2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フルHDモニタ買った

2009033101.jpg

箱○さん用。細かい字までくっきり見えすぎワロタ。今までのテレビ画面でよくやってたなと思うほどの綺麗な映像で驚きました。何よりほとんどのゲームで潰れてしまって読めなかった字幕などの小さい字が読めるようになったのが嬉しすぎる。BenQのE2200HDです。応答速度とか遅延に関してはとりあえずFPSをちょろっとやってみた感じまったく問題ないレベル。
スポンサーサイト

| 買い物 | 14:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さらに3枚

2009033002.jpg

タオル2枚と機体フィギュア。このタオルかなり大きくてバスタオルに使えそう。同じやつでもいいみたいだったのでせっかくだからランカちゃんのやつを2枚貰う。4,000円つぎ込んだ結果がこれだよ!販売終了後に残ったやつのバラ売りの可能性にかけましょうか。それまで誰も当たらなきゃいいけど。

| 買い物 | 09:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マクロスF 一番くじ

2009033001.jpg

おっきいランカが欲しいんだけど、いくらまでつぎ込もうか。もうちょっと下のほうの賞が減ってきてからまとめて引きに行こうか。タオルとどんぶりもけっこう欲しい。

| 買い物 | 07:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大学を出る

2009032901.jpg

2009032902.jpg

2009032903.jpg

これけっこう写真で見るより想像を絶する量なんですけど、果たして持って帰れるのか。

| note | 11:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ一ヶ月くらいの実績獲得状況

2009032801.png
5本のゲームがセットになっていて実績も5本分あるので全部取るのは困難必死。『Portal』をやりたいがために買っただけなので100くらい取ることができれば十分かな。『Half-Life2』も遊んでみましたけれどもヌルヌル動きすぎる独特の挙動が慣れるまでに時間がかかりそう。

2009032802.png
ストーリーモード自体まだクリアしていないのでまだまだこれから。全部取るほどやり込むつもりもないけれど頑張れば大半は何とかなるレベルっぽいのでゆっくり遊びます。

2009032803.png
実績1000獲得4本目のゲーム。とりあえずクリアするだけのつもりが意外と面白くて一気に2周目まで終わらせました。

2009032804.png
まさに電子ドラッグ。スコアアタック系の実績ばかりなので実績狙いのプレイは正直つらい。普通に遊んでるだけで満足です。

2009032805.png
DLCのエピローグまで一通りクリア済み。実績はとにかく面倒くさいの一言に尽きます。収集要素が多すぎてとにかく取りに行くだけで時間がかかるわヘタするとバグで全部集まらないわなので放置。

2009032806.png
千早を2度プロデュースしてベストエンドまで見て、さあ作業するだけで簡単に1000取れる残りの実績を取りにいこうかと思ったら、千早があまりに可愛すぎて他のキャラクターを選ぶ気力がどうしても起きなかったので放置気味。

2009032807.png
ちょっと時間さえあれば残りも全部取る自信があるんですけど、プレイ中の精神力の消耗がとんでもないので起動するまでの勇気が起きません。めちゃめちゃ面白いけど疲れるから遊びたくないというジレンマ。

2009032808.png
残りの495っていうのは全部オンライン対戦で取れる実績なんですよ。オフで取れるものはハードモードクリアまですべて取りました。オンライン対戦で遊ぶよりはストーリーモードを何度も遊んでいたほうが面白いのでもう実績はこれで十分です。サブタグのほうでもう1回最初からプレイ中。

2009032809.png
もうちょっとやろうと思えばあと数10は取れるんですけれども正直飽きたので放置気味。

| Game | 00:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洋ゲーFPS推進期間中というわけで『Portal』レビュー

■Portal (PC, Xbox360)

2009032501.jpg

Xbox360の場合は、XBLAで追加ステージのある単品をダウンロードするか、みかん箱もとい『オレンジボックス』というHalf-Life 2などFPSゲーム5本が収録されているパッケージを購入すれば遊べます。完全に戦闘要素を排除したパズルFPSで、2か所の空間に穴を開けて3次元的に繋げることのできるポータルガンという銃を使って様々な仕掛けが置かれた部屋から脱出するというゲームです。他のゲームのおまけで付いてきたとは思えないクオリティで、これ1本のために『オレンジボックス』を買っても後悔しません。かなり頭を使うゲームで3D空間を完全に把握しきらないといけないので難易度の高いステージはホントに頭がおかしくなりそうなくらい悩みます。ぼくは何とかクリアできましたが、悩みに悩んでどうしようもなくなって最終手段として他の人のプレイを見たところが2、3か所ありました。そこで答えを知ったとき、あるいは自力で試行錯誤をしながらふと解を閃いたときの何とも言えない高揚感がたまりません。一度クリアするとさらに難しく複雑になったステージも登場し、いかに最短の解法を発見するかの試行が熱いです。

