PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2009021901.jpg 2009021902.jpg 2009021903.jpg
2009021904.jpg 2009021905.jpg 2009021906.jpg 2009021907.jpg

この『ism/i』っていう漫画なんですけれども、作風が完全に熊倉裕一のコピーということで物議をかもしていた作品なわけですが、結局買ってしまいました。熊倉分の不足があまりに深刻だったのでパクリでも何でもこの際構わんと言う気持ちで読んでみました。作者本人もあちこちで言っているように、この作品は熊倉裕一の漫画の影響を色濃く受けた作品で、熊倉作品のトレードマークでもあるぐるぐるネコを作中に登場させたり、この単行本の中や雑誌のインタビュー等でとにかく熊倉先生熊倉先生と何度も名前を出すくらいある意味すがすがしいほど作風のコピーを公言しているんですよ。で、問題はこの漫画に熊倉裕一本人が関わっているのかということなんですが、それに関しては一切不明で、熊倉裕一監修とか原作とかそういうことなのかどうかも分からないんですね。おそらくそういう話が表にまったくでないということは別に熊倉裕一は直接関わっていない作品なんだろうとは思いますが、そうだとするとここまで熊倉裕一の名前をこの作品で出されるとファンとしては非常に複雑な気持ちになるわけです。この漫画の作者が熊倉裕一を大好きなのはどうでもいいですから、熊倉裕一が関わっているかのような話を臭わせつつ「熊倉ファンならこういうの読みたいんでしょ」っていう感じにしているのは非常に不快。まあ実際つられて買ってしまったんですが。

『ひぐらし』目明し編はやっぱりいいね。アニメ版は目明し編もかなり重要な設定が省略されていたらしいんですが、この漫画版はけっこうそのままなのかな?DS版しか遊んでないので分かりませんが、少なくともDS版とは変わらない感じでした。綿流し編の解答編ということで、あの惨劇の1年前から話が始まり、詩音の視点を中心に話が進んで行きます。ゲームのほうで初めてこの話を読んだときには作者が仕掛けた罠と言うか、詩音と魅音の入れ替わりがどこでどうなってるんだかよく分からなくて混乱したのですが、またあらためてこの話を読み直してみてより理解できたかなとは思います。「生まれてきてごめんなさい」というラストシーンがね、何とも切なく悲惨です。

| 買い物 | 01:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/894-8fc3ec41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。