2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『F.E.A.R.2: Project Origin』(Xbox360英語版)クリア後レビュー

ちょっと長いレビュー書きます。とりあえずシングルプレイはさくっとクリアして、最高難易度でクリアとマルチプレイ限定以外の実績は全取得しました。全体通しての感想としては思っていたほど恐くなかったというのと、FPSとしてはかなり簡単だったというあっさりした印象でした。しかし、その点を差し引いても十分面白いゲームだったと思います。1周10時間弱くらいなので最後まで緊張感を維持できる程よいボリュームでした。たぶん前作をやっている人にとっては1からあまり進化が見られず、恐怖の演出や賢い敵AIなどを生かしていない作りが不満点かもしれませんが、今作から初めてF.E.A.R.を遊んだぼくとしてはそれでもなかなか楽しめるものでした。ただそれでも不満点がないわけではなくて、ちょっとそれはないだろうという部分がちらほら見受けられました。

2009022501.jpg

(1) あんまり恐くない
これが一番拍子抜けしたところですね。前作をやっていないとは言ってもプレイ動画などはちょくちょく見ていたので、1でどれくらい恐い演出があったかっていうのは分かっていたつもりでしたが、ある程度恐さに慣れていたとはいえ2は全然でした。トイレとか梯子とか、いくらでも仕込む場所はあったにもかかわらず何もなく終わった所が多すぎます。何か出る所でも、画面が乱れて幻影みたいなのが突然現れてフッと消える演出ばかりで毎回毎回捻りがなさすぎます。トイレの個室をひとつひとつ開けて調べるたびに何か出るんじゃないかとビクビクしていたときが一番心臓に悪いという皮肉な結果に終わりました。しかも恐怖演出の要でありこのゲームのキーパーソンと言っても過言ではないパッケージにも大きく載っている幽霊少女アルマちゃんがけっこう可愛いのが問題で、むしろ出てきてくれたほうが嬉しいというか、全裸で抱きついてきたりするわけですから、いやそれ恐くないじゃん、と。むしろエロいわ。

(2) カバーポイントを作る意味がない
今作の大きな目玉として、その場に置いてある机やら棚やらソファーやらをゴロンと立てかけて、身を隠すためのカバーポイントにできるというのがあるのですが、正直これがまったく役に立ちません。ほとんどの場所では柱やら壁やら最初からいくらでも隠れる場所があるので、わざわざ部屋の真ん中まで行って机を転がす意味がありません。むしろ狙われて危ないです。この要素を生かすならば初期状態では隠れる場所がほとんどないようなフィールドでそういうカバーに使えるオブジェクトを適度に配置しておけばいいわけで、そうじゃなくてただ申し訳程度に置いてあるんですからまったく意味が分かりません。実績で50ヶ所以上のカバーポイントを作るというものがあるのですが、それのためだけにせっせと机をひっくり返す作業をするハメになりました。

(3) セーブがオートセーブひとつのみ
細かくオートセーブが入るので、死んでしまってもだいたい直前からすぐやり直せるのはいいんですが、残せるセーブデータがそれひとつなのは困ります。例えば途中まで進めたデータがあってそれとは別にまた最初から遊びたいという場合、最初から遊ぶとそれがオートセーブポイントにくると勝手に上書きされるので、その前に進んでいた所からのセーブは消え去ります。ただ、パワーアップアイテムやテキストログの取得情報、実績に関わる特定の武器での敵の殺害数などは失われませんし、一度クリアした章からはいつでもその先を続けられるミッション選択もできるので問題はないのですが、かなり面倒なセーブ形式だと言えます。

(4) 画面揺れが邪魔くさい
歩くときの揺れなんですが、ぼくがこういうタイプの揺れがあるFPSをやったことがないせいかもしれませんけれども、グラグラしていて見づらいです。実際に人間が歩くときにはそのあたりの視線の揺れは脳内で打ち消されるんでしょうけれど、ゲームの場合テレビの画面が揺れるので無視し様がないくらいもろに影響を受けます。幸い酔いはしませんでしたが、歩くたびにフラフラと微妙に揺れるのが気になって仕方がありませんでした。ダッシュするときだけ大きく揺れるとかそういう演出にすれば良かったのにって思います。

