PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最高のリメイク『Wiiで遊ぶ メトロイドプライム』

2009022105.jpg

これは間違いなくWiiというハードの特性を上手いこと使った最高傑作。ただの移植とかそういう話じゃなく完全新作と言ってもいいレベル。これで3,800円とかあり得ないくらい破格ですよ。Wiiではこういうゲームができるんだっていうことを誇っていい作品。プライム3の出来を超えたと思います。これはゲームキューブ版を一度遊んだことがあるのですが、操作面に難があり、かなり苦労しました。パッドでスティック操作のFPSっていうのはやっぱり限界があります。しかし、このWiiで操作法を一新したリメイクは快適の一言に尽きます。旧作ではできなかった視点と移動の独立した操作が可能になり、Wiiリモコンのポインタによる照準の精度も高く自由自在に操ることができるというそれだけでここまでゲームが変わるのかと驚きました。知名度もセールスも日本ではあまりふるわない『メトロイドプライム』シリーズですが、これはこの1本のためにハードごと買ってもいい作品、かなり本気でそう思います。

プライム3とは似たようで実はゲーム性が結構異なるので、実際に遊んでみて思った両方の特徴を挙げてみます。

『Wiiで遊ぶプライム1』
・無人の惑星に降り立つ圧倒的孤独感
・進路が分かりにくく、進める場所を探して隅々まで歩き尽くす必要がある
・マップ間をとにかく行ったり来たり。移動ゲー
・ビームの属性切り替えが可能なので敵に応じて切り替える面白さ
・中身はけっこう美人だけど北米版

『プライム3』
・仲間のハンターや銀河連邦との会話が多く、雇われハンター気分
・進む場所が細かく指示されるのでまず迷わない
・行ったり来たりはほとんどなく、ステージクリア型に近い感覚
・最初からほぼフル装備。ビームは強化できるが切り替えはない
・中身はゼロミッション寄りで意外と可愛らしくなった

3はWiiで最初のメトロイドということでかなり親切なつくりになっているので、1と比べてスイスイと先に進んで行けるようになっているのが大きな違いでした。しかしメトロイドといえばひたすら歩き回ってマップを埋めて行く探索感も重要ですよね。かなり進路が分かりにくいので大変ですが、プライム1は迷いに迷って行ける場所を見つけたときにわき上がってくるそれまでの苦労を吹っ飛ばすワクワク感と言うか、手探りで進んで行く面白さというのは3の比じゃないのでこれはこれでとても楽しいです。メトロイドシリーズがまったく初めてという人ならアクションの難易度も含めて3から入るのが一番いいとは思いますが、1の面白さもまた格別ですのでぜひどちらも遊んでいただきたい。

| Game | 15:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/896-f2391bbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。