく、自分がこれまで動かしてきて完全に自分の分身となっていた主人公が体験した出来事だったからこその驚きがそこにありました。言われた通り動いてた結果がこれだよ!っていう。このシナリオのためにこういうゲーム性にしたのか、あるいはこのゲーム性だからこそ受けるであろう批評を逆手に取ってこのシナリオにしたのかは分かりませんが、どちらにしろすごいものを作ったなと感心する出来栄えです。すべて知った上で始める2周目以降のプレイが面白くて仕方ないです。

2008092903.jpg

難易度も高くないしFPSとして目新しい所もないただのお使いゲーじゃんと言われても仕方がない中身を、シナリオと世界観の作り込みによっていい意味で誤魔化したというか、そのゲーム性さえシナリオに組み込んだというのはなかなか面白いことをやってくれたじゃないのと思いました。ゲーム中の音声メモや会話をしっかり聞いていくほど面白みが出てくる作品でもありますので、恐縮ですが、戦闘中でもがんばって聞き耳を立てて日本語オール吹き替えの素晴らしい音声に注目して遊んでいただけたら幸いです。セリフをしっかり頭に刻み込んだら、次は英語オリジナル音声に切り替えてキャラクターごとの「なまり」の違いなんかも楽しみつつ遊んでみるとよりこのゲームに愛着がわいてくること間違いなしです。
スポンサーサイト

| Game | 09:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『BIOSHOCK』の衝撃

バイオショック Xbox360版
2008092501.jpg

ここ数日朝までぶっ通しでプレイしてました。これはXboxを持っているのにプレイしないのはハードの無駄遣いと言わざるを得ない傑作。むしろハードごと買って遊ぶ価値は十分にあります。このためだけに3万出しても余裕で精神的にお釣りがくる作品。ビル・ゲイツはさっさとこれを日本で本体同梱にしてFPS市場拡大を目指すべき。とかなんとかいきなり絶賛してしまってマイクロソフトの回し者じゃないですけれども、プレイして心の底から本当に感動してしまい、いきなりぼくのオールタイムベストゲームTOP10に入り込んできたのがこの『バイオショック』です。何が凄いかって、まずそもそも肝心なゲームシステム、それからシナリオなどのストーリー設定とその演出、さらに圧倒的なグラフィック、何を取っても素晴らしいところだらけです。久々に長文レビューが書きたくなったゲーム。

いわゆるFPSというジャンルで1人称視点のアクションゲームなのですが、非常に欧米では人気のあるジャンルであるにもかかわらず日本でまったくと言っていいほど売れないタイプのゲームです。実際ぼくも視点や操作方法の面ですごく苦手なジャンルでしたし、戦争ものとかばかりのイメージだったので全然遊ばなかったのですが、『バイオショック』の面白いところはどちらかというとアドベンチャーあるいはRPGに近いゲーム性だというところです。60年代のレトロなSF観満載の海中都市を練り歩き、グロテスク姿をした敵と戦いながら膨大な量のダイアログを聞き、次第に謎が明らかになっていくという非常に冒険心を掻き立てられる舞台とシナリオが揃っています。このゲーム、最後までずっと1人称視点のままゲームが進み、プレイ中にコントローラから手を放してムービーを見るという行為がまったくと言っていいほどありません。オープニングからクリアするまでに操作していない時間は数分くらいしかないように感じましたし、ほんとうに実際それくらいだと思います。初プレイで誰もが驚く一番最初の海のシーンで「え!?これムービーじゃなくてもうゲーム始まってるの!!!」っていうとにかく映像を見せるより実際にプレイヤーに操作させるという作り方には驚愕、そして感嘆。じゃあこのゲームではどうやってストーリーが語られていくかと言うと、あちこちに落ちているダイアリーと呼ばれる音声メモによって断片的に語られる情報と、仲間や敵とのプレイ中に入るリアルタイムな会話、それらを聞きながら進んでいくということになっているんですね。もちろん全部あとでメニュー画面から聞き直せますが、そんなことをしていると時間がかかりすぎるので取ったその場で聞きながら進んでいくことになります。これがまたゲームの臨場感を高めることになって、「ゲーム→ムービー→ゲーム→ムービー」みたいに変にプレイを中断されることがなく、すべてのことが同時に進んでいくというまさに自分がその場にいるかのようなリアルな感じを体験することになります。FPSのゲームではプレイ中画面には主人公の手しか映らないのが特徴ですが、このゲームではそれを究極まで突き詰め主観視点以外の視点はゲーム中一切無く、さらに「手しか映らないエンディング」という離れ業をやってのけ、ラスボスを倒してからオープニングタイトルに戻るまでたった2分というクレジットもないあっさりしたエンディングにもかかわらず非常に印象的な感動のラストとなっています。