2009022502.jpg

逆に『F.E.A.R. 2』のここは良かったっていうところはと言うと、

(1) Slow-moや格闘技がカッコいい
周りの動きが遅く見えるSlow-moの能力を使うと、まるでジョン・ウー監督の映画を自分で動かしているかのように銃弾が飛び交う中を戦えます。前作ではできた二丁拳銃が無くなったのは残念ですけど。敵の動きがものすごくゆっくりになるのでエイムが苦手でも余裕を持って敵を狙えてFPS初心者でも簡単に遊べますし、全てがスローになる演出が単純にカッコいいです。そしてFPSとしては異例の格闘技最強伝説。スライディングキックで全員一撃で倒せます。死因は足の骨折でしょうか。ジャンプしながらのライダーキックみたいなのとか、回し蹴りとか、とにかく素手で戦うのが一番強いという変わり種のゲームです。格闘技メインでも十分戦えるというのも銃弾をかわしつつ接近戦に持ち込みやすいSlow-moの能力があるおかげですし、やはりこのゲームの肝はSlow-moにあると思います。

(2) どの武器も使い勝手がよく、けっこう好みで選べる
基本的に万能なアサルトライフルかサブマシンガンをメインの武器にしつつ、あとは適当に好きな銃を持っていれば何とかなるので、色々な銃を試しながら遊ぶことができます。釘撃ち銃で敵を壁に張り付けまくってもよし、他のゲームでは大抵役立たずでただの男のロマンな武器なことが多いけれども本作では意外と強い火炎放射器で汚物を消毒するもよし、さらにレーザー銃や最強のホネホネビーム銃など変わった銃もあり、銃や弾は次々と手に入るのでネタ武器は弾が切れたら使い捨てるくらいの気持ちでガンガン使って行けます。個人的には釘撃ち銃が面白くて壁中に張り付けられた敵がぶら下がってる光景が日常茶飯事です。

(3) 強烈なゴア描写とオカルトホラーなストーリー
このゲームが日本で発売できない理由としてグロ過ぎるっていうのがあるんだと思いますが、血だらけでバラバラになった死体の山ばかり出てくるんですから仕方がないですね。そういう表現としてキツすぎるっていうのもありますし、最近のゲームは映像がリアルになって余計直接的に視覚に訴えるグロさがありますから。ただ、危ない発言かもしれませんがこれくらいやってくれるとやっぱり面白いんですよ。ゲームとして。単純にすげーなって感心してしまうっていうのが正直なところ。ゲームに限った話じゃありませんがこういう表現を作品中に入れることに批判は多いですけれども、レーティング制度をしっかり作って、見たくない人、見るべきではない人への配慮を忘れなければ大丈夫だと思うんですけれどね。あまりこういった作品が表に出てくるべきではありませんが、一方的に排除されるというのは残念なことです。

(4) キャラクターのモデリングがいい感じ
これはあんまり恐くなかったっていうところとかぶるんですが、洋ゲーのわりにキャラクターがケバケバしくないんですよ。感じかたは人それぞれですが、アルマなんかは少女版も大人版もすごく可愛くできてますし、一番最後まで主人公と行動を共にするチーム内で唯一の女性メンバーであるストークス中尉とかもかなり誰が見ても美人なつくりですよ、たぶん。おへそとか三つ編みとかホクロとか。少なくともぼくはこのゲームのキャラクターデザインはかなり好きでした。

2009022503.jpg

前作と比較して本来の見所であるジャパニーズホラー分の欠如やアクション面での進化のなさ、そのあたりに引っかかりを感じるものの、間違いなく単品のFPSとして見ればかなり高クオリティな作品だとは思います。最近の傾向としてコアゲーマー向けではない比較的手軽にクリアできる方向に向かうゲームが海外でも多いような気がするのですが、こういうものはこういうものでプレイヤーの間口を広げるのにいいことだと思っています。とにかく難しいゲームという印象しかなかったFPSですけれども、別に最近Xbox360を買ったからというわけではありませんが、ぼくでもできそうだと思えるような作品がちらほら現れて手を出すようになりましたし、アクションゲーム的な難しさを突き詰めて行くだけでなくシナリオや演出を重視して凝った作品もあるというのがいいですね。
スポンサーサイト

| Game | 15:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【プチ貞子と】F.E.A.R.2: Project Origin【全裸女】

2009022201.jpg

日本語版を待ってもおそらくPC用しか出ないと思うので、Xbox360の英語版を買いました。シナリオが前作のエンディングからそのまま続きで、前作を一切プレイしていない&英語に疎いぼくではちょっと物語を把握しきれない部分がかなり多くその点では不安なのですが、それはおいおい誰かが和訳してくれるのを読むとして、ゲーム部分だけでも十分楽しめるので良かったです。

