PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『プリンス・オブ・ペルシャ "Prince of Persia"』

■Xbox360/PS3/PC『プリンス・オブ・ペルシャ』
2008122301.jpg

ホントにまずこれだけは言わせて欲しいんですけども、日本語吹き替えがひどすぎます。女優じゃなくて声優を使えとかそういうことを言いたいんじゃなくて、下手なやつを使うなってことですよ。上手ければ誰だって構わないんですから。発売直後から2chのスレではもう完全に成海璃子の吹き替えの話題しか出なくてゲーム内容に関してまったく触れられないという異常事態になっていましたが、日本語版をプレイしてみれば分かりますけれども確かにお世辞にも上手いとは言えない演技で、はっきり言って「棒」。プリンスとエリカの掛け合いが面白いゲームなのに残念です。けっきょく英語音声に切り替えて最初から最後まで遊んでしまいました。英語音声にするとゲーム内の言語もすべて英語になるのですが、英語字幕も出ますし、あんまりしゃべれませんが聞き取りにはけっこう自信があるので幸いでした。

というわけで声の話はそれくらいにして本題に入ります。ひとつの目玉としてはアクション。『アサシンクリード』を手掛けたUBIモントリオールの作品ということで期待していたのはフリーランニングですが、それに関しては期待以上の面白さでした。シビアな操作やタイミングは一切求められず、適当にぽんぽんジャンプしてるだけで勝手に地形を判断して進んでくれるので、あまりに簡単すぎると言えば簡単すぎますけれども、むしろぼくはアサシンクリード的なこういうものを求めていたので非常に楽しめました。難しい操作が要求されないことに加えて、最後まで単調な作業の繰り返しで人によってはすぐに飽きてしまうというのも『アサシンクリード』とまったく一緒でした。攻略に関して本当に最後まで何一つ新しい要素が増えずに、チュートリアルの時点でほぼすべてのアクション要素を出し切ってしまっているんですよね。あとはそれを使って同じようなステージをひたすら進んでいくだけです。こう書くと面白くなさそうに思われるかもしれませんが、その通り。飽きる人はすぐ飽きます。ただ、この作業が楽しめる人はとことんハマれます。ハードなアクションゲームを期待している人にはまったく向かないので、キャラクターを動かしているだけでどれだけ楽しめるかというのがこのゲームをクソゲーと判断するか否かの分かれ目のような気がします。ぼくは好きです。

このゲームのもうひとつの面白さは本作のヒロイン・エリカにあって、「このゲームはラブストーリーである。しかし、プリンスとエリカのではなく、プレイヤーとエリカのラブストーリーである」と紹介されている通り、エリカがいいんですよとにかく(ただし日本語吹き替え版は除く)。宙に浮けるわどんな地形もよじ上れるわ魔法が使えるわでかなり役に立つ存在なのですが、スタッフもかなりこだわって作っただろう細かいアクションが心の琴線に触れます。ツタに掴まるときのおんぶとか、高いところから降りるのを受け止めるだっことか、細い足場ですれ違うときの手を繋いでクルっと回るやつとか、いちいち可愛い。とにかく可愛い(ただし日本語吹き替え版は除く)。

まとめると、最後まで単調な作業をカッコいいアクションでどれだけ楽しんでこなせるか、エリカがどれだけ可愛いか、それがすべてです。ちなみにXbox360版では「12時間以内にゲームをクリアする」という実績があるのですが、収集要素もそこそこ集めながら普通にやっていたら余裕で12時間以内に終わりました。クリアするだけならボリュームも大したことはないので、そこの部分でもあまり大作を期待しすぎると期待外れになるかもしれません。あくまでも手軽に遊べるアクションゲーということで、本腰を入れてじっくり遊ぶようなプレイスタイルには合わないゲームかもしれませんね。

| Game | 20:37 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/881-1cae30da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。