PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の買い物

2009122901.jpg 2009122902.jpg

やっぱり『ゼルダ』はゼルダなんだなっていう安心感がものすごくあります。“風タク系”ゼルダは何がいいかって音楽なんですね。民族音楽風の非常に聴いてて心地良いメロディーは健在です。シナリオはタクト→夢幻→汽笛と完全に繋がっているので、前作までを遊んでいるとちょっと面白さが増します。ただし、今回の冒険は前作の続きかと思いきや実は本作のリンクとゼルダは・・・何も知らずいつものリンクかと思ってゲームを始めたら驚いてしまいました。DSのタッチパネルを使った操作はとても快適で、人に話しかけたりものを持ち上げたり投げたりといった動作はかなりやりやすくなっています。同時に買ったどうぶつの森と比べると雲泥の差で、正直どうぶつの森のタッチペン操作はかなりイライラしますがゼルダのほうは圧倒的に楽です。マップへのメモの書き込みは前作で一番面白かった要素だったので今回もまた好きなように書き込めるのが嬉しいです。それから今作の気に入ったところが、ゼルダがめちゃくちゃ可愛いんですよ。今回はさらわれるヒロインどころか一緒に冒険するナビィ的ポジションになってしまい、会話やしぐさも完全にギャグ要員になった感のあるゼルダ姫ですが、プレイしててにやけてくるほどいちいち可愛らしい。どうしてこうなったと言わざるを得ないキャラ崩壊っぷりが見ていて面白いです。

それから今さら『どうぶつの森』。初代64版以来ですよ遊んだのは。最近のどうぶつの森はWi-Fiとかいろいろ要素が増えていますが、何一つ初代から変わっていないゲームの始まり方が懐かしくてたまりませんでした。たぬきちから家をもらい、アルバイトに花と木を植えさせられて届け物を運ばされ手紙を書かされ・・・最初のチュートリアル部分から昔と何一つ変わらない展開はやっていてあまりの懐かしさに感動してしまいました。ああ、64を知らない人もDSからやった人もWiiからやった人もこのゲームをやった人はみんなここから始まったんだなって思うと感慨深いものがあります。前述の通り、操作に関してはちょっと難があってタッチペンの反応が悪く細かい動きが面倒だったり思い通りに動かせないことが多いのに加え、ボタン操作だとタッチペン前提の部分を無理やり対応させている感があってボタン操作のみでも面倒くさい、ということで操作によってタッチペンとボタンを使い分けるというさらに面倒なことを強いられるのでちょっとそこが何とかならなかったのかなあと残念です。キャラクターの操作に関してはゼルダくらいに機敏に反応してくれればそれだけでも非常に楽なのですが。何にせよ、不満点は操作部分だけでいまのところ楽しい森のくらしを満喫しております。

| 買い物 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/994-31f915a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。