内容は基本的にはシンプルなFPSです。それに加えてホラー演出が多く含まれ、霊的なものが現れたり、プレイヤーをびっくりさせるような演出があります。これらのホラー要素は日本のゲーム『零』シリーズからの影響が非常に大きいと聞いていますが、そこはアメリカのゲームらしく結構大味なホラーという印象を受けました。恐いことは恐いんですが、まだ一瞬びっくりするくらいで済むので慣れればどうってことはないかもしれません。

1をプレイしていないので何とも言えませんが難易度的には前作に比べてかなり低くなったらしく、確かにだいたいゴリ押しで何とかなるレベルという印象はぼくも受けました。このゲームの一番の特徴として「Slow-mo」という主人公が使える能力があるのですが、要するにスローモーションです。そのままです。自分がものすごく速く動くことで周りが遅く見えるというあれで、まあ言ってしまえば時間の流れをゆっくりにできるけど自分は普通の速さで動けますよっていう非常にセコイ技です。ゲージが切れるまで一定時間使うことができ、ちょっと待ってゲージが回復すれば何度でも使えるというチート級の技なのですが、これを要所要所で上手く使っていけばほぼ無傷で進んでいけるので、かなり楽になります。スローモーション中は敵の声や排出された薬莢の動きや爆発のエフェクトなどすべてスローになるのでなかなか爽快感があって面白いです。別にこれは初心者救済処置というわけではなくて、開発者としてもSlow-moをガンガン使って撃ち合いをして欲しいという意図があると思うので、アクションゲームとしてはかなり簡単になってしまいますけれども実際遊んでみるとそれでも楽しいと思えるので、よほど難易度に手ごたえを求める人でなければむしろこのくらい大味な戦闘のほうが楽しめるのではないかと思います。基本的にヌルゲーマーのぼくにはこれくらいでちょうどよかったです。さらになぜか銃で撃つよりもパンチやキックのほうが強いというよく分からないゲームなのですが、スローモーション中に敵を蹴り殺したときの「あ゛ぁーっ」という間の抜けた叫び声も笑えます。

英語が一部しか理解できないのでプレイしながらストーリーを追うことがぼくにとってはなかなか難しいのですが、後でシナリオ翻訳を読んでみたりしながらでも十分楽しめますし、キャラクターのモデリングが洋ゲーのくせにかなり日本受けしそうな感じでケバくないのが好印象でした。

| Game | 21:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高のリメイク『Wiiで遊ぶ メトロイドプライム』

2009022105.jpg

これは間違いなくWiiというハードの特性を上手いこと使った最高傑作。ただの移植とかそういう話じゃなく完全新作と言ってもいいレベル。これで3,800円とかあり得ないくらい破格ですよ。Wiiではこういうゲームができるんだっていうことを誇っていい作品。プライム3の出来を超えたと思います。これはゲームキューブ版を一度遊んだことがあるのですが、操作面に難があり、かなり苦労しました。パッドでスティック操作のFPSっていうのはやっぱり限界があります。しかし、このWiiで操作法を一新したリメイクは快適の一言に尽きます。旧作ではできなかった視点と移動の独立した操作が可能になり、Wiiリモコンのポインタによる照準の精度も高く自由自在に操ることができるというそれだけでここまでゲームが変わるのかと驚きました。知名度もセールスも日本ではあまりふるわない『メトロイドプライム』シリーズですが、これはこの1本のためにハードごと買ってもいい作品、かなり本気でそう思います。

プライム3とは似たようで実はゲーム性が結構異なるので、実際に遊んでみて思った両方の特徴を挙げてみます。

『Wiiで遊ぶプライム1』
・無人の惑星に降り立つ圧倒的孤独感
・進路が分かりにくく、進める場所を探して隅々まで歩き尽くす必要がある
・マップ間をとにかく行ったり来たり。移動ゲー
・ビームの属性切り替えが可能なので敵に応じて切り替える面白さ
・中身はけっこう美人だけど北米版

『プライム3』
・仲間のハンターや銀河連邦との会話が多く、雇われハンター気分
・進む場所が細かく指示されるのでまず迷わない
・行ったり来たりはほとんどなく、ステージクリア型に近い感覚
・最初からほぼフル装備。ビームは強化できるが切り替えはない
・中身はゼロミッション寄りで意外と可愛らしくなった