しかしどれだけストーリーと演出が良くてもあまりに難しかったらやる気が起きませんよね。大丈夫です。めちゃくちゃ簡単です。難易度イージーでやればラスボスすら正面から特攻で余裕です。わざわざ高い難易度で遊ぶメリットも実績獲得とスリルくらいしかないので、とりあえずゲーム全体をしっかり味わうにはイージーで十分。敵のAIが非常に優秀で、さらにステージのギミックや主人公の能力も使い切れないくらい様々なものがあり、工夫次第でいろいろな戦い方ができるのもこのゲームの醍醐味のひとつなのですが、イージーでやればそういった自由度の高さをうまく使ったスーパープレイをすることもできれば、一方こりゃダメだと思ったらさっさと殴るなり撃つなりしてケリをつけることもできますから。難易度設定にかかわらず次はどこへ行けばいいかなどのヒント機能は親切すぎるほどたっぷりあり、基本的に迷ってどうしようもなくなることもないので戦闘以外の難易度も洋ゲーのくせにとても低いです。ゲームの面白さというのは難しさではなくて、どれだけ色々な遊びができるかという攻略の間口の広さと深さなんだということをしっかり意識して作られているようなそんなゲームだと思いました。なのでFPS初心者、というか初めての人には本当におすすめできる遊びやすさだと思います。

それから最後にもうひとつこれはイイ!と思ったのが日本語吹き替え。基本的に文字を読むゲームではなく完全に音声会話のみで進むゲームで、しかも全部歩き回りながら、へたすると戦闘しながらダイアログを聞くことになるので字幕だと読んでいる余裕がまったくないんですね。そんなゲームなのでこのXbox版の日本語吹き替えというのはとても助かります。欲を言えば、これは吹き替え音声でしか遊べないので(本体設定を英語にすれば英語音声日本語字幕で遊べるらしいよ!すごい!)、英語音声に切り替えても遊べると2周目以降のプレイがより楽しめたかなとは思います。ある程度字幕を読む余裕ができたら英語版もぜひ遊んでみたいですね。

| Game | 15:25 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008092201.jpg 2008092202.jpg 2008092203.jpg

3作全てに共通するキャストはナタリー・ポートマンさん。

| 買い物 | 03:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はこまるさん

わっしょーい

2008092001.jpg

| 買い物 | 20:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いろいろ残念だった『スターウォーズ / クローンウォーズ』

2008091801.jpg

スターウォーズを観ても全然ワクワクしなくなってしまったのはなぜなんだろうと思いました。オープニングであらすじが斜めに流れていくいつもの演出が今回なかった時点で軽く醒めてしまった感はありましたし、オールCGというのも確かに素晴らしく綺麗な映像でしたがいまさらそれくらいで驚くぼくじゃありませんし、前回のEp3で一通りの話の流れは終わってしまって間を埋める話で何とか作ったという感じが否めない今作ですし、なんというか、スターウォーズに期待するいつものお約束も新しい驚きも何一つとしてなかった作品でした。正直言ってゲーム用かテレビシリーズ用にでもしたほうがよかったんじゃないかっていうシナリオ。キャストはサミュエル・L・ジャクソンなど実写版と同じ人が声を当てている登場人物もいますが、アナキンやオビ・ワン、パドメは実写版とは別の声優になっています。その中でも特に気になって仕方がなかったのが、ナタリー・ポートマンはぼくがハリウッド俳優の中で唯一声だけで認識できるくらい好きな女優さんなんですが、パドメのキャラクター造形は明らかにナタリー・ポートマンの顔で作っているのに声は別人というところが違和感ありすぎで、ファンとしてはちょっぴり悲しかったり。

