PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なまえをいれてください

名前の話をします。最近子供の名前で訳が分からないものが多いって聞くじゃないですか。いわゆるDQNネームとかそのたぐいですね。実際そんなに変な名前が多いのかどうかはよく知りませんが、なんだよその名前って思う名前を聞く機会がけっこうあるような感じは個人的にしてるので実際多いのかもしれません。でも名前の種類なんてものは時代と共に流行やなんやで変わっていくものですから新時代っぽい名前に違和感を覚えるのはいつの時代でもあったんじゃないですかね。そのあたりは各親の好みで勝手にやってもらって全然気にしないんですが、ぼくがどうしてもそれはどうかと思いますがねと言いたくなるのが「外国に行っても通じるように外国人っぽい読みの名前にしてみた」というパターン。漢字は読み方だけ当て字で、言われればああそう読めるねっていうものから、意味のほうで当て字にして愛をラヴと読ませるみたいなもうどこか頭がお花畑なネーミングもあったりして、すごいね、としか言いようがありません。でもその海外でも通じるようにっていう考え自体がまったく意味のないことだと気付かないんでしょうか。名前だけ外国人っぽくて何が海外で得をするんですか。例えばタケシ・スミスというイギリス人がいたとして、日本で何か便利なところがありますか。お前なんで名前だけ日本人なんだよと笑いのネタにされるくらいじゃないですか。外国人の名前なんて他の国の人にとっては読みにくいものだって誰もが分かっていて、それはそれでまったく問題ないじゃないですか。イチローだって宮本茂だって思いっきり日本の名前ですが外国では分かりにくいから通じないとかそんなことないじゃないですか。外国人の名前は外国人の名前でそういうものだとそのまま理解するのが普通の人じゃないんですか。なんでこんな話をしようと思ったかといえば、「子供の名前は外国でも通じるようにアメリカ人っぽい名前がいい」とかそんなことをぬかしたやからがいたわけで、まず名前云々言う前にお前の言う世界はアメリカ止まりなのかというところに突っ込みたいわけですが、そこは大人しくスルーして、正直その考えがぼくにはまったく理解できなかったんですよね。海外でも通じるような名前とか言うんだったら、例えば女の子だったらむしろヨーコとかのほうがよっぽど通じるんじゃないですか。思いっきり日本の名前ですけどまず確実に欧米では普通に通じるでしょう。なんで例えにヨーコという名前を出したのかといえば個人的に女の子の名前で一番好きなのが「ヨーコ」だっていうだけなんですけれども、別にジョン・レノン信者じゃないですし、グレンラガンとかも全然観てませんよ。なんでヨーコかっていうと、まあそれはまたいずれ。たぶんどの国の人でも言いやすくて覚えやすい名前ですし、日本人らしい名前ですし、言葉の響きもすごく綺麗じゃないですか、ヨーコ。あとユキもいいよね。雪とか有希とか。すいませんそれは修羅雪姫(梶芽衣子版だよ!釈由美子版じゃないよ!)と長門の影響です。まあそれは置いといて、とにかく海外でも通じるように外国っぽい名前を付けるという行為の意味のなさをぼくは力説したいわけで、他の国にはなじみがない名前でも通じるもんは通じるんですよ。発音が他の国での放送禁止用語とかじゃない限り。そういう名前の付け方をする人ってたぶんむしろ日本国内でのことを考えてっていうのが大きいんじゃないですか。日本人なのに名前が外国人っぽくてカッコいいでしょ、みたいな。むしろ海外行ったら「何だよその名前」ですよ。

| note | 17:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/915-20b43e3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。