PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『トランスフォーマー: リベンジ』

巨大ロボットが戦うアニメを雰囲気そのままに大真面目に実写化したすばらしい作品です。

2009062001.png

公開初日行ってきました。もちろん吹き替え版。前作を週2くらいのペースで合計6回観に行ったぼくが言いますけど、前作にも増して面白くなってます。細かいところにつっこむのは野暮ってもの。観ていて最後まで楽しくてしょうがなかった2時間半でした。前作はオートボット達が登場するまでがけっこう長かったのですが、今作では最初から全員喋りまくりますので序盤のだるさは無くなっていると思います。新登場のオートボット達を中心に戦闘シーンも大幅に増え、スタースクリームは前作以上にメガトロン様に怒られ蹴られ小悪党っぷりが増し、コンボイは合体してジェットもついてさらにカッコよく強くなりました。前作では乗り物以外はサソリ型のスコルポノックだけでしたが今作ではジャガーやインセクトロンも登場し、建設機械が合体するデバステーター、前回は設定画だけあって没になっていたバイク型女性人格のアーシー、ターミネーターみたいな原寸大人間型のアリスなど、その他にも紹介しきれないくらいかなり多くの新キャラクターが登場しています。個人的にジャガーとアーシーはすごく好きだったので登場してくれて嬉しかったですね。それからマイケル・ベイ監督の自作品自虐ネタは相変わらず健在でした。どの映画かは見てのお楽しみ。

ちょっと残念だったのが新キャラクターが多すぎて前作出演オートボットの出番が少なかったことでしょうか。コンボイは終盤まで死んでるくせに最後のおいしいところはしっかり持っていく大活躍でしたが、アイアンハイドとラチェット先生が空気でした。人間側ではマギーとグレンは登場せず、国防長官も出番なし。そのあたりは出演者や制作側の都合もあったんでしょうけれども。そのかわりまさかのセクター7のシモンズ捜査官大活躍。

最初から最後まで取り上げてここがいいあそこがいいと言い出すとホントきりがないので、ここらでやめておきますが、とにかく楽しい映画ですよってことが伝わればそれでいいです。

| TV・映画・音楽 | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/955-577aaa25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。