3はWiiで最初のメトロイドということでかなり親切なつくりになっているので、1と比べてスイスイと先に進んで行けるようになっているのが大きな違いでした。しかしメトロイドといえばひたすら歩き回ってマップを埋めて行く探索感も重要ですよね。かなり進路が分かりにくいので大変ですが、プライム1は迷いに迷って行ける場所を見つけたときにわき上がってくるそれまでの苦労を吹っ飛ばすワクワク感と言うか、手探りで進んで行く面白さというのは3の比じゃないのでこれはこれでとても楽しいです。メトロイドシリーズがまったく初めてという人ならアクションの難易度も含めて3から入るのが一番いいとは思いますが、1の面白さもまた格別ですのでぜひどちらも遊んでいただきたい。

| Game | 15:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2009022101.jpg 2009022102.jpg 2009022103.jpg
2009022104.jpg

あまりに有名すぎてそのうち聴こうと思いつつも何となく後回しにして結局まともに聴くことがなかったYMOをまとめ買い。きっかけは前にも書いた通り「まりあ†ほりっく」アニメ化。意外と多いんじゃないですか?このアニメからYMOに入る人は。『君に、胸キュン。』でYMOを知った人が原曲を聴きたくてCDを買ったり、あるいは昔聴いていたけど忘れかけてた人がこのアニメでまた昔のレコードやらCDやらを引っ張り出してきたりするかもしれません。

| 買い物 | 14:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2009021901.jpg 2009021902.jpg 2009021903.jpg
2009021904.jpg 2009021905.jpg 2009021906.jpg 2009021907.jpg

この『ism/i』っていう漫画なんですけれども、作風が完全に熊倉裕一のコピーということで物議をかもしていた作品なわけですが、結局買ってしまいました。熊倉分の不足があまりに深刻だったのでパクリでも何でもこの際構わんと言う気持ちで読んでみました。作者本人もあちこちで言っているように、この作品は熊倉裕一の漫画の影響を色濃く受けた作品で、熊倉作品のトレードマークでもあるぐるぐるネコを作中に登場させたり、この単行本の中や雑誌のインタビュー等でとにかく熊倉先生熊倉先生と何度も名前を出すくらいある意味すがすがしいほど作風のコピーを公言しているんですよ。で、問題はこの漫画に熊倉裕一本人が関わっているのかということなんですが、それに関しては一切不明で、熊倉裕一監修とか原作とかそういうことなのかどうかも分からないんですね。おそらくそういう話が表にまったくでないということは別に熊倉裕一は直接関わっていない作品なんだろうとは思いますが、そうだとするとここまで熊倉裕一の名前をこの作品で出されるとファンとしては非常に複雑な気持ちになるわけです。この漫画の作者が熊倉裕一を大好きなのはどうでもいいですから、熊倉裕一が関わっているかのような話を臭わせつつ「熊倉ファンならこういうの読みたいんでしょ」っていう感じにしているのは非常に不快。まあ実際つられて買ってしまったんですが。

『ひぐらし』目明し編はやっぱりいいね。アニメ版は目明し編もかなり重要な設定が省略されていたらしいんですが、この漫画版はけっこうそのままなのかな?DS版しか遊んでないので分かりませんが、少なくともDS版とは変わらない感じでした。綿流し編の解答編ということで、あの惨劇の1年前から話が始まり、詩音の視点を中心に話が進んで行きます。ゲームのほうで初めてこの話を読んだときには作者が仕掛けた罠と言うか、詩音と魅音の入れ替わりがどこでどうなってるんだかよく分からなくて混乱したのですが、またあらためてこの話を読み直してみてより理解できたかなとは思います。「生まれてきてごめんなさい」というラストシーンがね、何とも切なく悲惨です。

| 買い物 | 01:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NEW RECORD!

2009021701.jpg

2時間切ろうと頑張った結果。根本的に進む部屋の順番が間違ってる気がしないでもない。無限ロケランはさすがに卑怯ですしそもそも面白くないので使ってませんが、使えば2時間切る自信はあります。でも使わない。

| Game | 09:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リメイクバイオのタイムアタック

2009021604.jpg

やっと3時間切りました。難易度NORMAL、全員見捨てて単独生還ルート。意外とこのゲームは武器をほとんど使わずに行くので、最低限撃つ必要がある数の弾薬だけ拾ってノーセーブで行けばたぶんあと15分くらいは今のやり方で縮められると思うのですが、うまい人は1時間台で行きますからまだまだですね。というかコスチュームチェンジとかしてる時点で1、2分ロスしてるのですが、これで行くことに意義があるんです。もうひとつのバイオ3のときのミニスカ衣装のほうが人気あるみたいですけど、こっちのほうがぼくは好きです。ジル編のBADエンドが一番早くクリアできるルートかなと思うのでこのルートでやるのですが、普通にタイムアタックとかしないで遊ぶときもいつもこのルートなんですよね。クリスもバリーも死んで最終的にジル一人だけで脱出するっていうところが一番ホラーらしい終わり方だと思うので。これで「夢で終らせない」がかかれば言うことないんですけど、何でカットされたんですかねあの曲。名曲です。

| Game | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2009021601.jpg 2009021602.jpg 2009021603.jpg

