PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイ・ベスト・GBCソフト

リンク返し!
http://rupanyoshi.exblog.jp/4946885

カードヒーローはね、買うつもりだったんですよ。結局ずるずると買わずに今まできてしまったのでやっとこれで買う覚悟ができました。今度見つけたら確保しときます。

2007031301.jpgしかしそうくるんだったらこっちはこの切り札を出すしかありませんねrupan君。マイ・ベスト・GBCソフト『DT Lords of Genomes』。ゲームボーイカラーのカードゲームとしてはカードヒーローと並ぶマニアゲー、コレです。カードヒーローを買うような人は既にこれもチェック済みでしょうけれども。

何がすごいかってこのゲームはカードゲームの形をとったSF小説であり、カード一枚一枚に書かれた膨大なテキストがあり、そして全てがハイパーテキストでキーワードがリンクしているという素晴らしい作品で、単にカードの説明が書いてあるわけじゃなくてそこに膨大なシナリオの背景が書き込まれているのです。カード自体はこのDTの世界には関係がなく、ゲームを進める手段として、シナリオを語る手段としてカードというインターフェイスを使用しているに過ぎないのです。

遊び方としてはちょっと変わったルールのカードゲームで、ドット絵も微秒にしょぼいしちょっとあれですが、画面上でカードと数字が動く裏ではとことんグロい戦いが行われているわけです。DTと呼ばれるナノマシンを操るDTマスターたちが、言ってみれば錬金術のよりリアルな感じで、お昼に食べたまだ消化していない牛丼を手の先まで移動させてきてそこから鳩を合成するみたいな想像するだけでグロ楽しい戦いが繰り広げられる素晴らしいゲームです。こちらもレアになりつつありますが安く手に入りますので、ぜひ見かけたらやってみてください。

知る人ぞ知る名機64DD版の企画がコケた(というか64DDがコケた…)ため、GBC版だけでは出せないカードがいくつかあるのでそのうちぜひ復活していただきたい。

このゲームを作った張本人もしょっちゅう遊びに来る2ちゃんねる某スレより。

337の発言はぼくですが、ま、まだですか遠藤さん。

| Game | 03:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/491-b53c06e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。