さらにこのゲームの楽しいところとしては、パズルを楽しむ以外にもステージに配置されたオブジェクトを使って色々と遊べるということで、物理演算によってかなりリアルな挙動をするおかげで大抵の思いついたことはできてしまいます。上の画像の白いタレットをたくさん捕まえてきて並べてドミノ倒しをやってみたり、ブロックを積み上げて遊んでみたり、天井と床をポータルでつなげて無限に落下してみたり、そこに何かを落としてみたり、ゲーム目的そっちのけで遊んでいてまったく飽きない面白いおもちゃですね。

本編の世界観にしてもかなりよくできていて、この謎のパズル部屋から脱出を試みながら徐々にこの施設の裏側が見えてくるという感じで、終盤はサイレントヒルを彷彿とさせる赤錆にまみれた裏世界が非常に恐かったです。自分以外の存在は謎の機械音声でしゃべるナビゲーションの声のみで、それが徐々にいい感じに狂っていくのがまた恐怖を煽ります。そしてエンディングの曲『Still Alive』は名曲。

-------------------------

オレンジボックス (※CERO Z)
2009032502.jpg

-------------------------

タレットたん
タレットたんを並べてみた

可愛すぎて悶え死ぬ

| Game | 23:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ミラーズエッジ "Mirror's Edge"』ちょこっとレビュー

ミラーズエッジ (Xbox360版)

2009032401.jpg

・ハード : Xbox360
・難易度 : ノーマル
・進行状況 : ストーリーモードあと半分、タイムアタックモードを少々

FPSの何が好きじゃないって戦闘がメインなところなんですよ。特に最近はマルチプレイ対戦があること前提で、無いほうがおかしいみたいな風潮がアメリカのゲーマーに見受けられるようなことをよく聞きます。今までにぼくが遊んでめちゃくちゃはまったFPS形式のゲームといえば、『メトロイドプライム』シリーズ、『バイオショック』、『F.E.A.R.2』など、どれもアクションゲームというよりは1人称視点のアドベンチャーゲームという印象が強い作品ばかりでした。これらの作品はどれも銃を撃って敵と戦うことはあくまでも1つのゲーム要素で、マップに隠された色々なテキストや音声を読んだり聞いたりしてシナリオを徐々に理解しつつ謎を解明しながら進んでいくことに重きを置かれています。それなので、アクションゲームとしての難易度はかなり低いと言っても過言ではありません。それでも面白いということは、アクション要素だけがFPSの楽しさじゃないことを教えてくれているのです。

と、そんな前置きをしておいて『ミラーズエッジ』ですが、これは逆にアクション面での面白さのみをとことん追求した作品で、しばらく遊んでみて思ったのが『スーパーマリオ』や『スペランカー』など昔懐かしのアクションゲームを彷彿させられることなんですよ。目的はただひとつ、ゴール地点まで駆け抜けること。その途中でいかに敵をかわし、ルートを探し、短い時間で駆け抜けられるかというのがこのゲームの面白さです。基本的に高いところをジャンプしながら進むゲームなので、死亡原因のほとんどは落下死。かなりこまめにオートセーブが入るので何度も何度もコンテニューしてベストな動きを模索していき、そして一度攻略法を把握してしまえば同じところをまたやる時はその通りに動けばまったく問題がありません。ほとんどランダム・運要素の絡まないゲームですから上手い人のプレイを見て「ああ、こうやって進むのか」と分かりやすいですし、それをちょっと練習して真似すれば自分の腕も上がっていきます。ステージ制で1ステージおよそ数分から十数分といったところなので、時間的にもプレイヤーのやる気的にもタイムアタックに非常に向いたゲームだと思います。というかタイムアタックがすべてです。ゲーム中で世界ランキングからゴーストデータをダウンロードできるので、それを目標にひたすら走れ!

| Game | 20:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

散財

L4U!のDLCで真っ先にメガネと制服とメイド服を買いました。これはワクワクがとまらない。アイマスはじまた\(^o^)/ これだけ見るとなんだこのゲームって思うかもしれませんけどホント楽しいんですって。感動のあまり泣きましたもん、無印のほうで最初にエンディングを迎えたとき。

