2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iTunesのGenius Mixが面白い

最近音楽聴いてないなあと思って久しぶりにiTunesを立ち上げて、バージョン9が出ていたのでアップデートしたらGenius Mixという機能が追加されていました。これは自分のライブラリからある程度似通った曲をまとめてコンピレーションを作ってくれるようで、以下の12個のミックスが作成されていました。これが意外と機械任せのわりにはいいところを突いてきて、ミュージシャン名とかアルバム名なんかをユーザーからのフィードバックを元に揃えてくれてるのかなと思いました。

2009092801.jpg

ぱっとジャケットを見るだけでもかなり綺麗に揃えられていることが一目瞭然で、上段右がColdplay、Travis、RadioheadとUKロック勢が揃い、その左隣がThe Killers、The Shins、Death Cab For CutieとUSのロックバンドがばっちり入ってます。Franzが混じってますが・・・。中段右端がゲームサントラのコンピレーション、下段右端がCornelius、Björk、Stereolab、The Postal Serviceとエレクトロニカ系統、中段左が映画のサントラそれもミュージカルばかりのコンピレーションになっているなど、ほんとにおおざっぱな分け方ですけれども連続して聴いてみて違和感のないミックスが多く、なかなか使えるんじゃないかと思いました。普段ほとんど聴かない曲なんかもこれで聴く機会が増えて楽しくなります。
スポンサーサイト

| Computer / Internet | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Mass Effect』銀河を駆ける。ただ己を信じて

2009092302.jpg

これをやってからホントに思ったんですよ、もう日本のRPGは駄目だって。何でもかんでもFO3やマスエフェにすればいいってもんじゃありませんが、こういうRPGを欲しかったんだっていう願いが全部叶いましたもんこれで。Mass Effectはぼくの中でベストオブRPGsのトップに歴然と輝く作品になりました。これが面白くなかったら何が面白いんだっていう。スペースオペラ好きならば間違いなくはまる作品になっていると思います。

主人公の能力どころか生まれや育ちまで設定可能なキャラクタークリエイト、行く場所の順番は全て自由、選択肢がこれでもかと言うくらい出てきて自分で好きなように会話をしているかのような会話システム、文化や歴史・政治まで作り込まれた膨大な設定の数々は読んでいるだけで1日が潰れる情報量、色々な種族の仲間と共に銀河を駆け巡る宇宙規模でドラマチックなシナリオと演出、もう素晴らしいの一言です。サブシナリオまでみっちりやってもだいたい1周30~40時間くらいという短いシナリオですが、その内容の濃さはそれ以上のものがあります。これだけの作品がDVDのディスク1枚に収まっていると言う事実は3枚組4枚組になっても中身がスカスカな他のゲームに突きつけてやりたい。

発売も刻一刻と近づいている『Mass Effect 2』ではなんと1のセーブデータを引き継げる続編となっているらしいので非常に楽しみです。

--------------------------------------

[Xbox360] Mass Effect (「ボーナスディスク」同梱)
2009091502.jpg

| Game | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

360版よりは圧倒的に万人向け『アイドルマスターDS』

2009092301.jpg

アイマスの何がいいかって見た目とは裏腹にかなりシビアなゲームだっていうことで、Xbox360版に関してはベストエンディングを目指そうとするとかなりの綿密なスケジュール調整とタイミングよくボタンを押せる反射神経が必要になるゲームなんですね。そうやって苦労してトップアイドルまで登り詰めたときの達成感はもちろんのこと、そうじゃなくてもオーディションに初めて受かったときやノーミスで歌いきってくれたときの嬉しさっていうのが本当に楽しくて、クリアしたときについ涙ぐんでしまった数少ないゲームのひとつなんですが、DS版はそれに比べたらだいぶ遊びやすくなっています。レッスンやオーディションがかなり簡略化されてサクサクとエンディングまで進めることができます。クリアまでの期間制限もなくなったのであまり先のことまで考えながらやる必要がなく、アドベンチャーパートの合間にレッスンやオーディションなどがちょこっと入るという具合になっています。じゃあそれでアイマスの面白さが失われたかと言うと全然そんなことはなく、プレイヤー(プロデューサー)がひたすら苦労するのが360版であったのに対して、今回はプレイヤー自身が主人公目線で物語を進めるアイドルの成長物語というアドベンチャーゲームとして出来は非常に良かったと思います。