| TV・映画・音楽 | 01:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iTunes8

2008091704.png

iTunesを8にしたらGenius sidebarとかいうものが加わってアプリケーションのウィンドウが3カラムになってしまって横幅が足らなくなりました。横方向のスクロールバーが出るのは気持ちが悪いのでちょうどぴったり表示される幅に調整していたのに、さらに右側にサイドバーが増えたものですから非常に困り者。Geniusはこれはこれで面白いのでせっかくの新機能だから表示しておきたいのですが…。最近よくあるFlashを多用したWebサイトなんかもそうですけれども、大きなディスプレイを使っていることを前提にデザインされると小さい画面の場合見づらいことが多いですよね。ぼくのMacは1280*800なのでそれほど小さいというわけでもありませんが、やっぱりもっと大きい画面が欲しいと思うときがしばしばあります。iTunesもバージョンアップにしたがって1画面に表示される情報量が多くなってきて、小さなモニタでは足らなくなってきてしまいました。

| Computer / Internet | 01:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008091701.jpg 2008091702.jpg 2008091703.jpg

そういえばまだこの2本は買ってなかったなと思ってキューブリックを2作購入。両方とも地味な作品ですがけっこう好きな映画です。

『スカイ・クロラ』はまだ映画は見ていないのですがサントラを偶然CDショップで見つけたのでついつい購入。どんなものかなと思って通してゆったりと聴いてみましたがこれは中々のもの。しっかり聴き込めばかなり濃密な時間を過ごせますし、逆に思考を邪魔しないようなBGMとしても使えるお得な1枚。映画のほうを観るのが楽しみになってきました。

| 買い物 | 01:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2008091601.jpg 2008091602.jpg 2008091603.jpg
2008091604.jpg 2008091605.jpg

| 買い物 | 00:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『FFTA2』をいまさら遊んでみたレビュー

2、30時間くらいあればクリアできるだろうとたかをくくっていたら、あまりに多いサブイベントのおかげでまだメインシナリオが半分くらいしか進んでいなくてこれはどうしようかと現在困り果ててるところ。1週間ほど出かけていたのでその間の暇つぶし用にと思って買ったのですが、まだしばらく遊べそうです。

2008091401.jpg 2008091402.jpg

良かった点
  • キャラクタの行動順などの情報が2画面のおかげでかなり見やすくなっています。『タクティクスオウガ』や『FFT』では素早さ順に行動するのでターンの回り方がとても複雑になっています。今まではメニューを開いていちいち確認していましたが今回は行動順が別画面に常に表示されていて、さらに現在動かしているキャラクタがその時点で行動終了した場合次にターンが回って来るのがいつになるかなどの予想も瞬時に表示されるので非常に遊びやすくなっています。正直TOとFFTはそれが分かりにくくて面倒くさくなって積んだので、この機能のお陰で今回は最後までプレイできそうです。
  • FF9と同じく装備品からマスターするアビリティシステムがかなり膨大な量で、ジョブチェンジも加わってキャラ育成の幅が広くなっていると思いました。ただ、その分時間と手間が非常にかかるので、手っ取り早く育てるためにアビリティポイントの入手量をアップさせるクランアビリティを頑張って早いうちに取ってしまわないと苦労します。
  • サブクエストがかなり多く何度でも挑戦できるので資金稼ぎやレベル上げが自由にできるというのは便利でいいです。そういう点でもこのゲームはいろいろなキャラを育てて遊ぶというところに面白さを置いているのかもしれません。
  • 「派遣」システムによって戦闘時間短縮ができます。シミュレーションRPGの性質上ひとつひとつの戦いに時間がかかるのですが、仲間を派遣して数日経過させることで勝手にサブクエストをクリアしてくれるシステムがあって、それによってかなり手間をかけずにいろいろ稼ぐことができます。
  • 戦闘に参加していないキャラクタもAPはもらます。したがってアビリティだけ低レベルのうちにマスターさせられるのでどのジョブでレベルアップさせるかなどを考えつつ高ステータスを目指して育成していくことがやりやすくなっています。そのおかげで、ベンチ入りメンバーもアビリティだけはいい感じにそろうのでメインのチームだけしか育たないということがなくて便利です。

