PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『太陽』

http://taiyo-movie.com/ (公式サイト)
『太陽』佐野史郎単独インタビュー

こう言っていいのかどうか分かりませんが、面白いです。かなり。この映画でまさか笑うことになるとは思っていなかったんですけれども笑えるシーンが多くて困ります。カニやナマズについて楽しそうに語る生物学者としてのマニアックさは同業者として非常に親近感を覚えますし、マッカーサーとのどこかズレているような不思議会話の数々など、こう言っちゃ失礼ですけど昭和天皇のキャラクターに魅力がありすぎです。彼を演じたイッセー尾形を始めとして、侍従役である佐野史郎、つじしんめいらの好演のおかげもあって、それなんてコント?っていう絶妙の会話が楽しめます。日本でつくったらこんな映画には絶対にならなかった(というか天皇が主役の映画なんて撮れないでしょうけど)と思うので、ロシア人監督という外国人のフィルターを通してつくられたというのはある意味正解だったかもしれません。そしてまともな日本語じゃなかった脚本を全て書き直した佐野史郎さんグッジョブ。ただ、やはりロシア映画らしいひたすら暗く長ったらしくて冗長なカットが多いのでその点では見る人を選ぶかもしれません。と言ってもロシア映画はあと『惑星ソラリス』しか観たことがないのでこの2本でロシア映画を語るのは勘違い甚だしいですけれど。

| TV・映画・音楽 | 22:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/317-a1964c46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。