PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この頃、キャメロン・クロウと

2006111601.jpg

行ったことのない見知らぬどこか遠い場所でさえ
いつかとても身近なものとなるはずだ
本能が君をまさにすぐそこまで連れて行ってくれる
たどり着いたらその風景を心に焼き付けろ
君自身がそれまでの道となる

"The Road"
ジェフ・ビービー、ラッセル・ハモンド


ジェフ・ビービーとラッセル・ハモンド、この2人の名前を聞いて彼らのバンド名「スティルウォーター」がすぐに思い浮かんだ人は、かなりの映画マニアでしょう。キャメロン・クロウ監督による映画『あの頃ペニー・レインと』(2000)の撮影のために結成され撮影終了と同時に解散した、実在する架空のバンドです(ややこしい…)。このスティルウォーターの“The Road”という曲からの引用が同じクロウ監督の作品『エリザベスタウン』(2005)で使用されています。この写真はクレアがドリューに渡したお手製地図の表紙で、そこにこの引用が貼り付けられています。もしかしたら『エリザベスタウン』の世界で監督と同じくらいの年になったウィリアムも、ペニー・レインも、どこかに生きているかもしれないと思うと、ちょっと面白いですね。

対訳に関して、“Take a picture”は“写真を撮れ”でもよかったんですけれど、何だかそれではカッコがつかないのであえてこんな訳にしてみました。

| TV・映画・音楽 | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/355-6acb795e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。