2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

短い良作『ストロボライト』

久しぶりに「これは!」と思う漫画に出会ったのでちょっと紹介。青山景の『ストロボライト』という作品で、『CONTINUE』で連載されていたものです。全1巻の短い漫画なのですが、短篇映画のようでなかなか読み応えがあります。

おおまかに内容を書くと、小説家の主人公が夜行列車の中で学生時代の自伝小説を書いているパート、そしてその小説の中の学生時代のエピソードのパートの2つが交互に展開されて行きます。それだけじゃなんら変わったことのない普通の漫画なのですが、これの面白いところが主人公が書いてる過去のエピソードというものが真実かどうか判断できないっていうところなんですね。現在の主人公が小説として書くことによって過去が確定し今の自分をつくり出しているのか、あるいは実際にその過去があったからこそ現在の主人公は存在しているのか。この「現在→過去」あるいは「過去→現在」という2つの時間の流れが存在し、普通に考えれば過去が未来の原因になるわけですが、本文中の言葉を借りれば「林真理子が清少納言に影響を与えるような事態」がこの漫画の世界では存在し得るんじゃないかという気がしてきてしまうのです。とまあそんなことを間テクスト性がどうのとかメタフィクションがどうのとか専門用語をあれこれ用いて解説してみたいところではありますが、残念なことに何一つぼくはそれらの用語の意味が分からないので、そのあたりの考察はネット上で色々とレビューを書いていらっしゃる他の文学畑の人たちにまかせるとして、とにかくこの漫画の面白さっていうのはそんなところにあるわけです。

2010022701.jpg

そんな作者のテクニカルな一面は置いといて、ストーリー自体はなんてことない恋愛ものなのですが、ひとつこれは分かるわと思ったのが、主人公はとある映画が大好きでその映画のヒロイン・加藤ユキ役の女の子・桐島すみれのことがずっと好きだったんですね。それであるときそのヒロインと瓜二つの女の子・町田ミカと知り合い、その子がその映画に出演していた本人だということを知ります。それで主人公ははたして自分が町田ミカを好きなのか桐島すみれ、あるいは加藤ユキが好きなのか分からなくなってくるっていう部分がぼくにとってもリアルな話で、これは確かにあるよなとちょっと考えてしまいました。

まあそれはいいとして、ちょっと全体として気になったのが、やっぱりボリュームが少ないことなんですよね。それはいいところでもあって読みやすい量とペースなのですが、欲を言えばもうちょっとこの作品のテーマを書ききるには長さが必要だったかなとも思います。これ以上付け加えても蛇足にしかならないのかもしれませんけれども、ちょっとあっさり終わりすぎて綺麗にまとめすぎじゃないのって思ってしまいました。過去パートはこれでもいいですけど個人的には現在の列車パートでもっとグダグダと議論を展開してくれてもよかったかなあと。せっかくなので美和子がもうちょっとシナリオに絡んできて欲しかったかなとは思います。

--------------------------

ストロボライト / 青山景
2010022602.jpg
スポンサーサイト

| | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2010022601.jpg 2010022602.jpg 2010022603.jpg 2010022604.jpg

| 買い物 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『BIOSHOCK2』北米版、日本語版より一足先にプレイレビュー

クリアしました。プレイ時間は測ってないので分かりませんが、1のときと体感的に同じくらいのような気がするので10~20時間ってところでしょうか。とりあえず1回目のプレイを終えたので感想をまとめておこうと思います。バイオショックと言えば前作で世界をあっと言わせた秀逸なシナリオですが、今作のシナリオに関しても実際にプレイした人だけにその感動が分かると思うのであえて何も書きません。別に英語版だから分からなかったわけじゃないんだからねっ!まあ正直完璧に理解できたとは言い難いのですが、大意はつかんだ・・・はず。目的地や動作の指示程度の英語なら十分理解できたのでゲームの進行自体はまったく問題なくスムーズにクリアできましたけれども。小難しい単語が出てくる会話以外なら普通に聞き取れるっていう自信すらない人は、来月の日本語字幕版を待ったほうがよいかと思います。それではレビューです。