映像はさすがにHD機と比べるのは野暮ってものですが、リップシンクや髪揺れをはじめとしてしっかりモーションも作り込まれ、さらに音質はかなりいいものとなっています。はっきり言って画面の荒さは脳内フィルターを通ってしまうので全然気にならないです。シナリオモードの本編に加えてL4Uのようなステージエディットモードもあり、360版よりはるかに細かくカメラアングルや振り付けを設定できるので、そこだけを取り出しても十分楽しいものになっています。これと同じくらいのことがL4Uで出来たらもっと個人製作のPVの投稿とか盛り上がっただろうなと思うと、DSなので動画のキャプチャが難しいのが非常に惜しいです。曲数も10×3人分(+隠し1)の実質31曲入っているわけで、けっこう携帯機の割には頑張ってるなと思いました。

唯一残念で仕方がなかったのがサブキャラクターまではボイスが入っていないということで、今後HD機で続編が出るならフルボイスでメインキャラに格上げされてもいいくらいの脇役が揃ってしまってるんですよね。ROM容量の関係でフルボイスは無理だったのかもしれませんが、全キャラボイス入りだったらもっと楽しかったのにと思ったりはしました。

---------------------------------

[NDS] アイドルマスター ディアリースターズ
2009092303.jpg

| Game | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“ラプラスにのって”は名曲

SANY0601

SANY0604

「テントウムシが好き」って言ってた中学のときの英語の先生が好きだった。

| note | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FEB2欲しくなってきた

SANY0552

SANY0553

SANY0558

SANY0564

SANY0571

SANY0574

SANY0582

SANY0587

| note | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【後で書く】レビュー待ちゲームリスト

[Xbox360] GEARS OF WAR 2
[Xbox360] Mass Effect
[Xbox360] あつまれ!ピニャータ
2009091501.jpg 2009091502.jpg 2009091503.jpg

書こう書こうと思いつつ後回しにしてしまったのを含めて、ぜひレビューを書いておきたい作品が上記3本なんですが、忘れないようにここにメモ。それぞれ短所はあれど非常に素晴らしい出来なので、個人的にはほぼ満点をあげたいくらい気に入ったソフト。たぶんデビサバとアイマスDSを片付けてから書く予定。

| Game | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女神シリーズ異色のSRPG『女神異聞録 デビルサバイバー』

[NDS] 女神異聞録 デビルサバイバー
2009091101.jpg

アイマスDSまでのつなぎに何かRPGがやりたいなと思って、やけにプレイした人たちからの評価も高い作品だったので買ってみたら見事にはまってしまったゲーム。女神シリーズはまったくの初プレイでしたが、これは面白い。シミュレーションRPGっていう部分で避けてたゲームだったんですけれども、実際やってみるとシミュレーションRPGとターン制コマンドバトルRPGの悪いところをうまく打ち消し合っていて、プレイヤーが遊びやすいように細かいところまで考えられているいい作品でした。SRPGは嫌いじゃないんですけれども途中で嫌になることが多く、ファイアーエムブレムにしろオウガバトルにしろ自分のペースで好きなように遊べないのが苦手でした。基本的にクリアまでの戦闘回数や敵の数が決まっているので、どのキャラクターをどう育成していくか、経験値をどう配分して誰でどの敵を倒していくかetcetc、そんなことばっかり考えながらやらなくてはいけないので攻略情報を何も見ずにやっているとアイテム取り逃しただの技覚え損ねただのそんなことばかりなので途中で面倒くさくなって諦めることがホント多かったんですよ。そんな中、このデビルサバイバーのシステムはずぼらな人間にとっては非常にありがたいシンプルで後になって後悔することのないすべて取り返しがつくシステムで素晴らしいことこの上ないです。現在シナリオ的には半ばにさしかかる直前あたりまで進めましたが、面白くないところがほとんど見つからないというのが正直なところ。

ココがいいっていうシステムをいくつか挙げると、

  • ソフトリセット&ロードしてやり直すまでたった5秒という驚異的なスピード。L+R+Start+SelectでリセットしてからAボタン連打でメーカーロゴやタイトルすら見ずに一気にセーブした場所のゲーム画面へ移動可能。無駄にアニメーションする長ったらしい飛ばせない自社のロゴを見せ続ける他メーカーは見習って欲しい。
  • 戦闘中いつでも何度でもセーブ&リセット可能。極端な話、動く前にセーブして上手くいくまで自分のターンをやり直せる。
  • シナリオを進めずに好きなだけレベル上げ、お金稼ぎ、仲魔集め、悪魔合体が可能。万全の体制で先へ進める。
  • フリーダムすぎる悪魔合体。合体前の2体から好きなスキルを引き継ぎ可能なので、合成しまくって弱点属性を消したり、強力なスキルを好きな仲魔に覚えさせられる。
  • 装備品、回復アイテムなどの概念が一切ない。強さは本人のステータスとスキルのみ。お金は仲魔を買うためだけのもの。
  • いわゆるタクティクスオウガ系のシミュレーションRPGにコマンド選択のターン制バトルを組み合わせたスピーディーで飽きのこない戦闘システム。
  • 全てを引き継ぎ2周目以降がプレイ可能。

