PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『リトル・ミス・サンシャイン』 - 本当の勝ち組とは

http://movies.foxjapan.com/lms/
2007020801.jpg

もう最後まで笑いっぱなし。ぼくが観たときはあちこちの席で笑いが漏れていました。第79回アカデミー賞に作品賞・脚本賞でノミネートされているということでちょっとした感動作かと思いきや、ブラックな笑いと皮肉たっぷりの良作です。“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに出場することが決まったオリーヴとその家族がカリフォルニアに向かって旅をするというロードムービーで、「勝ち組と負け組」にこだわる父親とパイロットになるという目標のために一言も喋らない無言の誓いを続けている変わり者の兄と自称アメリカで1番のプルースト研究者である自殺未遂をやらかしたゲイの叔父とヘロイン中毒の祖父と変人だらけの家族の中で唯一まともな(?)母という滅茶苦茶な家族の珍道中です。これが単なる負け組家族のサクセスストリーではないというのが最大の見所で、よくある映画だったらミスコンで優勝して家族の絆が深まってみたいな話になるところを観ている側の期待を思いっきり裏切りつつ、ミスコンなどというくだらない評価を文字通りぶち壊し本当の勝ち組とは何かということを教えてくれます。最後のミスコンでのダンスシーンは圧巻、というか失笑。おじいちゃんに教わったダンスを一生懸命披露するオリーヴですが、ここでまともなダンスが出てくるわけがないのがこの映画。孫に何てことを教えてるんですかじいちゃんは。単なる薬中の駄目親父かと思いきやオリーヴの支えとなりその一言一言が心に残り、死んでなおその存在感をまざまざと見せ付けるおじいちゃんがこの映画の真の主役と言えるでしょう。最後には誰の助けもなしでバスに飛び乗れるようになったオリーヴにおじいちゃんの魂が宿ったとしか思えません。観る人すべてに勇気と笑いを与えてくれるであろういい映画です。そろそろ公開が終わる地方も多いですが、まだやっているならば観て損はありません。価値観が変わること間違いなし。

| TV・映画・音楽 | 00:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/451-595c75f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。