PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BIOSHOCK2(バイオショック2)日本語版発売に至る道まとめ

2010020201.jpg

・『Bioshock2』のティザームービー公開。続編決定にファン大歓喜
 ↓
・海外版の発売日2010年2月9日に決定。LPレコード付きの超豪華限定版も発表されファン失神
 ↓
・日本語版のローカライズからスパイクが撤退しD3パブリッシャーが販売元に。ファンの頭に不安がよぎる
 ↓
・ローカライズが1で好評だった吹き替えではなく字幕のみだと判明。D3大バッシング
 ↓
・日本語版の発売日が2010年3月4日に決定。意外と早かったのでファン安堵
 ↓
・サイバーフロントより日本語マニュアル付きPC版発売決定。さらに限定版もPC版のみ発売決定でファン殺到
 ↓
・CS版のマルチプレイサーバーがどうやら日本隔離らしいという情報が入る。再びD3大バッシング
 ↓
・D3に意見を送ろうにもメールフォームがシステム異常。D3大逃走
 ↓
・サイバーフロントが日本語マニュアル付きPC版の発売「中止」を決定 (←いまここ)


とりあえず現時点で問題なのは、まず吹き替えがないということ。前作が非常に出来の良い吹き替え版だったので期待されていたはずなのにこれではがっかり。2点目はマルチプレイのサーバーが日本隔離だということ。1の売り上げから考えても日本語版バイオショック2のプレイヤーは少なく、さらにXbox360とPS3の2機種で発売されるので少ないプレイヤーがさらに分断され、おそらく発売直後以外はほとんど人が集まらずゲームにならない状態になることは目に見えています。そして最後に日本語マニュアル付き英語版が発売中止になったこと。簡単に輸入版が買える今あまり需要はないのかもしれませんが、それでも日本国内で正規に流通してくれることでより手に入れやすくなるのは非常にいいことです。さらにPC版にはCS日本語版では発売されない限定版も発売を予定していたので、海外版のSpecial Editionが買えなかった人でも買えるチャンスがあったわけです。

売れないものはこうなっても仕方ないというのを言ってしまえばそれまでなのですが、ファンとしてはこれでは納得いきません。海外で数百万本売れるような大ヒットを飛ばしたゲームでも日本に来たら良くて数万本、下手したら数千数百しか売れないようなものがほとんどという現在の日本のゲーム事情のツケがとうとう回ってきたのかもしれません。

| Game | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amphibius.blog46.fc2.com/tb.php/999-c507d873

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。