2010021501.jpg

【操作・システム面】
前作から一番進化したのはここだと思います。例えばコントローラのボタンの割り振りや、さまざまなアクション、全てが洗練されて遊びやすくなっています。単純に操作の面での不満点はほぼ解消されていると言ってもいいでしょう。間違ってXボタンでシスターをハーベストしてしまうこともなくなりましたし、体力とEVEの回復アイテムは装備画面からゲームのポーズ中にも使えるようになりました。CS版のパッド操作では非常に面倒だった水道管ゲームも廃止、リアルタイムの目押しハッキングゲームに置き換えられました(ただ、ぼく個人的には水道管ゲームのほうが好きでしたけど)。また、3種類に分かれていたジーントニックのスロットが全て共通になり、トニックの組み合わせの幅がぐっと広がりました。基本的なシステムはほぼ前作そのままに、遊びやすくチューニングされたいい続編だと思います。

【戦闘・難易度】
最初のうちは難易度Mediumでやっていたのですが、途中からシナリオが気になって早く先に進みたくて仕方なかったのでEasyに変更してしまいました。おかげで有り余る体力と弾丸でゴリゴリ進める程度になり、Easyの簡単さは相変わらずでした。中盤くらいまでやったMediumの感想を言えば、最初のうちは敵も弱いので案外楽なのですが、強い敵が出てくる割に自分の装備が貧弱な中盤が一番つらいと思います。しかし、前作同様終盤に差し掛かるにつれ自分自身の強化がとんでもないことになってくるので難易度はぐっと下がります。ただ、前作よりも面倒な敵が増え、全体的な難易度は前作よりも多少上がったかなと思いました。とりあえず万能の攻略法を書いておくと、DecoyとHypnotize、Security Commandのプラスミドが前作以上にチート級の強さを誇ります。Decoyをレベル3まで上げると身代わりへのダメージが敵に反射で自分は回復するので見ているだけで敵が死んでいきます。Hypnotizeを敵に投げれば敵同士殺し合って終わります。Security Commandのレベルを上げると好きなときにタレットを呼び出せるので自分が戦う必要がなくなります。はい、これはやりすぎですね。前作以上に装備が揃うとやばいくらいの難易度低下を引き起こしますので、歯ごたえのある戦闘を望む人は真っ先にそれらは縛ったほうがいいかもしれません。逆に言えばそれさえ使えば楽に進めます。また、前作同様死んでもいくらでもその場で復活できて敵の体力もリセットされないので、何度も死にながらゴリ押しで進むことは可能です。弾切れや回復切れで詰むということはシステム上あり得ません。

【マップ】
今回、前作から大きく変わったのはマップの扱いです。前作ではクリアしたマップに戻って好きなだけ探索できたのですが、今回はいわゆるステージクリア型のレベルデザインになっていて、先に進むと戻れません。したがって取り逃したオーディオログやトニックを取りに戻ることができないので注意。マップ画面で行った部屋と行ってない部屋が分かるのでしっかり全部回るようにすれば基本的に取り逃しはないと思いますが、クリア直前のデータで好きなだけ街を歩き回って遊ぶというようなことができなくなり、それは非常に残念。今回はより海底都市というイメージが増幅され、窓から覗ける海の景色や珊瑚やフジツボなどで覆われた床や壁などがとても綺麗で、幻想的な雰囲気をかもしだしています。落ちている小物や壁のポスター、落書き、美術品などなどプレイ中に目を奪われるものも多く、見た目的にもとても楽しいゲームになったと思います。ただ、だからこそ好きなだけクリア後に探索できないというのが非常にもったいなく、最初からまた遊ぶしか選択肢がないのはちょっと物足りないかなあという感じはします。せっかくすごくよくできているグラフィックなのにね。

【マルチプレイ】
今作最大の新要素、オンラインマルチプレイについても言及せねばなりませんね。はっきり言っておまけ。面白いことは面白いのですが、わざわざBIOSHOCKでこれをやりたいかというと「うーん」を唸らざるを得ません。だったらMW2とかHALOやるわって感じです個人的には。特にここがすごいという点があるわけでもなく、クソゲーだというほどつまらないわけでもなく、「なぜこれを入れた」としか言いようがない蛇足感は否めません。『F.E.A.R.』シリーズのマルチプレイと同じ印象を受けました。「別にこのゲームでオンライン対戦やってもしかたないよね」っていうただそれだけ。間違いなく隔離サーバーの日本語版はあっという間に人がいなくなります。時間帯によっては誰もいない状態になり、たぶん不人気ルールではいつまで待っても集まらずにまともにプレイできないかも。今作最大の汚点じゃないかなあとぼくは思ってしまうのですが、果たしてどう評価されることやら。

