2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iPhone/iPod touch向け辞書アプリレビュー

最近は紙の辞書を使うことがまったくなくなって電子辞書あるいはPC等でオンライン辞書をフル活用するようになったという人はかなり多いと思います。そんな中注目したいのがiPhone/iPod touch用の辞書アプリで、機能的に非常に使い勝手がよく内容も紙の辞書と同等のものが色々と発売されてきています。ただ、無料の体験版等がないので買ってみないとどんな使い心地だか分からない上に他のアプリと比べると非常に高価なので手を出しづらいという問題もあります。そこでぼくが実際使用しているiPhoneアプリの辞書でおすすめをいくつか紹介しておこうかなと思います。とりあえずこれカット毛ば安心だよ!アプリ名をクリックするとiTunes Storeへリンクします。記載した価格は定価ですがセール等で変動することがあります。

大辞林 (\2,500)
2010082701.jpg
日本語の辞書ならとりあえずこれ買っておけば間違いないっていうくらいの定番アプリ。とにかく見やすく使いやすいのが特徴。美しい書体や画面をタップしたときの感覚など「触って楽しい」を追求した辞書だと思います。タッチパネルを使った電子辞書という面で見ると、検索時や単語をなぞって次々と別のページへ飛んで行く時の他を圧倒する軽さと素早さは魅力的。

大辞泉 (\2,000)
2010082702.jpg
大辞林と大辞泉、似たような辞書でも書いてあることは案外違うもので、どちらが辞書として優れているかと言われるとよく分からないのですが、この大辞泉の特徴はカラーで写真が多いということでしょうか。白黒でシンプルな大辞林と比べるとだいぶ華やかです。辞書の内容に関してはどちらを買うかは好みでしょうね。ただ、引いた単語の説明文からさらに選択して飛ぶ時の動作などがiOSのコピペの動作と同じなので大辞林と比べるとそこは非常に面倒くさいです。さっとなぞるだけでジャンプできる大辞林のほうがその辺りはよくできています。ちなみに大辞泉の機能のひとつとして大辞林へのリンク機能があります。大辞泉で調べた単語からそのまま大辞林へ飛んで検索できます。大辞林から大辞泉へのリンクはないので逆はできないんですけれども両方持っていると微妙な連携が楽しめます。あまり役に立ちませんけれども…

ウィズダム英和・和英辞典 (\2,800)
2010082703.jpg
大辞林を作ったところと同じ物書堂が制作した英和・和英辞書アプリです。つまり使い勝手は最高。ただ収録語数は英和が90,000語、和英が88,000語と多少物足りない感じはあるのですが、専門書や論文とかじゃない普通の読み物に使うぶんには問題ないかなという印象です。分かりやすい例文も多く入っていて、発音記号と音声も完備。単語だけではなくて例文やイディオムからも検索できるのも便利です。

ロングマン現代英英辞典【5訂版】 (\3,500)
2010082704.jpg
これは学習者向けの英英辞典です。学習者向け(learner's)というのはどういうことかと言うと、英語を母語としない人向けの辞書ということです。この辞書の場合、単語の説明に使われる語句が日本の高校レベルの単語2,000語のみで構成されているので非常に分かりやすいです。英英辞書なんて分かりにくいと思う人も、おそらくこの辞書ならば案外楽に単語の意味を理解できると思います。文中の単語をタップすればその単語の説明へジャンプできるので、説明文の単語の意味が分からなくてもさらにその説明を簡単に見られるので安心です。英米両方の発音音声が収録されているのも◎。

アメリカンヘリテージ デラックス (\4,000)※英英のみバージョンは\3,500
2010082705.jpg
これは英英辞典に類語辞典がセットになったもので、英英辞典のみの通常版もあります。こちらはロングマンと違って学習者向けでない普通の英英辞書なので収録語数は多いのですが説明文が多少難しいです。自分の場合は他の辞書で見つからなかった単語を調べたいときや、ロングマンでは説明が簡単すぎた単語を調べ直すときなどに使用しています。これを書いている現在デラックス版は500円引き、通常版は600円引きのセール中です。いつ終わるかは分からないので気になる方はお早めに。英英辞書としてはもうひとつOxford Deluxeがあってそちらと迷ったのですが6,000円もしたのでこっちにしちゃいました…。
スポンサーサイト

| Computer / Internet | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2010082301.jpg 2010082302.jpg

| 買い物 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2010081801.jpg

| 買い物 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【翻訳】Ken Levineからのメッセージ

