PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『インフィニット アンディスカバリー "Infinite Undiscovery"』

旧作ですけれどもいまさらやりました。レビューはできればクリアしてから、あるいは半分以上遊んでからにしたかったのですが、途中でこれは最後までやれるか心配になってきたのであえてちょっと遊んだだけのレビュー書きます。なぜ途中で挫折したのかという、ゲームの導入部分から合わなかった人の感想だと思って読んでください。難易度ノーマルでだいたいプレイ時間は3~4時間程度、具体的にはお姉さんに抱きつかれて仲間が一気に増えた直後あたりまでやってます。某mk2風に3つの項目に分けました。以降口調が変わるのは気にするな。

2009071801.jpg

[GOOD]
・フィールドの移動からのシームレスな戦闘
・自由に動き回れるアクション要素の高い戦闘
・サクサク敵が倒せる
・サクサク敵から逃げられる
・たくさんの仲間でパーティの組み合わせを考えられる
・ミュージックコンポーザー桜庭統

[BAD]
・ボイス無しなのにセリフが字幕でムービーが勝手に進むので速くて読み逃しやすい
・メニュー画面もリアルタイムなのに項目の階層が多すぎてアクセスしにくい
・仲間が勝手に使用するアイテム・魔法の優先順位が付けられない
・たくさん技があるのに戦闘中に使うものは2つしか設定できない
・剣をしまうといちいち立ち止まる
・剣をしまわないとアイテムが拾えない
・オートマッピングされる範囲が狭すぎて隅から隅まで歩かないとマップが映らない
・透明な壁に阻まれて不自然に進めないところが目立つ
・街の中で仲間全員バラバラなところにいて必要なときに呼んでくるのが大変過ぎる
・その上、街で仲間を1人ずつしか連れて歩けない
・アイテム生成で失敗しても途中で強制キャンセルされずやけに時間がかかる
・視点を回すのに妙な慣性だか加速度だかが付いてシャキッと動かせない
・コンプリートに2周どころじゃない周回プレイ前提の作り
・それでいて強くてニューゲームは無し
・無理やりボリュームを増やしただけにしか思えない難易度4種類

[COMMENT]
ライトノベル作家をシナリオに起用したということからも分かる通り、ちょっとやった感じではありきたりなラノベ的演出過多のように感じられた。気にならない人は気にならないだろうが冷める人は冷める。リップシンクは別に合ってなくてもどうでもいい派だが、ツルンとして表情に乏しい2次元イラスト的キャラクターのモデリングはどうも馴染めない。吹き替えは名前も知ってて好きな声優もいたし特に下手とも思わなかったので気にならない。シナリオに関しては現状レビューのしようがないので割愛する。独特のシステムを色々意欲的に盛り込んだ1作だというのはしっかり感じられたが、残念ながら未完成品という印象が拭えない。戦闘回りのシステムや独自に動く多くの仲間などアイディアとしては面白いが実際プレイしていてストレスにしかならない、あるいは物足りないと感じる部分が多い。難易度的に決して難しいわけではないが、だからと言って遊びやすいわけでもない。

| Game | 08:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/963-551555a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。