PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛用の一品

買ったのは2年とちょっと前。ようやくWindowsユーザーにiPod+iTunesが一般化してきたばかりの頃でした。最近は本当にもうPCさえ持っていない人が何も知らずにMDプレーヤー感覚で買ってしまうくらい知名度を上げてポータブルオーディオ界のトップを走るiPodですが、現在のクリックホイールにボタンがすべて融合したデザインは第4世代のiPod以降で採用されています。第1、第2世代ではタッチホイールの周囲に4つのボタンが並べられた形になっており、今のiPodはある意味昔の形に戻ったと言っていいかもしれません。

そんな中ひときわ異彩を放つのが第3世代のiPodで、これはぼくも愛用しているのですが、4つのボタンをクリックホイールの上部に4つ並べたデザインになっています。持ち主の偏見から言わせてもらえばこの第3世代のデザインが最もかっこいいデザインに思えるわけで、第3世代の何がすごいかってボタンが光るんですよ。赤く。暗闇で妖しく光るボタンと液晶が第3世代の特徴です。ボタンが光るのはこの機種だけです。今の最新機種、第5世代のiPodは欲しいんですけれど、再生時間がネックとなるのと第3世代に比べるとデザインが気に入らないというのもあり購入を見送っているのですが、もっとビデオの最長再生時間が長くなったら買ってもいいと思います。それほど見る機会もないでしょうけれど、iPodで動画が見られるというのは非常に魅力的ですし。

2006043005.jpg
いまだにバッテリーもまったくヘタレず現役です。

2006043004.jpg
ヒッチコックのステッカーを貼りました。あえて専用カバーなどは付けずに持ち歩いているので、ざらついたキズ跡がカッコイイ。

2006043006.jpg
これぞ第3世代の証。とてもセクシー。

| Computer / Internet | 20:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/135-525a335d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。