【どうでもいい話】
今回個人的に最も大きかったサプライズが実は声優なのですが、主役キャラクターの多くは他のゲームやテレビドラマなどで名前を見る俳優さんで、日本ではまったく知られてない人たちだったりするのですが、今作のリトルシスター(エレノアじゃなくて沢山いる量産型シスター)の声優として出演しているのがあのジョデル・フェルランドちゃんなんですよ。『Silent Hill』や『Tideland』などの映画で日本でも知られた子役の女の子ですね。個人的に大ファンだったのでかなり嬉しかったです。っていうそれだけですが。

【総評】
前作のファンなら迷わず買え。英語に自信があるならすぐに北米版を買え。英語が分からないなら日本語版を待つ価値は十分にある。初めてなら2からやるよりまず1をやれ。1と比べると前作の不満点の改善という点以外では大して変わっていなかったりでどうしてもプレイした印象は劣ってしまうのですが、個人的には、
・シナリオ・演出: 1>>[越えられない壁]>>2
・グラフィック: 2>1
・音楽: 1>2
・リトルシスターの可愛さ: 2>>1
・思い出補正も含めた総合: 1>>2

| Game | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

  • [Xbox360] BIOSHOCK2 Special Edition (北米版)
2010021301.jpg

はい2つ目。アジア版を買ったはずなんですが結局中身は北米版でした。リージョンフリーなので問題なし。そうとう箱でかいです。ちょうどLPレコードの大きさですね。

2010021302.jpg

箱の外側に巨大な紙のスリーブ付き。

2010021303.jpg

内箱。ゲーム中にも出てくる人の手形で描かれた不気味だけど綺麗な蝶の絵。

2010021304.jpg

中身は、サントラのアナログレコード、CD、アートブック、ポスター3枚、本編ディスク。箱やアートブックは豪華さあふれるかなりしっかりしたつくり。

| 買い物 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

  • [Xbox360] BIOSHOCK2 (Asia版)
2010021201.jpg

日本語版より1ヶ月早くプレイ開始。これがやりたくてXboxを持っていると言っても過言じゃない。限定版のSpecial Editionも買ったので後でもう1本届く予定。日本語版もどうせ買うので同じソフトが3本になる。アホか俺。週末はこれをやるために引きこもります。

| 買い物 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の買い物

2010020301.jpg 2010020302.jpg 2010020303.jpg 2010020304.jpg

| 買い物 | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIOSHOCK2(バイオショック2)日本語版発売に至る道まとめ

2010020201.jpg

・『Bioshock2』のティザームービー公開。続編決定にファン大歓喜
 ↓
・海外版の発売日2010年2月9日に決定。LPレコード付きの超豪華限定版も発表されファン失神
 ↓
・日本語版のローカライズからスパイクが撤退しD3パブリッシャーが販売元に。ファンの頭に不安がよぎる
 ↓
・ローカライズが1で好評だった吹き替えではなく字幕のみだと判明。D3大バッシング
 ↓
・日本語版の発売日が2010年3月4日に決定。意外と早かったのでファン安堵
 ↓
・サイバーフロントより日本語マニュアル付きPC版発売決定。さらに限定版もPC版のみ発売決定でファン殺到
 ↓
・CS版のマルチプレイサーバーがどうやら日本隔離らしいという情報が入る。再びD3大バッシング
 ↓
・D3に意見を送ろうにもメールフォームがシステム異常。D3大逃走
 ↓
・サイバーフロントが日本語マニュアル付きPC版の発売「中止」を決定 (←いまここ)


とりあえず現時点で問題なのは、まず吹き替えがないということ。前作が非常に出来の良い吹き替え版だったので期待されていたはずなのにこれではがっかり。2点目はマルチプレイのサーバーが日本隔離だということ。1の売り上げから考えても日本語版バイオショック2のプレイヤーは少なく、さらにXbox360とPS3の2機種で発売されるので少ないプレイヤーがさらに分断され、おそらく発売直後以外はほとんど人が集まらずゲームにならない状態になることは目に見えています。そして最後に日本語マニュアル付き英語版が発売中止になったこと。簡単に輸入版が買える今あまり需要はないのかもしれませんが、それでも日本国内で正規に流通してくれることでより手に入れやすくなるのは非常にいいことです。さらにPC版にはCS日本語版では発売されない限定版も発売を予定していたので、海外版のSpecial Editionが買えなかった人でも買えるチャンスがあったわけです。

売れないものはこうなっても仕方ないというのを言ってしまえばそれまでなのですが、ファンとしてはこれでは納得いきません。海外で数百万本売れるような大ヒットを飛ばしたゲームでも日本に来たら良くて数万本、下手したら数千数百しか売れないようなものがほとんどという現在の日本のゲーム事情のツケがとうとう回ってきたのかもしれません。

| Game | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。