PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハード末期にこそふさわしい狂った快作「大玉」

ヨーロッパ版が届いた!! (斉藤由多加のBLOG)

実際のところ万人にウケるものすごく面白い傑作なんてものにはならないだろうなあと思いつつ、どうしても気になって仕方がないのがこの「大玉」です。任天堂本社ビルのマップ&社員が登場って…そんなものを入れたら余計欲しくなってくるじゃないですかこれは。

「大玉」というのは、実のところ「バカゲー」である(笑)。企画段階から全関係者にとってそれは明らかであった。大玉という作品の完成度は笑いの量で測ってきた。

だそうで、馬鹿馬鹿しいゲームを真面目に作るこの姿勢は確かに「シーマン」に通じるものがありますね。果たして単なるバカゲーとしてハードと共に消え去って行くのか、それとも一部の熱狂的ファンによって語り継がれる隠れた名作となるのか、楽しみです。

(via ホコタテブログ)

| Game | 00:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/92-76dfd0db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。