で、ちょっと残念だった唯一のシステムが、1周目は基礎レベルによる経験値制限があって、初期に手に入る悪魔を最後まで使うのはかなり厳しくパーティメンバーの入れ替えが頻繁に必要という点。初プレイで強制的に色々な悪魔を使わせるというのはある意味悪くない仕様ですが、好きな悪魔を最後まで使えないのはちょっと寂しい。昔から使ってきた仲魔ほど必要経験値が莫大で全然レベルが上がらずベンチ入りor合体材料になり、新しく買ったレベルの高い仲魔の方がよっぽど使えるという、ポケモン世代のぼくとしては信じられない世界が待っていました。悪魔の世界は厳しいものです。2周目以降ではこの制限が外れるらしいのである意味そこからが本番かも。

| Game | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F.E.A.R.2 Project Origin 追加実績獲得条件

こんなところに書いても誰が得をするのか分かりませんが、攻略情報探している人がいるかもしれないので『F.E.A.R.2 Project Origin』のDLCとして9月3日にリリースされた追加シナリオ『Reborn』の追加実績の獲得方法です。そのうち実績Wikiとかにまとまるでしょうけど現時点でまったく攻略情報がないので誰よりも速くとりあえず書いておきます。このDLCは現在英語版のみのリリースで、先日発売されたF.E.A.R.2日本語版には対応していません。F.E.A.R.2本編の英語版を持っている人のみプレイできます。全ての追加実績は難易度に関係なく解除できるので、EASYでやれば戦闘系実績も簡単に獲得可能です。

-----------------------------------------------

・Cut Me Some Flak
Mission1でヘリを全て破壊する。EPAに乗っていれば余裕で獲得可能。後述するFoot Soldierと一緒に取るのはかなり難易度が高いと思う。

・Foot Soldier
Mission1をEPAに乗らずにクリアする。ゲーム開始時にEPAに乗っているので、すぐEPAから降りて普通に進んでMission1を終わらせれば解除。ヘリは無視。かなり敵が多く攻撃が激しいので高難易度だと厳しいが、EASYだとそれほど苦労せず進める。ロケランを落とす敵がいるので上記のヘリ撃墜の実績も取れないことはないと思うが、素直にEPAに乗った方が無難。

・A-mase-ing
Mission2の迷路のようになっている場所で出てくる釘撃ち銃を持った重装兵を1人も倒さずにクリアする。難易度EASYならダメージ覚悟で駆け抜ければ余裕で解除可能。道が狭くて上手くすれ違えない場合は無理やりジャンプしてなんとか乗り越えられる。おそらく正攻法としては敵を上手く誘導してすれ違いできる場所を通り抜けるか壁を破壊して進むのだと思うが、結局無理やり駆け抜けた方が簡単で速い気がする。

・Miniature Replica Soldier!
Mission2ラストの横向きに倒れたビルの中を落ちていくところで、一番下に降りたところのテレビから歌が流れているのでXボタンで音量を上げる。流れる曲はもちろんMiniature Replica Soldier!

・Batten Down the Hatches
Mission3に出てくる下水の円形ハッチを全て閉める。近づくとXボタンの表示が出て押すと閉じられる。それほどいやらしい場所にはないのでマップをきちんを回れば全部見つかるはず。

・Collateral Damage
Mission3で車両の爆発に巻き込んで敵を殺す。Mission3のラスト付近、下水から出た直後あたりで車のそばから敵が湧くのでフラググレネードを車付近に投げ込むといい。その後の銃座があるところでも狙えるかもしれない。

・Tour de Force
Mission4でパワードアーマー兵を30秒以内に破壊する。ステルスニンジャが出る直後あたり。近づくとパワードアーマー兵が出現する地点からちょっと先にミサイルランチャーが落ちているので一気に走って拾いに行き、即全弾ぶち込む。1、2発外して倒し損なってもその後アサルトライフルやら釘撃ち銃やらを撃ちまくれば時間内に十分撃破可能。

・Dead Weight
Mission4でロープ降下してくる兵士を地面に降りる前に全員殺す。パワードアーマー兵2体目を倒した直後、4人の兵士がロープで下りてくる。降りてくる真下で待ち構え、ロープにつかまる兵士が見えたらスローモを発動しショットガン2、3発ずつ当てていくのがやりやすいかと。スローモゲージが足りない場合、次の兵士が降りてくる前にちょっとスローモ解除したりして節約する。やり直す場合、直前のセーブポイントがパワードアーマー戦からなのでちょっとめんどくさい。

・Find Paxton Fettel
'Reborn'キャンペーンをクリアする。これは特に言うことなし。ラストの戦闘は通常の速度だと見えないのでスローモを使って攻撃していけば勝てる。

| Game | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。