PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シャイアの今後に期待

■インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
2008070701.jpg

インディ・ジョーンズの映画は実はこれが観るのは初めてなんですが、すごく面白いじゃないですか。つっこみどころ満載で。ヘビありサソリあり軍隊アリありカーチェイスあり、もうこれぞ冒険物の王道って感じで単純に楽しめました。古代の遺跡と宇宙人はロマンの塊ですよ。ロシアなまりでしゃべるケイト・ブランシェットもすごくカッコよかったです。

今回一番注目してい観ていたのがジョーンズ先生の息子役のシャイア・ラブーフの扱いなのですが、次期主人公としての顔見せなのかなあというのが感じられました。名前も親父さんと同じという設定ですし、ハリソン・フォードが引退するときにそのままのタイトルで続けるための布石なのかなと思いました。インディ・ジョーンズといえばいつでも手放さない帽子がトレードマークですが、息子のほうはいつでもクシを取り出して髪をとかすという癖があって、そのあたりの特徴付けもそれっぽいですしね。

ただ、シャイアはこの映画で主役をはるにはちょっと頼りなさ過ぎるというか、彼が『トランスフォーマー』で主役がやれたのはあくまでもロボットたちが主役で人間は出しゃばりすぎないようにというスピルバーグの考えがあったからでもあるわけで、どちらかというとヘタレ主人公役が一番似合う若手俳優だと思うんですよ。今回の映画でもやっぱりまだまだハリソン・フォードの存在感に圧倒されてしまって、活躍はしてましたけれどもあんまり存在感はなかったかなあと感じます。ラストシーンでも「まだまだ主役は譲らんよ」とでも言いたげなあの帽子の演出がありましたし、なんだったらしばらくこのままインディ親子のコンビでシリーズを続けて行ったら面白いんじゃないでしょうかね。シャイアもそのうち頼りがいのある冒険野郎になれるかもしれません。

| TV・映画・音楽 | 08:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/779-f1ab6bc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。