『ひぐらし』はDS版で出ている分だけプレイしていて、今のところ一番好きなのが「綿流し編」と「目明し編」だったので、全巻揃えるつもりはありませんけれども、その2編は買っておこうかなと思って購入。詩音と魅音の双子姉妹の話が中心になっていて、ゲームをプレイしていてほんとに途中で読むのがつらくなってきたのですが、たぶんシリーズ中で最も残酷描写がきつい回のひとつじゃないかと思います。直接的にグロいとかそういうのもありますけれども、特に精神的にくる拷問描写とかそういうのがつらかったです。何だかんだ言って詩音が一番好きなキャラクターで、徐々に危ない人間性が突出してくる登場人物ばかりのこのゲームの中でもたぶん一番狂ってるのは彼女なんじゃないかと思うんですが、そんな風になってしまった原因でもある過去のエピソードとかそのあたりがぼくは「ひぐらし」の中でも一番好きな部分ではあるんですよね。別にヤンデレが好きってわけじゃありませんけれど。

| 買い物 | 18:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日の買い物

2009021501.jpg

今発売中のアフタヌーンの表紙絵が気になって単行本を買いに行ったんですが、久しぶりに腹を抱えて笑った漫画でした。この作品で言うツンデレっていうのは狭義のツンデレではないとは思いますが、自分が嬉しかったりした感情が裏返しに出てくる病気っていう設定をなかなか面白くそれこそツッコミが追いつかないくらいのハイスピードで、このページ数にどれだけネタを詰め込んでるんだというくらい詰め込んで正直読んでて疲れるくらいの情報量なんですがそこがむしろいいっていうかね、そういう感じ。どうでもいいですけど百舌と百合って紛らわしいよね。いつも間違えます。

| 買い物 | 23:39 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おれのエレクトロポップ魂が火を噴くぜ



エンディング曲にこれをもってくるあたりやっぱこの作品大好きですわ。アニメのほうは全然観ていないんですが、原作はかなり好きで、ちょうど2巻目が発売した一昨年あたりに書店で不機嫌そうなツインテールのメイドさんの絵を見かけて表紙買いした漫画です。アニメ化するという話は知っていましたが詳細はそんなに興味がなかったのでスルーしていたところに、OP曲とED曲のシングルが発売ですよ。けっこう話題になっていたみたいだからどんな曲かと思ってちょろっと聴いてみたら・・・その日のうちにCD買いました。原曲のYMOのアルバムも一緒に買いました。ついでにそれとは関係ないYMOのアルバム2枚も買いました。

2009021201.jpg

2009021202.jpg

この曲って作詞は松本隆だったんですね。最近『星間飛行』も松本隆だったというのを知って、その詞へのこだわりがものすごくて、作詞家ってすげえなと感動しました。

| TV・映画・音楽 | 22:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告

2009020702.jpg

Twitterのほうはちょくちょく書いてたんですけれどもこっちに長文を書く気が起きなくて、書きたいことは山ほどあるんですけれどもさぼってました。まあまあ元気です。年が明けてから色々ありました。Dead Spaceはいまだに遊んでて4周目です。BIOSHOCKは実績1000取りました。FPSでここまでやり込んだゲームはホントに初めて。バイオハザードWii版は買って即6、7周くらいしました。ハードモードはもちろんインビジブルエネミーモードまでクリアしました。正直もうバイオ1は画面見ずにクリアできます。いや無理です嘘。でもそれくらいの勢いでマスターしました。ポケモンはあと四天王戦でシナリオは終わり。一度挑戦して3人目で全滅しました。卵でイーブイを量産できることに初代以来のぼくとしては驚愕を隠しきれないそんな中、グレイシアの可愛さに魅了される。シャワーズ派だったのに。あの前髪は反則。あとはマリオRPGを仲間が全員揃ったあたりで満足してやめてしまったり、FF5を適当に遊び始めたら結局青魔法とか集め始めてしまって面倒くさくなって放置気味になっていたり、シレン2で最果ての50階を越えたのに凡ミスで散ってかなりの精神的ショックを受けて落ち込んだり、トワイライトプリンセスをまた最初から遊び始めたり、なんだかんだで楽しく過ごしております。

| note | 22:38 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。