PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「運命じゃない人」

http://www.pia.co.jp/pff/unmei/
2006061201.jpg

「脚本美」です。うまいな、というかやられたという感じ。いつだったか映画館で予告編を見てこれは面白そうだと思っていたんですけれど、結局観に行けなかったのでDVDを借りてきました。これではっきり分かったんですが、ぼくはこういう形の作品に滅法弱いらしいです。ばらばらな話でありながらどこかで繋がっているいくつかのストーリーをオムニバス形式でまとめたもので、この作品の場合すべての出来事はたった一夜に起こったことです。そこで話を何度も前後させて、同じ時間を違った登場人物の視点から描き、「あのときあいつはあそこにいたのか!」という驚きが隙間なく詰め込まれています。こういった作り方というのはそれほど珍しいものでもなくて、有名なところで言えば例えば時間軸をいじることで非常に面白い構成になった映画に「パルプ・フィクション」がありますし、同じ場面を違った人物の視点で描くというのはゲームソフト「街」などで試みられた手法です。ありきたりと言っちゃありきたりなネタなんですけれど、この映画ではそれをどちらもうまく使っていて、小さく上手くまとまりすぎている感があるのでもうちょっと話を広げてもよかったんじゃないかとは思うんですけれど、最後までまったく飽きさせない素晴らしい脚本です。こういった作品が邦画にもどんどん出てきてくれると嬉しいですね。

| TV・映画・音楽 | 23:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/181-b9c8f011

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。