PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

喫煙にご協力ありがとうございます

サンキュー・スモーキング (原題“Thank You For Smoking”)
2006112101.jpg

情報操作の王、タバコ研究アカデミーの広報部長ニックがタバコ業界の将来を背負って喫煙反対の風潮がはびこる世の中に得意の口先だけで戦いを挑む、とだけ聞くと禁煙社会を皮肉った風刺映画かと思ってしまいますが、そもそも根本にあるのは「情報の正しい理解と選択」というテーマです。タバコ自体はそれを語るための小道具に過ぎません。その証拠に劇中で登場人物がタバコを吸うシーンがまったくないどころかタバコ自体がほとんど出てきません。たぶん観終わってもそのことに気づかなかった人は結構多いと思いますが、それはまさに製作者の思うつぼ。これだけタバコの話をしていながら実は最後までまったくタバコ自体が出てこないことに気づかない、世の中なんてそんなものです。他人の言うことを全てそのまま鵜呑みにせず正確に物事を判断し、そしていかに子供たちに自分で物事を判断し生きていく力を教えていくことが大切か、それがこの映画で語られていることです。ひろゆき氏の名言「嘘を嘘と見抜けない人には云々…」というアレではないですけれど、とにかく真偽を問わずあらゆる情報があふれかえっている現代において正しい情報を見抜く力の大切さというものを、タバコ業界vs禁煙社会を舞台に軽いコメディタッチで描いた小粒な良作という感じですね。非常に面白かったです。

| TV・映画・音楽 | 02:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/359-3dc8de9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。