残念な点
  • 汎用キャラの名前が自由に付けられずあらかじめ決まっている中からランダムで選ばれるので、『オウガバトル』シリーズみたいにメンバー全員好きな名前をつけて遊ぶことができなくなっています。主人公の名前とチーム名は好きに決められるのに、汎用キャラの名前が自由に決められないというのはなんだか理不尽。これだけいろいろなアビリティとジョブがあって編成画面をいじっているだけでも楽しいゲームだけに、そこがちょっと残念。
  • 汎用キャラに性別の概念がない、自由に汎用キャラを雇用できない(雇用イベントを起こすことで可能ですが、いちいち時間だけが無駄にかかって非常に面倒)なども、自由なキャラ育成を楽しみたいという意味ではその面白さを潰してしまっているような気がします。
  • ストーリーが空気。メインシナリオを忘れるくらい膨大なサブクエストがあるのに加えて初代FFTやタクティクスオウガシリーズのように重厚なシナリオがあるわけじゃないので、そこに期待していたわけじゃないのですがちょっと拍子抜け。そこであと一言二言くらいは喋ろうよっていうところでいつも終わるなんだか消化不良な会話シーンが続きます。


縛りってほどでもないですがアタックチームは主人公以外ヴィエラ族のみのうさみみ縛りで遊んでみました。ヴィエラは武闘派にも魔法使いにも育てられてだいたい何でも出来るのでメンバー的に何の苦労もなく、縛りプレイの意味がまったくありません。今作ではロウを破ることによるペナルティが実質ほとんどないと言っていいので、ヴィエラに不利なロウが出たら全力で破るのみ。

| Game | 17:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の買い物 - ゲームいろいろ

2008090702.jpg 2008090703.jpg
2008090704.jpg 2008090705.jpg

箱丸さんがついにうちに来ることになったのでソフトだけ買っておきました。なぜアイマスが2本あるのか。本当にアホな話ですが、バイオショックだけだと暗くて気が滅入りそうだから息抜き用に簡単に遊べそうなアイマスも一緒に・・・とおもむろにパッケージを手に取って「お、新品のくせにやけに安いじゃん」とか思って(2,900円くらいだった)レジに持っていって買って家に帰ってから気付いたのが、

続編の『Live for You!』を間違って買ってしまった。

という悲惨な話でした。知らねぇよそんなんあるの!パッケージ似過ぎじゃコラ!ダウンロードコンテンツどころかソフト本体を買う時点でさっそくアイマス商法にひっかかりましたとさ。返品するのもあれなんでせっかくだから遊ぶけど、なんか悔しい。

| 買い物 | 23:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出たー!クラウザーさんの実写映画レイプだぁ!!

観てきました『デトロイトメタルシティ』

2008090701.jpg

まず思ったのが原作とまったく反対の見せ方をしてるなってことで、漫画ではどちらかというと根岸くんがクラウザーさん化するところに面白さがあったわけですよ。見た目は根岸くんでも本質はクラウザーさんっていう。でもこの映画では見た目はクラウザーさんでも中身は根岸くんっていう方向性で、何というか、より安直に感動を呼びそうな青春映画風演出になってるんです。ただそこは実写映画化にあたって決して間違いじゃなかったとは思います。原作をそのまま再現すると本当にとりとめもない内容になってしまいますから。だからこの映画単体で見れば確かに面白いですし、漫画原作付きの邦画のわりにはかなり頑張ってるほうです。でもDMCファンが求めてるのはこっちじゃなかったんですよねぇ。ちょっとその点で残念だったのと、原作と別物と思えば意外と面白かったのとで気持ちは半々ってところです。

| TV・映画・音楽 | 23:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8年たって『Final Fantasy IX』をいまさらプレイ

