PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ハードキャンディー』

http://www.hardcandy.jp/
2006120601.jpg

ゼルダの発売をひかえてそれどころじゃなかったのですっかり書き忘れていたんですけれども、先週『ハードキャンディー』を観てきました。ホラーですこれ。殺す(自殺させる)気100%の14歳の少女ヘイリーと、どう考えても逃げようのない男ジェフの絶望的な戦いです。何が恐いって慈悲のかけらもない脅迫者だってところなんですよ、ヘイリーが。最後まで決して弱みを見せずに徹底的に男を追い詰めていくという恐怖感がすごいです。デヴィッド・スレイド監督はミュージックビデオなどをメインに活躍していてこれが長編デビュー作ということで、確かにこの最後まで寄り道せずに一気に突き進むストーリー展開はそんな監督の経歴あってこそのものなのではないかと思いました。

一番面白いと思ったのが、ヘイリーがジェフの意識を朦朧とさせて監禁しようとするときに薬入りのスクリュードライバーを使っていたことです。スクリュードライバーはいわゆる「レディー・キラー」と呼ばれるカクテルの代名詞で、ウォッカをオレンジジュースで割ったカクテルなんですけれどもこれが非常に飲みやすくてアルコールの強さが分かりにくいんですよ。だからレディー・キラーと呼ばれるわけですが、この映画ではこのカクテルで逆に男のほうが殺されるという皮肉な結果になるのです。比喩ではなく本当に殺されるというのがさらに恐ろしいところですけれど。レディー・キラー・カクテルとしては有名なところだとスクリュードライバーの他にはアレクサンダーとかロングアイランドアイスティーなんかがありまして、お酒に詳しくないみなさんは気をつけましょう。これらを飲ませてきた人間はあなたを殺そうとしているかもしれません。

| TV・映画・音楽 | 14:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/381-9b5ef638

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。