PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意外といるコウモリの話

コウモリっているじゃないですか。いるんですよ。います。あれってけっこう不思議な生き物で、まず昼間は見かけない。哺乳類っぽいくせに飛ぶ。それから何か逆さまになってる。あと顔が恐い。西洋なんかでは吸血鬼的なアレでモンスターっぽい扱いを受けていたり、バットマンなんかがいてヒーローだったりします。そんなわけで多くの人はたぶん珍獣的な印象を持っている生き物なんじゃないでしょうか。でも彼らってけっこう普通に見かけるんですよね。夕方から朝方にかけてふと空を見上げるとパタパタと飛び回る黒い影を見つけることができます。それこそスズメかカラスかってくらい普通にたくさんいますよ。むしろスズメのほうがいねえよってくらい最近減ったんじゃないですか。コウモリって身の回りにいないようで意外と普通にいる生き物No.1のような気がします。ちょっと調べてみたらコウモリって哺乳類全体の種数の1/4を占めるらしいじゃないですか。すごいですね。全然珍獣じゃありませんね。けっこう身近にいるもんですね、っていうことを言いたかったんです。

そんなことを昨夜空を見上げて思ったわけですが、それがまたすごいシチュエーションで、近所に墓地があるんですよ。そこでコウモリを見てたんですけど、それもただの墓地じゃなくてカトリック墓地です。聖母像があったりして十字架が立ち並ぶ深夜の墓地を飛び回るコウモリっていうのをリアルに見られたのでちょっと感動しました。日本の墓地だと夜中に近くにいるとかなり恐いんですけど、カトリック墓地だと逆に見慣れない分恐さが薄れると言うか、むしろゴシック的な様式美を感じますよね。十字架とコウモリなんて。一応言っておくとぼくは別に好き好んで墓地にいたわけじゃなくて単に近くを偶然通りかかっただけなんですが。

| note | 13:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/967-c093640f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。