2010081601.jpg

秘密を隠し続けるのは難しいことです。

この三年間私はあるひとつの質問にとらわれ続けていました。「いったい今は何のゲームを作っているんだい?」

X-COMだろうと推測していた人たちがいたようですが、それは今になってようやく違うと言えます。Freedom ForceでもなければSWATでもないし、X-Wing vs. Tie FighterやKingdom Hearts、はたまたYar’s Revengeでもありません。Irrational Gamesが何を作っていないかということについてあれこれ議論するときがついに終わりを告げます。

本日我々はBioShock Infiniteを発表いたします。

そう、BioShockです。

これは続編です。

しかし同時に続編ではありません。

どういうことか説明しましょう。

Irrational Gamesにおける我々の信条は、期待に応えるためには期待を裏切るべきだということです。

私たちがBioShockの一作目を完成させたとき、Raptureで語りたいことはすべて語り尽くしたと感じました。しかしBioShockでやりたかったことはもっとあるのです。BioShockという作品はある場所、ある時におけるひとつのストーリーではありません。我々が語りたいことはまだまだたくさん溢れていました。

BioShockというゲームを定義する二つのコアとなる原則があります。一つは、現実離れしながらも人類の技術に基づく世界を作り上げること。二つ目は、数多くの手段と彼ら自身の力で困難を解決できる力を与えられた世界にプレイヤーを解き放つことです。

今までのやり方を繰り返すのは簡単かもしれません。楽な道を辿る事ことができるかもしれません。単に同じことをたくさんやれるかもしれません。しかしそれはディベロッパーとしての我々の真の姿ではありません。BioShockの製作はハードなものでした。すべてのステップが自分たちへの挑戦であり、いまひとつだった多くの要素やアイディアを切り捨てました。

だから我々は続編を作るにあたって自分たちに言い聞かせたのです。「これらの核となる原則をより発展させて行こう。そしてさらにそれを超えるものにしよう。破ってはいけない慣習などないんだ。BioShockについてみんなが知っていること、知っていると考えていることについては何もかも話し合いの場は開かれている」

今度の世界は全く新しいものになりました。Columbiaは海の底の知られざる秘密の都市ではありません。田舎の農業国から世界へ手を伸ばす力を手に入れ変化して行くアメリカが作り上げたものです。

今度の主人公は自身のアイデンティティが不確かな謎の人物ではなく、はっきりとした人物です。あなたはBooker Dewittとなり、彼はある歴史上の人物であり、ゲーム中で彼自身の独白あるいは他の人物と話す声を聞くことになります。

あなたはとある目的を持ってColumbiaを訪れます。それはElizabethという名前のミステリアスな若い女性を探し、都市から無事脱出させることです。彼女はあなたと共に行動し、あなたと交流し、あなたが引き起こしたシチュエーションに反応します。そして彼女との関係を通じて我々はこの全く新しい驚くべき世界の物語を語ることができるのです。

このColumbiaという世界では皆さんが今まで知っていた世界とは根本的に違うスケールが示されています。のしかかる海の重みで閉所恐怖症になりつつ海底の回廊を練り歩くことはもはやありません。その代わり、時速80マイルで地平線の上を進み2,000ヤードもの範囲で銃撃戦を繰り広げる、広大な世界を飛び回ることになるでしょう。

さらに、ここですべて語りきれないほどにBioShock Infiniteの新しくこれまでと全く違うところというものはまだたくさんあります。本日、私たちが世界に向けて紹介するものは、とてつもなく大きな氷山の一角に過ぎません。今後はBioShock Infiniteについて、そしてなぜ私たちがこれ程までワクワクしているかについて、より明らかにして行こうと思っています。

とにかく今は、ほんとうに長い間沈黙を守ってきた我々を忍耐強く待っていてくださった皆さんに感謝いたします。沈黙の時は終わりました。このサイトのファンのためにまずやるべきことは、BioShock Infiniteの発表とそこに至るまでの仕事についてShawn Elliottと一緒に新しいIrrational Behavior(Podcast)のエピソードを作ることでしょうか。きっと気に入っていただけると思います。

そして近い将来、実際のプレイ動画も公開する予定です。何度も見返したくなるものになるでしょう。私が保証します。

--------------------

翻訳元
A Message from Ken Levine (irrationalgames.com)
http://irrationalgames.com/insider/announcement-from-ken-levine/

| Game | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2010080701.jpg 2010080702.jpg

限定版をまだ売っているところがあったことに驚いた。

| 買い物 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。