2009032101.jpg

2009032102.jpg

『プリンス・オブ・ペルシャ』の追加シナリオも買いましたよ、もちろん。でも『Castle Crashers』を買うポイントは残りませんでした。


----------------------------------------

アイドルマスター Xbox360 プラチナコレクション
2009032103.jpg

アイドルマスター ライブ フォー ユー! Xbox360 プラチナコレクション
2009032104.jpg

アイドルマスターツインズ Xbox360 プラチナコレクション
2009032105.jpg

| Game | 21:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物(という名のお布施)


ついにゲイツポイントを買ってしまった\(^o^)/ 『Castle Crashers』をやりたかったのと『プリンス・オブ・ペルシャ』の追加シナリオがどうしても遊びたかったんだ・・・というのは建前で本当はこれを見たせいですごめんなさい。

| 買い物 | 01:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『トラスティベル ~ショパンの夢~』クリア後レビュー

2009031805.jpg

箱○版。だいぶ前に買ってほとんどやらずに文字通り部屋の片隅に積んでいたのですが、最近の洋ゲー熱も落ち着いてきたので、もったいないからクリアしておくかと思ってやり始めたら意外と面白くて熱中してしまいました。とりあえずバトルシステムと音楽は最高に素晴らしい出来だと思います。シナリオの進行にしたがって変化していくバトルシステムは徐々にスピードを増していき、聴き飽きることのない音楽と共にこのゲームの楽しさに一役買っています。さらに特筆すべきはロード時間がほぼ皆無なことで、HDDインストールはしないで遊んでいたのですがクリアしてからその短さに気がつきました、そういえばロード時間ほとんどなかったよねって。

問題はストーリーなんですが、シナリオ自体がひどいわけではないと思うんですよ。このゲーム、最近の電波シナリオゲーの代表みたいな扱いを受けていますが、ショパンの夢の世界、10年間をループしている世界という設定をよく理解してみればそこまでひどいものじゃないような気はします。ただ、このゲームが一番やっちゃいけなかったことは、作中で語るべきところと語らなくていいところをすべて履き違えていたというところだと思うんです。エンディングの展開があまりに急に思えるのも、それまでの過程でシナリオの根幹となる部分についてほとんど語られていなかったからであって、もうちょっと主人公3人(このループ世界のキーパーソンでありシナリオ上存在が必須のショパン、ポルカ、アレグレット)について分かりやすく伏線を散りばめたイベントがあればよかったんですけれどね。この世界の設定をしっかり理解した上でもういちどゲームをやってみると、だいたいああこういうことかと納得できるんですけれども、何というか、それでも完全にこのゲームの登場人物たちとは関係ない部外者の視点でこの物語の表面だけをざっと眺めただけのような印象が拭い切れません。とにかく語るべきところが語られていない、逆にわざわざセリフにするべきじゃないセリフが多すぎる、そこが一番ぼくがこのゲームで気になった部分です。

余談ですが、基本的にぼくはRPGをやるときは主人公的なキャラクターは攻撃の主力にしないたちなので、今回もショパン、ポルカ、アレグレットについては強制参加の戦闘以外ではまったく使っていませんでした。そのせいもあってこの3人が鍵となるシナリオなのにいまいち感情移入できなかったというのはあります。戦闘に参加できるのはたった3人なのに対して仲間になるキャラクターが10人とかなり多いので、それもシナリオを薄める要因になっていたと思います。ストーリーを見せるのを主に置くならあくまでも一時加入のゲストキャラを増やして、パーティメンバーはせいぜい5、6人くらいがちょうどよかったかもしれません。ただ、このゲームは戦闘が異常に面白いので、色々なキャラクターが使えるというのも捨てるには惜しいです。

| Game | 00:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2009031801.jpg 2009031802.jpg 2009031803.jpg 2009031804.jpg

ゴッドハンドはグラスホッパー・マニファクチュア製作のサントラが欲しくて、PS2持ってないけどサントラ同梱版を見つけたので購入。どのみちこれはクリアできる気がしない。ついでに多少安くなってきていたのでミラーズエッジを中古で購入。やる暇があるかどうかは分からない。

| 買い物 | 23:49 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いもよらないプレゼント

2009031501.jpg

この春研究室から出て行く人と入ってくる人の歓送迎会をやったわけですが、残る人たちから卒業生ひとりずつにプレゼントをもらいました。で、ぼくがもらったのがこの本。こんな研究室のみんなが大好きです。

| | 01:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『おくりびと』のロケ地を見てきた

オスカーもとった昨年公開の映画『おくりびと』のロケ地のひとつである山形県上山市に偶然行くことになったので、ちょっと寄り道して見に行ってきました。映画中で本木雅弘さんと広末涼子さんが住んでいた家です。

Filming location for おくりびと "Okuribito" (Departures)

