PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

360版よりは圧倒的に万人向け『アイドルマスターDS』

2009092301.jpg

アイマスの何がいいかって見た目とは裏腹にかなりシビアなゲームだっていうことで、Xbox360版に関してはベストエンディングを目指そうとするとかなりの綿密なスケジュール調整とタイミングよくボタンを押せる反射神経が必要になるゲームなんですね。そうやって苦労してトップアイドルまで登り詰めたときの達成感はもちろんのこと、そうじゃなくてもオーディションに初めて受かったときやノーミスで歌いきってくれたときの嬉しさっていうのが本当に楽しくて、クリアしたときについ涙ぐんでしまった数少ないゲームのひとつなんですが、DS版はそれに比べたらだいぶ遊びやすくなっています。レッスンやオーディションがかなり簡略化されてサクサクとエンディングまで進めることができます。クリアまでの期間制限もなくなったのであまり先のことまで考えながらやる必要がなく、アドベンチャーパートの合間にレッスンやオーディションなどがちょこっと入るという具合になっています。じゃあそれでアイマスの面白さが失われたかと言うと全然そんなことはなく、プレイヤー(プロデューサー)がひたすら苦労するのが360版であったのに対して、今回はプレイヤー自身が主人公目線で物語を進めるアイドルの成長物語というアドベンチャーゲームとして出来は非常に良かったと思います。

映像はさすがにHD機と比べるのは野暮ってものですが、リップシンクや髪揺れをはじめとしてしっかりモーションも作り込まれ、さらに音質はかなりいいものとなっています。はっきり言って画面の荒さは脳内フィルターを通ってしまうので全然気にならないです。シナリオモードの本編に加えてL4Uのようなステージエディットモードもあり、360版よりはるかに細かくカメラアングルや振り付けを設定できるので、そこだけを取り出しても十分楽しいものになっています。これと同じくらいのことがL4Uで出来たらもっと個人製作のPVの投稿とか盛り上がっただろうなと思うと、DSなので動画のキャプチャが難しいのが非常に惜しいです。曲数も10×3人分(+隠し1)の実質31曲入っているわけで、けっこう携帯機の割には頑張ってるなと思いました。

唯一残念で仕方がなかったのがサブキャラクターまではボイスが入っていないということで、今後HD機で続編が出るならフルボイスでメインキャラに格上げされてもいいくらいの脇役が揃ってしまってるんですよね。ROM容量の関係でフルボイスは無理だったのかもしれませんが、全キャラボイス入りだったらもっと楽しかったのにと思ったりはしました。

---------------------------------

[NDS] アイドルマスター ディアリースターズ
2009092303.jpg

| Game | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/976-2df4d5ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。