2008090201.jpg

正直言ってFFはスーファミまでで後はクソだと思ってたほうなんですが、食わず嫌いなところもあったので9を最近暇を見てはちょこちょことプレイしています。

前言撤回。9は認める。いまさらですけど。

絵本の中のファンタジーみたいな世界観や、最近のFFみたいにキモくない低頭身のキャラクターたち、装備を変えるのが楽しいアビリティシステム等々、戦闘開始時の異常に長いロード時間さえ目をつぶればかなり楽しめる作品でした。探索・戦闘パートの合間に会話やムービーのシーンがけっこう挟まるんですが、意外とサクサク進みますしそれほど迷うところもないのであまり長ったるい印象はありません。20時間ほどプレイしてまだディスク2なのでディスク4まで行くにはまだまだ遠いかもしれませんが、これくらいのペースならばまだやる気が続くのでちょうどいい感じです。今回まだ飽きていないのは収集要素を最初から諦めているからで、なるべく取れるアイテムは取っていってますが、期間限定のものや盗めるものまでいちいち全部集めながら行くとホントにただの作業ゲーになってしまうのでそれをすっぱり諦めて、一切攻略情報を見ずに、盗むのもほどほどにしてまったり進むことにしています。FF5、6、7はそれであまりに進みが遅くて飽きて放置しましたからね。「ぬすむ」とか「青魔法」が出てきたあたりからFFはめんどくさくなったような気がします。敵がすべてアイテム盗みと青魔法ラーニングのための存在に思えてしまうので、毎回大変なんですよ。初見の敵は倒さず殺さず盗むだけ盗んで魔法を使わせて覚えて・・・ということをやっているとただすべての敵に会うのが目的にすり替わってしまい、本来の目的を忘れてしまいます。クリア後にも全部集められるとかならいいんですけれども、大抵は一度逃がしたらもう取れないとかもう会えないアイテムやモンスターがいますから、困ったものです。コレクター体質の人には面倒なゲームが増えてきました。みんなゼルダみたいにクリア後にいくらでも遊べてコンプリートできるゲームならいいのにね。

| Game | 19:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Xbox360が安くなるらしい

これでちょっとは購入意欲がわいてきたので、何か一緒に買うソフトはないかと必死に探してみたんですけれども、まさに本末転倒。「ハードは遊びたいソフトがあって仕方なく買う物である」という山内組長の言葉が頭をよぎります。やりたいソフトがないのなら買う必要ないじゃない、というわけですね。でも360があったらあったでやってみたいソフトもあるにはあるので、この際買ってもいいんじゃないかなあと悩んでいるわけですが、購入候補としていろいろ考えてみたのが以下のリスト。とりあえずハードを持っていたら買うけれども、ハードごと買うにはいまいちそこまで食指が動かないというのが問題点。うーん。

●アイドルマスター
これだけ話題になっているとそんなに面白い物かと思って興味もわいてくるので。今のところ最初に買うソフト候補1番目。でもオンラインで追加で買える衣装カタログを見ていたら一体いくらつぎ込むことになるのか不安で仕方なくて恐いので保留。

●トラスティ・ベル ~ショパンの夢~
トライクレッシェンドと桜庭統なので。でも何十時間もかかるRPGは正直もうやる気がしないのと、PS3で完全版が出るのが悔しいので保留。

●Too Human
シリコンナイツへのお布施なので。エターナルダークネスの続編が出るまであきらめない。でもこれのためにハードごと買うほどデニスを愛してないので保留。

●CLANNAD
人生だそうなので。というか一度ギャルゲーをやってみたかった。でもハードと一緒にこれを買ったら負けかなと思っているので保留。

●デッドライジング
ゾンビ大好きなので。でも難しそうなのと、Wiiでもリメイクがもうすぐ出るので保留。

●Bioshock
SF的世界観がとても面白そうだったので。FPSだけどストーリー重視でアドベンチャーゲームとしてとても良さそうな感じのところが気になっていた作品。ハードと同時購入の第2候補くらい。でもFPSをコントローラのスティック操作で上手くやれる気がしないので保留。

結局遊んでみたいソフトはいくつかあれどもこれといってキラーソフトがないのがどうしようもないんですよねえ。『バイオハザード5』は正直1と4でこれ以上の物は望まないくらいお腹いっぱいですし、『FF13』は光速の異名を持ち重力を(略)ですし・・・。そういえばWiiを発売日からだいぶ経ってからなぜ買ったかと言えば、『バイオハザード4』のWiiエディションが遊びたかったからでした。あれはスティック操作が苦手なぼくにポインティングでのガンアクションの面白さを教えてくれた本当にすごいゲームでした。うちのテレビが最新のゲーム機の映像美を十分発揮できるようなものじゃないので、360とかPS3の場合何かシステム面でよほど画期的な進化があるものじゃないと買う理由が見つからないよ。

| Game | 22:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。