Filming location for おくりびと "Okuribito" (Departures)

Filming location for おくりびと "Okuribito" (Departures)

Filming location for おくりびと "Okuribito" (Departures)

温泉街近くの住宅地にぽつんとあって映画の看板が立っているくらいでまったく存在感のない感じでした…。まあただの家ですしね。

| TV・映画・音楽 | 13:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2人でやるには非常に良ゲー『バイオハザード5』

2009030801.jpg

・ハード : Xbox360
・進行状況 : 難易度ノーマルクリア
・環境 : 1周目はすべて友人(クリア済み)とオンラインCoopでプレイ

結論から言うと、2人プレイ専用のバイオハザード4だと思えば非常に面白かったです。ただし一緒に遊ぶ人がいないとかなり残念なゲームという印象。でもそんなにネガキャンされてるほどの酷い出来じゃなかったですね。これはこれで面白いゲームです。もちろん他の似たジャンルのFPSやTPSを遊び慣れていると最初は独特の操作法やシステムに戸惑いますが、慣れてしまえばどうということはありません。歩きながら撃てないとかしゃがむモーションうざいとかは、やっているうちにそんなことはどうでもよくなりました。アクションシューティングが好きでオンラインでプレイできる環境があるならば間違いなく良作。本編シナリオとおまけモードのマーセナリーズは両方ともすべてオンライン対応で2人で最初から最後まで遊べますし、好きなところだけ一部を2人でやることも可能です。わいわい喋りながら2人でやるにはもってこいですよ。

このゲームが何だかんだ言って叩かれる大きな問題点は、完全にオンライン用に特化したシステムを1人で遊ぶモードにそのまま持ってきてしまったというところにあると思います。2人の生身の人間が操作することを前提に作ったゲームで、片方をAIに置き換えて1人用モードにするというのに無理があるんです。このゲームの場合、単なる戦闘面での賢さに加えて、膨大な選択肢があるアイテムの装備・管理・受け渡しというAIまかせにするには要求が大きすぎる要素があるので、必然的にプレイヤー1人で2人分働かなくちゃいけないわけです。しかもアイテム画面を開いたら身動きひとつとれないのにゲームはポーズがかからないリアルタイムな戦闘中に。唯一の救いは仲間のAIはそれでもかなり賢いということで、指示の出し方や装備品の選択をしっかりしてあげればむしろ人間離れした素晴らしいスナイパーの能力を発揮してくれて役に立ちます。2人用のシステムだけれども1人でもなんとかなるし面白いという最低限のレベルではあると思います。ただしバイオハザードでこんなことをやりたくなかったというのが正直なところ。バイオ4はまだ納得できてもここまでくるともはやバイオじゃないだろという思いがありますし、2人で遊んだときにお互い持つ武器を変えたり立ち位置を考えたり役割分担をしてとても面白かったからこそ、それだけ臨機応変な対応が必要なゲームを1人だけでAIの仲間相手にやっているときの面倒くささと空しさがもう、ね・・・。

以下、躊躇なくネタバレをするのでご注意を。



[バイオ5の感想を箇条書きするよコーナー]

●レオンさんはナイフ1本で殺しにいくというのにクリスときたら・・・

●クリスの踏みつけ方に気合いが感じられません。そこはアイザックさんを見習うように

●あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!俺はバイオ5をやっていたと思ったらトゥームレイダーをやっていた。な…何を言っているn(ry

●閃光弾12発入り600円おいしいです^o^

●ウェスカー先輩、この時代にいまだにマトリックスのパクりっすか。ターミネーターっすか

●ジルさん最高や!シェバなんて最初からいらんかったんや!

●ブルネットのほうが好きでした

●二丁目の人にしか見えません

●マーセナリーズ使用可能キャラ10人と聞いてときめいたら実際たった4人で後はただのコスチューム違いとか・・・

●DLCでマーセのキャラにハンク追加とシナリオにジル編追加かシェバのコスチェンでジルさん追加すれば全力で買うよ



フレンド登録は随時歓迎中

| Game | 17:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の買い物

2009030301.jpg 2009030302.jpg
2009030303.jpg 2009030304.jpg 2009030305.jpg

ゲームは基本的にキャラクターの名前を変えられる場合デフォルト名以外に変えて遊ぶタイプなのですが、FF3の公式サイトとかゲームの説明書の登場人物紹介を読んで、絶対女の子だと思って女性名を付けたキャラクターが名前を付けたあとに男だと判明いたしました。分からねえよこんなの。男に見えなかったんだもん。無理やり僕っ娘に脳内変換して遊んでます。

| 買い物 | 13:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。