PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『The Last Kiss』のサントラがすごい

『The Last Kiss』Original Motion Picture Soundtrack
2006101101.jpg

最近音楽の話題が続きますが、今度は映画のサントラの話。日本ではいつ公開になるのか分かりませんけれどザック・ブラフ主演の『The Last Kiss』のサントラが素晴らしい出来なので紹介。ザック・ブラフというとナタリー・ポートマンと共演した『Garden State (邦題:終わりで始まりの4日間)』で監督・脚本・主演・選曲をつとめ、そのサントラは「Best Compilation Soundtrack Album」部門において2005年グラミー賞を受賞しています。The Postal Service、The Shins、Zero 7など今のぼくのミュージックライフの中心にある人たちを知ったのもすべて彼、ザック・ブラフのおかげでもあります。

そして今年2006年、そんなザック・ブラフが再びやってくれました。『The Last Kiss』で彼は主役をつとめる他に製作面では音楽のほうにも関わっていて、再びザック選曲のサントラが聴けることになりました。ザックのお気に入りなのか前回に引き続きColdplayがセレクトされており、Snow Patrol、Fiona Apple、Rachael Yamagata他魅力的なミュージシャンが揃っています。個人的にザック・ブラフは21世紀版キャメロン・クロウ的音楽系フィルムメイカーだと思うので、今後も俳優としてだけでなく製作の側でもいっそう活躍してほしい人物のひとりです。

| TV・映画・音楽 | 19:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/301-92b5fa4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。