PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ここ一週間でiTunesライブラリに追加した音楽たち

[上段左から]
『あの頃ペニー・レインと (Almost Famous)』サントラ
『オーシャンズ12』サントラ
『オーシャンズ11』サントラ
『Sound Asleep EP / Whisper EP』 / Evanescence
[下段左から]
『Origin』 / Evanescence
『The Garden』 / Zero 7
『We Are The Pipettes』 / The Pipettes
『RENT』サントラ(映画版)
2006082702.jpg

映画サントラが4枚。『オーシャンズ11』は言われるほど駄作じゃないと思うしむしろ大好きな部類に入る映画で、あまりにも豪華なキャストを集めておきながらさらりと終わらせてしまうスマートさが好きです。悪く言えば内容が薄いんでしょうね。音楽もまたいい意味で薄い感じで、BGMとしてとりあえずかけておくのに最高。なごみます。『あの頃ペニー・レインと』はさすがCDだけでも聴き応えが十分。映像をすべて捨ててサントラだけでも楽しめるかという点は、ぼくにとって良作かどうかの大きな基準になります。スタンリー・キューブリックやティム・バートン、クエンティン・タランティーノ、そしてもちろんキャメロン・クロウなどは、非常に優れた選曲センスとオリジナル曲であればいい作曲家に恵まれた監督だと思います。最近ではこのブログのトップ絵にも(無断で)使っていますけれどザック・ブラフ監督(主演)の『Garden State』がサントラも含めてかなりぼくの好みにヒットしました。

http://www.zero7.co.uk/ 「Zero 7」official site

その『Garden State』でサントラに使われて以来お気に入りのユニットが「Zero 7」で、ダウンテンポですごくメロディアスなボーカルが不思議な心地よさ。『The Garden』は彼らの3rdアルバム。音楽性もそうですけれど、プロデューサーユニットというところがけっこうお気に入りポイント。

http://www.thepipettes.co.uk/ 「The Pipettes」official site

「Zero 7」もそうですが最近英国のアーティストがすごく面白い。で、偶然見つけた「The Pipettes」なんですけれどイングランドのガールポップユニットです。ブルネット、ブロンド、メガネという3人ばらばらのキャラクターに、お揃いの水玉のワンピース、曲ごとに決まった振り付けということで、どう見ても企画先行で作られたユニットです。見た目どおり音楽性としてはキャッチーなポップサウンドで、聞くところによると60'sな感じらしいですけれど60'sポップスとか言われてもぼくはさっぱり分かりません。ちょっと古風なガールポップだなというのは確かに思いっきり感じます。こんなグループを今出したところで長続きするとは思えない1発屋の雰囲気がプンプンするんですけれど、この1stアルバムのハジケっぷりはなかなか面白いので今後このままの路線でいくのかどうか生暖かい目で見守っていきましょう。日本でのCD発売は…どうでしょうね。よくこんなグループを見つけたものだと我ながら感心します。メガネの引力でしょうか。

Evanescence」の2枚はメジャーデビュー前のデモ盤で普通には手に入りません。つまりどこかから何とかして曲ファイルを手に入れるしかないのですが、海外のファンサイトやアップローダーあたりを根気よく回れば見つかります。曲作りに初期から大きく関わっているギタリストのベン・ムーディーが現在バンドを抜けていることなども、過去のデモ盤を発売できない理由のひとつなのかもしれません。エヴァネッセンスとしては、欲しかったら海賊版を買ったりしないでむしろどこかのファンサイト等からダウンロードしてねと言っているのでお言葉に甘えて某所でmp3をDL。インターネットって素晴らしい。

| TV・映画・音楽 | 02:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/257-8059f712

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。